メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

ブログ説明
■このブログでは、『品達』や『新横浜ラーメン博物館』などの集合施設を中心とした「ラーメン店の紹介」と、デパ地下や駅ナカ施設などで購入した「お持ち帰り商品」を記事にしております。

ブログ記事作成に関し、テレビや雑誌、あるいはインターネット情報を参考にすることなく“独自情報”を元に記述することが多いので、その点はご了承くださるようにお願い致します。

ブログ閲覧に当たっては、左右のサイドバーに設置された「検索」「カテゴリー」「タグクラウド」「全記事表示」の機能などを活用して、必要とする記事をお読みください。
当ブログにおける最も有効な検索方法は、右サイドバー上部に設置した検索ボックスより「ブログ内検索」を行うことです

なお、閲覧に際し「Internet Explorer、Firefox、Opera」のいずれかのブラウザをお使いの方は、ブログ上のリンクにマウスポインタを重ねることで、「リンク先の確認」が可能です(不要な方は、ウィンドウ下部の「×ボタン」で閉じてください)。

画像はクリックすることで拡大表示されます。
但し、当ブログ内の画像を許可なく他サイトへ転用するなどの「二次使用は厳禁」とさせていただきます。

■コメント、トラックバックはご自由に(コメント・トラバ承認制。でも「スパム行為」はやめて下さいね)。

 東京は品川区、JR線と東京臨海高速鉄道が乗り入れる「大崎駅」を下車して徒歩5~6分程度の場所にある、『ジャンクガレッジ』。

 昨年の1月31日に開店し、『ラーメン二郎 関内店』の人気メニュー「汁なし」を模倣した、「まぜそば」を看板メニューにしている店である。


 場所は、当ブログで紹介した「『六厘舎』の隣」にある。
 「大崎駅からの道のり」については、これも、当ブログの記事「『六厘舎』道案内」を参考にしていただきたい。
 ただし、ここで補足をしておくと、この『ジャンクガレッジ』という店は「看板を出していない」という"難しさ”がある。
 よって、詳しい場所に関しては、上にもリンクした「道案内」の記事と、下に添付した「画像」を参考に店へ行かれるのがよいだろう。

『ジャンクガレッジ』店舗

 以下、「並び方」や「メニューの紹介」などの、「『ジャンクガレッジ』店舗案内」とでも呼ぶべき内容を、記しておきたいと思う。
[『ジャンクガレッジ』店舗案内]の続きを読む
 昭和50年代の終わり頃だったか──。
 東京には二つの「行列の出来るラーメン屋」というのが、世間の耳目を集めだしていた。
 一つは、『ラーメン二郎』。後の「三田本店」である。
 そして、もう一つが今回紹介する、『ホープ軒』。

 「マスコミ」が「ラーメン」を取り上げることなど考えられなかった時代。
 「食べ歩き」や「グルメ」という言葉も存在せず、その時代の唯一の“情報源”と言えたのが、「口コミ」。
 その「口コミ」で、タクシーの運転手を中心に圧倒的な支持を集めていたのが、東京は渋谷区千駄ヶ谷に店を構えた『ホープ軒』であった。

 現在も、「元日以外は年中無休24時間営業」という驚異的な営業時間を看板にし、タクシーの運転手を始めとして、サラリーマンや学生、それに、国立競技場や神宮球場などの観戦の帰りに立ち寄るお客さんで、店は大いに賑わっている。


 今回のエントリは、そんな『ホープ軒』店舗紹介を。

『ホープ軒』外観

 
[『ホープ軒』店舗案内]の続きを読む
 東京の高級住宅街の一つに数えられる、自由が丘

 東急線自由が丘駅の北口(ロータリーのある出口)からほぼ一直線。駅からは徒歩5~6分ほどの場所にある、味噌らーめん 南部
 「煮干出汁の味噌ラーメン」を“ウリ”に、昨年の4月に開業した店。

 元々、閑静な住宅街として知られていた自由が丘であったが、ここ10年ほどで街は様変わりし、「高級ブランド品」を扱う様々な店舗や「スイーツ」(笑)の店が乱立。
 その“余波”を受けたのか、ラーメン屋のような「大衆店」は次々と閉店を余儀なくされてしまったのだが、そんな中で「せたが屋グループ」のような本格的なラーメン屋が出店してくれたのは、実に嬉しい限り。

 その、「せたが屋グループ」の『味噌らーめん 南部』に、お隣の『自由が丘ロール屋』の大行列を尻目にw 味噌ラーメンを食べに行って参りました。

『南部』店舗概観

 
[『味噌らーめん 南部』]の続きを読む
 今回ご紹介いたしますのは、東京の高級住宅街・自由が丘にございます、豚骨世界 大大
 都内を中心にジワリジワリと“勢力”を拡大しつつある、せたが屋グループの一店舗でございます。
『豚骨世界 大大』店舗概観
 場所は、商業施設が数多く立ち並ぶ自由が丘駅・北口(中央口)の反対側、かつては閑静な住宅街であった南口から、徒歩で2~3分ほどの所。
 “方角的”には、自由が丘駅から東急目黒線の「奥沢駅」へ向かう道沿いで、“目印”といたしましては、スグそばに『無印良品』や『GAP』などがございます。

 ゴールデンウイークの“ラーメン難民”状態の皆様に、やさしいオレ様からの支援w
 それなりに長い営業時間で知られているこの店ですが、ゴールデンウイーク中は、以下のカタチで営業するそうなので、チョッと注意が必要です。

『豚骨世界 大大』GW中の営業時間
5月3日~6日の連休中は、スープ仕込みの為にPM4:00~PM5:30の間、準備中とさせて頂きます

 要は、土日に行っている「通し営業」ではなく、平日の営業時間と同じく「“中休みを入れて営業」するというワケです。

 今回のエントリでは、『豚骨世界 大大』の「店舗案内」、それと、貧しいオレ様にとっての“贅沢メニュー”「全部入りらーめん」を紹介してみましょう。
[『豚骨世界 大大』@自由が丘]の続きを読む
 やたらと長い「エントリ名」ではございますがw 当ブログで紹介するのは2回目
 東京は自由が丘にございます、『せたが屋』グループ味噌らーめん 南部でございます。
『南部』店舗概観
 かつての高級住宅街のイメージから「スイーツ(笑)天国」へと変貌を遂げた自由が丘で、「ラヲタ(笑)」にとっては貴重なオアシス(?)である、この店w
 困ったことに、来週には数日間臨時休業となるそうですから、注意が必要です。

臨時休業のご案内
5月12日(月)~5月15日(木)まで、社員研修の為、お休みさせていただきます。
5月16日(金)から営業いたします
味噌らーめん 南部
『味噌ラーメン南部』臨時休業のお知らせ

 「社員研修」ということで、もしかしたら『せたが屋』グループ全体のモノかと考えてしまったのですが、今の所、他店ではそのような告知は見かけておりません。

 臨休前のドサクサに紛れw 今回は焼にぼ醤油チャーシューめんを食べて参りました。
[『味噌らーめん 南部』焼にぼ醤油チャーシューめん]の続きを読む