メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

ブログ説明
■このブログでは、『品達』や『新横浜ラーメン博物館』などの集合施設を中心とした「ラーメン店の紹介」と、デパ地下や駅ナカ施設などで購入した「お持ち帰り商品」を記事にしております。

ブログ記事作成に関し、テレビや雑誌、あるいはインターネット情報を参考にすることなく“独自情報”を元に記述することが多いので、その点はご了承くださるようにお願い致します。

ブログ閲覧に当たっては、左右のサイドバーに設置された「検索」「カテゴリー」「タグクラウド」「全記事表示」の機能などを活用して、必要とする記事をお読みください。
当ブログにおける最も有効な検索方法は、右サイドバー上部に設置した検索ボックスより「ブログ内検索」を行うことです

なお、閲覧に際し「Internet Explorer、Firefox、Opera」のいずれかのブラウザをお使いの方は、ブログ上のリンクにマウスポインタを重ねることで、「リンク先の確認」が可能です(不要な方は、ウィンドウ下部の「×ボタン」で閉じてください)。

画像はクリックすることで拡大表示されます。
但し、当ブログ内の画像を許可なく他サイトへ転用するなどの「二次使用は厳禁」とさせていただきます。

■コメント、トラックバックはご自由に(コメント・トラバ承認制。でも「スパム行為」はやめて下さいね)。

 簡潔に記しておきましょう。

 カテゴリ「その他」にアップするのは、『品達』にある店でなく、「つけめん」でもない。しかも、それは「ラーメン」でもなければ「二郎」でもない、文字通り「その他」であるわけでして・・・・・・。
[カテゴリ:その他]の続きを読む
 当ブログでは「リアルタイム」というカテゴリで「現場レポート」(?)をすることもあるんだが、昨夜は、画像も添付せずに「文字だけ投稿」してしまいましたよ。
 やはり、「酒の席での『実況』は止めよう・・・」と、改めて心に誓った次第w


 こういった記事に“需要”があるとは思えないんだがw メタボな記録の中の「一服の清涼剤」(?)として、「酒席でのつまみ」をご報告いたしますよ。
 『題名』は、かなり強引に、『健康』についてです。
[魚と健康]の続きを読む
 「お取り寄せ」も可能となった、行列店としてもお馴染みの『六厘舎』のつけ麺
 しかしながら『楽天市場』の通販では販売するや否や即日完売が目立ち、最近になって販売を開始したTBSのテレビショッピングによる『六厘舎TBS特別セット』でも人気商品となっているようで、なかなか入手するのは困難な模様。
 かと言って、東京の大崎にある店へ直接食べに行くにしても、「大行列店」ゆえに、場合によっては2時間ほど待たされるというようなことも・・・・・・。

 そんな方へ「朗報」(?)。
 『六厘舎』では、店での直接販売に限られますが、行列に並ばずに買えるおみやげつけめんも販売しております。
 「数に限りはある」ようですが、待たずに買え、しかも“あのつけ麺”が「家でも食べられる」とあっては、通販同様、コチラも人気商品となるのも頷けようというモノ。

 今回は、そんな「六厘舎お土産つけ麺」を紹介したいと思います。

「六厘舎おみやげつけめん」(2人前・保冷剤入り、1600円)
『六厘舎』お土産1   『六厘舎』お土産2

『六厘舎』お土産3
【ご注意】
・スープ、麺ともに冷凍保存でお願いします。麺のパッケージには保存方法が冷蔵となっておりますが、冷凍保存でお願いします。
賞味期限は冷凍保存で製造日から2週間です。お早めにお召し上がり下さい。
・パック湯煎の際やパック開封時のとびちり、及び麺茹で、茹でた麺をザルや器などに移す際は火傷に十分ご注意下さい。
・当店指定の調理方法以外では調理を行わないで下さい。


[『六厘舎』おみやげつけめん]の続きを読む
 コチラの記事で紹介しましたように、日付変わって昨日の「3月31日」、東京品川区大井で営業をしておりました、阪急百貨店』(大井食品館が、55年の歴史に幕を下ろしました。
『阪急』大井町1
 実の所、『阪急ブレーブス』が『オリックス』へと改名された20年前頃より、この「大井町店」自体は「百貨店」から、昨今の“デパ地下”に見られるような「食料品」に特化した経営形態に移行しており、その意味から、今さら「閉店」と聞いても始めは中々ピンと来なかったのですが、やはり、「55年」という歴史は重く、幼少期からの思い出も多々あるものですから、営業の最終日である昨日、嘘をついて近くへ行く用事ができたものですから、思い切って駆けつけてしまった次第でございますw

 そんな思い出深い、大井町・阪急
 その最後の“雄姿”を見届けて参りました。
[『阪急』大井町店、閉店]の続きを読む
 脂肪と炭水化物の大量摂取を食生活の“主眼”に置いているメタボなワタクシでも、時には体を労わって「自炊」をするコトもあるんですよ。
 しかしながら疲れてくると、その自炊も“手抜き”となって、短時間で調理が済む「インスタント食品」に手を出すこともあるワケなんですw
 そんな“手抜き料理”を作ろうと考え、アタマの中で「レシピ」(?)を考えながらスーパーマーケット内を徘徊しておりますと、普段は行かない「チルド食品売り場」に、面白いモノを発見しましたよ。
日清『なんつッ亭』つけ麺、378円
「う~ん、『なんつッ亭』かぁ・・・」
トッピング? 『なんつッ亭』と聞いて、アタマの中に「海苔、肉、もやし、ネギ・・・」ってな具合に、即座に「トッピング」(具材)が思い浮かぶのが、“ラヲタ”としての悲しい性(さが)でございましょうかw
 その「具材」でさえ、少しでも安いモノを買おうと「半額品」を選ぶなんざぁ、より読者の方々に「悲しみ・・・」を誘うってモンでございましょうw

 本日は、スーパーで購入いたしました「日清食品『なんつッ亭』黒マー油和風豚骨つけ麺」を食べてみようって寸法でございます。
日清『なんつッ亭』つけ麺、パッケージ   日清『なんつッ亭』つけ麺、中身

 
[日清『なんつッ亭』つけ麺]の続きを読む