メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2008/081234567891011121314151617181920212223242526272829302008/10

ブログ説明
■このブログでは、『品達』や『新横浜ラーメン博物館』などの集合施設を中心とした「ラーメン店の紹介」と、デパ地下や駅ナカ施設などで購入した「お持ち帰り商品」を記事にしております。

ブログ記事作成に関し、テレビや雑誌、あるいはインターネット情報を参考にすることなく“独自情報”を元に記述することが多いので、その点はご了承くださるようにお願い致します。

ブログ閲覧に当たっては、左右のサイドバーに設置された「検索」「カテゴリー」「タグクラウド」「全記事表示」の機能などを活用して、必要とする記事をお読みください。
当ブログにおける最も有効な検索方法は、右サイドバー上部に設置した検索ボックスより「ブログ内検索」を行うことです

なお、閲覧に際し「Internet Explorer、Firefox、Opera」のいずれかのブラウザをお使いの方は、ブログ上のリンクにマウスポインタを重ねることで、「リンク先の確認」が可能です(不要な方は、ウィンドウ下部の「×ボタン」で閉じてください)。

画像はクリックすることで拡大表示されます。
但し、当ブログ内の画像を許可なく他サイトへ転用するなどの「二次使用は厳禁」とさせていただきます。

■コメント、トラックバックはご自由に(コメント・トラバ承認制。でも「スパム行為」はやめて下さいね)。

 短期間ではありますが、四国は徳島県の山の方で生活をする機会がありました。
徳島県「高越山」奥ノ院への鎖場 徳島県「高越山高越寺」十八お山 徳島県「剣山」ホラ貝の滝
 日頃メタボな食生活を送っている、ワタクシ。
 さぞや「空腹」でのた打ち回っているかと思いきや、意外や意外、その食はかなり“細く”なります。
 高度の高い場所で、しかも、“道なき道”ばかり歩き回っておりますと、「食欲」に対して「睡眠欲が打ち克つ」ことの方が、多いようなのですw

 「山での食事」は、一つには行動食
 コチラの記事でも紹介しましたが、休憩の合間に、もしくは歩きながらでもカロリー補給できるのが、行動食の強み。
「行動食」(エナジージェル、プロテインバー)
 ズボンやザックのポケットに、常に忍ばせているのが上の画像にあるような商品。
 『カーボショッツ』や『パワージェル』は、一袋で「ご飯軽く一杯分のカロリー補給」(約120kcal)が可能。
 「ジップロック」しているのは、ザバスの『エナジーアップタブ』に、味の素の『アミノバイタル・タブレット』。それに、一本で約200kcalの摂取が可能な『プロテインダイエットバー』、など。

 これらを、歩きながら、もしくは休憩の合間に口に放り込んでいるのが、ワタクシの“スタイル”。

 下の画像は、『カーボショッツ』のコーラ味。
『カーボショッツ』コーラ味1  『カーボショッツ』コーラ味2
 おそらくは“エナジー・バー系統”では一番売れている製品だと思われますが、そのフレーバーは完全に「駄菓子屋のコーラ味」でございますよw

 そんな行動食の他に、“主食”としているのが「アルファ米」であります。
[アルファ米「山菜おこわ」]の続きを読む
 今からおよそ10年前。
 『新横浜ラーメン博物館』への出店により、“徳島ラーメン”を代表する店として全国的な知名度を得た、徳島市内にございます中華そば いのたに』(本店

 店への最寄り駅は、JR徳島駅
徳島『いのたに』への道1(JR徳島駅)   徳島『いのたに』への道2(JR徳島駅前)
 その改札口は、一つ。
 改札口から真直ぐに歩くと、左手に『ホテルサンルート 徳島』があり、右手には『SOGO』のある、駅前ロータリー。
 ロータリーからイヤでも見えるのが、眉山
徳島『いのたに』への道3(眉山へ) 徳島『いのたに』への道4(眉山への案内標識) 徳島『いのたに』への道5(眉山へ)
 徳島ラーメンの『いのたに』へ行く際の最大の“目印”(目標物)は、この眉山です。
 眉山までの距離は「700m弱」。
 眉山の麓にある、徳島の土産物なら何でも揃う『阿波おどり会館』の手前の交差点まで来たら、そこを「右折」。“目印”としては、添付画像の『au』の携帯電話販売店のある方角です。
徳島『いのたに』への道6(『阿波踊り会館』前)   徳島『いのたに』への道7(『阿波踊り会館』前を右折)
(ちなみに、この交差点を「左折」しますと、『ラーメン東大』大道本店まで徒歩8分程度です。)

