メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。
ブログ説明
■このブログでは、『品達』や『新横浜ラーメン博物館』などの集合施設を中心とした「ラーメン店の紹介」と、デパ地下や駅ナカ施設などで購入した「お持ち帰り商品」を記事にしております。

ブログ記事作成に関し、テレビや雑誌、あるいはインターネット情報を参考にすることなく“独自情報”を元に記述することが多いので、その点はご了承くださるようにお願い致します。

ブログ閲覧に当たっては、左右のサイドバーに設置された「検索」「カテゴリー」「タグクラウド」「全記事表示」の機能などを活用して、必要とする記事をお読みください。
当ブログにおける最も有効な検索方法は、右サイドバー上部に設置した検索ボックスより「ブログ内検索」を行うことです

なお、閲覧に際し「Internet Explorer、Firefox、Opera」のいずれかのブラウザをお使いの方は、ブログ上のリンクにマウスポインタを重ねることで、「リンク先の確認」が可能です(不要な方は、ウィンドウ下部の「×ボタン」で閉じてください)。

画像はクリックすることで拡大表示されます。
但し、当ブログ内の画像を許可なく他サイトへ転用するなどの「二次使用は厳禁」とさせていただきます。

■コメント、トラックバックはご自由に(コメント・トラバ承認制。でも「スパム行為」はやめて下さいね)。

 新年は1月2日より通常営業を行っております、品川駅近くのフードテーマパーク品達』(公式サイト)内の人気店、『伝説のすた丼屋 品川店』。
『伝説のすた丼屋 品川店』店舗概観画像(2010年1月・1)
 正月太りも何するものぞと、新春一発目から「すた丼マシマシ」(肉飯増し)を食べて参りました。

すた丼肉飯増し620円250円

『伝説のすた丼屋 品川店』すた丼マシマシ・870円(2010年)
『伝説のすた丼屋 品川店』すた丼・肉飯増し(2010年・1)  『伝説のすた丼屋 品川店』すた丼・肉飯増し(2010年・2)
玉子・みそ汁付

 新年早々無謀かとも思われましたが、一度たりとも箸は止まることなく、途中からサラダにビールも注文するという“余裕っぷり”。
 ホエー豚の柔らかさとジューシーさを十分に堪能できた、一杯でございました。

『伝説のすた丼屋』掟(品川店・店内掲示)伝説のすた丼屋品川店(リンク先『30min.』店舗情報)
住所:東京都港区高輪3-26-21
営業時間:11:00~24:00
定休日:元日以外、(原則)無休
電話:03-5793-8060

【関連記事】
『すた丼』メニューと価格
『伝説のすた丼屋』品川店で提供中のメニューと値段を、画像を交えて紹介しております
『伝説のすた丼屋 品川店』ホエー豚のすた丼
2009年9月19日より、『スタ丼屋』各店で使用されるようになったホエー豚について
にほんブログ村 グルメブログへ
↑記事をお読みになられた方は、クリックお願いいたします
 東急池上線の大崎広小路駅から徒歩で2~3分、JR五反田駅からは4~5分ほどの場所で営業しております、『三田製麺所 五反田店』。
『三田製麺所 五反田店』店舗概観画像(2010年・1)

『三田製麺所 五反田店』店舗概観画像(2010年・2)三田製麺所 五反田店(リンク先『30min.』店舗情報)
住所:東京都品川区西五反田1-17-6
電話:03-3492-3818
営業時間:11:00~深夜2:00
定休日:年中無休

 一昨年の田町本店の開店を皮切りに、歌舞伎町・恵比寿・池袋・赤坂見附・神田・六本木という都内の繁華街を中心に店舗数を伸ばしている、この「つけ麺専門店」。

 今回のエントリでは、昨年の夏に開店した五反田店で食べました、「つけめん」とトッピングメニュー「三田盛り」を紹介いたします。
『三田製麺所 五反田店』つけめん・特大(800円)  『三田製麺所 五反田店』トッピングメニュー・三田盛り(300円)
[『三田製麺所 五反田店』つけ麺&三田盛り]の続きを読む
 1月2日より通常営業、『品達ラーメン麺達七人衆』に出店しております熊本ラーメン ひごもんず品達店
『熊本ラーメン ひごもんず』品達店、店舗概観画像(2010年1月・1)
 この店の人気メニューである「角煮ラーメン」を食べてまいりました。

角煮ラーメン850円

『熊本ラーメン ひごもんず』品達店、角煮ラーメン・850円

『熊本ラーメン ひごもんず』品達店、角煮ラーメン・中細麺  『熊本ラーメン ひごもんず』品達店、角煮ラーメン・豚の角煮
中太麺・マー油風味

 乳化した豚骨スープにニンニクを揚げて作ったマー油を浮かべ、キクラゲ・刻みネギ・海苔・モヤシ・キャベツの他に、毎日6時間以上かけて調理しているという「豚の角煮」をトッピングしたメニュー。
 その角煮は、箸でつかむと崩れてしまうほどに柔らかい一品でございましたよ。