 『阿波おどり会館』前の交差点を右折して5分ほど歩くと・・・、徳島ラーメンの有名店『中華そば いのたに』へと到着することが出来るでしょう。
徳島ラーメン『中華そば いのたに』店舗画像1  徳島ラーメン『中華そば いのたに』店舗画像2
 以上が、『いのたに』への道順(アクセス)。
 JR徳島駅からの所要時間は、おおよそ「15分」。
 タクシーを使うかどうかは・・・、微妙な距離ではあります。
[『中華そば いのたに』本店@徳島]の続きを読む
 9月になったのにも関わらず、東京は真夏のような暑い日々が続いておりますねぇ・・・・・・。
『千疋屋』店舗画像 “涼”を求めてデパ地下に潜入することの多いワタクシですがw チョッと気になっていたのが、『千疋屋』の店舗前に設置されたアイス・ボックス。
 「『千疋屋』でアイス」ということを想像もしていなかったものですから、てっきり「別の店の商品」なのかと思っていましたら、ちゃんと、『千疋屋』でもアイスクリームを取り扱っているようですね。

京橋千疋屋 自家製シャーベット
http://www.senbikiya.co.jp/2200.html

2200自家製シャーベット12個入り 京橋千疋屋 via kwout

新鮮な旬のフルーツの甘みを、逃すことなくシャーベットにしました。
口の中で溶け出すシャーベットは、果汁そのものに感じてしまうほど!

 「あるもの全部ちょうだい♪」と、デパ地下では絶対にありえないであろう“大人買い”を敢行してみますとw 『千疋屋』では「シャーベット」と「アイスクリーム」 を販売しているのだというコトが、分かりました。

 ドライアイスの詰め込まれた、保冷バッグでお持ち帰りする、この商品。
『千疋屋』自家製シャーベット(保冷バッグ)1   『千疋屋』自家製シャーベット(保冷バッグ)2
 「リラックマ」と一緒に食べてみましたよ。
[『千疋屋』自家製シャーベット&アイスクリーム]の続きを読む
 東京は大田区、京浜急行線の平和島駅から徒歩5分ほどの場所にある、麺香房 暖々
『麺香房 暖々』店舗画像(昼)

 コチラでお知らせしました「夏期休業」を終えた後も、休業することがあったようなのですが、そんな休みの後は何かしら「レベルアップ」が見られるのも、この店の特徴。
 ワタクシのような“歪んだ客”の場合、急な休みがあればあるほど「次への新たな期待」が高まってしまうモノw
 イヤ、そんなことよりも・・・、一人で脅威の営業時間を切り盛りする店主さんには是非とも身体を大事にしてもらいたいものです。

 本日は「油そば」の実食レポート。
 それに、有料トッピングの「温泉玉子」を注文してみました。
[『麺香房 暖々』油そば&温泉たまご]の続きを読む
 2008年9月1日~9月15日までの期間、京都にある9店舗のラーメン店による共同企画で、『2008京都和え麺サミット』が、行われているそうです。
「京都和え麺サミット」店頭配布チラシ

「京都和え麺サミット」店頭掲示 企画のコトなど全く知らずに足を運んだw 京都市は叡山本線・一乗寺駅近くにございます『ラーメン荘 夢を語れ』の店頭掲示によりますと、そのイベント自体は「8月15日」から既に始まっているそうで、9月に入った今の時期では“第二幕”が行われている模様。
 コチラのモバイル更新による「『ラーメン荘 夢を語れ』和え麺」の記事で指摘しましたように、この企画の詳細を知らせる『公式サイト』もなく、また、京都に住む知人に聞いても、特に、活字メディアを中心とした“事前の前煽り”もなかったそうなので、その意味からも詳しい事情の分からないイベント、ではありますネ。

 さて、今回はそのモバイル更新の記事の内容を大幅に補足する、『ラーメン荘 夢を語れ』で食べました「和え麺の実食レポート」をお送りいたしましょう。
 内容的には、“この手のラーメン”を知り尽くした「東京人向け」となるコトを、ご了承いただきたいと思います。
『ラーメン荘夢を語れ』店舗概観2   『ラーメン荘夢を語れ』店舗概観3
[『ラーメン荘 夢を語れ』和え麺(京都和え麺サミット)]の続きを読む