熊本ラーメン ひごもんず品川店(リンク先『30min.』店舗情報)
『ひごもんず』看板住所:東京都港区高輪3-26-20
営業時間:11:00~23:00
定休日:元日を除き、(原則)無休
電話:03-3444-7140

【関連記事】
『ひごもんず』店舗案内
『ひごもんず』角煮ラーメン
『ひごもんず』メニューと価格
2008年12月時点での『ひごもんず』(品達店)で提供されている、レギュラーメニューとサイドメニューを、画像を交えて紹介しております

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
読まれた方は『ブログ村』バナーへのクリックを、よろしくお願いします。
 フードテーマパーク『品達』内の人気店の一つ、せたが屋品川店
『せたが屋』品川店、店舗概観画像(2010年1月・1)
 昨年12月の「のり玉つけ麺」のエントリでお知らせしましたように、つけめん用の麺を平打ち麺に戻してまいりました。

つけ麺並盛750円

『せたが屋』品川店、ひらつけ麺・750円(2010年1月)

『せたが屋』品川店、ひらつけ麺・平打ち麺(2010年1月)  『せたが屋』品川店、ひらつけ麺・つけダレと平打ち麺(2010年1月)

 以前の「ひらつけ麺」よりもかなり細い麺が用いられ、一般的な“中細麺”かと見間違うほど。
 トッピング類は以前と変わらず、刻みネギ・チャーシュー・メンマ・海苔といった具合。
 
 店頭、および券売機上でも「ひらつけ麺」という名称は用いず、「つけ麺」というメニュー名で販売されております。

『せたが屋』看板せたが屋品川店(リンク先『30min.』店舗情報)
住所:東京都港区高輪3-26-20
営業時間:11:00~23:00(日曜日は22:00まで)
定休日:元日を除き、(原則)無休
電話:03-3446-0831

【関連記事】
『せたが屋』ひらつけめん
 2008年に提供されていた「ひらつけ麺」の紹介記事
『せたが屋』せたが屋つけ麺“チェンジ”
 ⇒2009年2月にモデルチェンジされた「つけめん」の紹介記事
『せたが屋』メニューと価格
 2008年12月時点での、『せたが屋』(品達店)におけるレギュラーメニューと値段を、画像を交えて紹介
『せたが屋』品川店、ひらつけ麺(2010年)
 2010年に入り、つけめん用の麺に2度目のモデルチェンジを施しました
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
読まれた方は「ラーメン」バナーへのクリックを、よろしくお願いします。

 今年度最初の六厘舎』(リンク先:公式サイト)レポートは、品川区大崎の本店で食べました、麺量600グラムの「つけ麺特盛」です。

つけめん特盛1050円

『六厘舎 大崎本店』つけめん特盛・1050円(2010年・1)

『六厘舎 大崎本店』つけ麺、麺量・特盛600グラム(2010年・1)  『六厘舎 大崎本店』つけめん・つけダレ(2010年・1)

 極太麺に、濃厚魚介豚骨スープ
 トッピングは、刻みネギ・メンマ・チャーシューに、海苔の上に載せられた魚粉。
 『六厘舎』では、特盛以上の麺量を注文した方には「つけダレのお代わり」(追加)が可能となっております。
『六厘舎 大崎本店』つけ麺・特盛、つけダレのお代わり(2010年・1)   『六厘舎 大崎本店』つけ麺・特盛、スープ割り(2010年・1)
 なお、昨年の11月頃から、つけ麺の「スープ割り」に関しては卓上の柚子の粉末を、お好みでかけるシステムへと、変更になりました。

『六厘舎 大崎本店』営業時間と定休日(2010年撮影)六厘舎大崎本店(リンク先『30min.』店舗情報)
住所:東京都品川区大崎3-14-10(アクセス地図
営業時間:11:30~16:30(スープ切れ終了)
定休日:火曜日
電話:03-5434-0566

【関連記事】
『六厘舎』道案内
 大崎駅から『六厘舎』までの徒歩によるアクセス方法
『六厘舎』店舗案内
 初めてでも迷わない、“六厘舎ガイド
『六厘舎』おみやげつけめん
 2008年における「お土産つけ麺」のレポート
タグ:六厘舎
 『六厘舎TOKYO』を含めた、当ブログ内の六厘舎関連全記事が閲覧可能です

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
読まれた方は「ラーメン」バナーへのクリックを、よろしくお願いします。