メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

ブログ説明
■このブログでは、『品達』や『新横浜ラーメン博物館』などの集合施設を中心とした「ラーメン店の紹介」と、デパ地下や駅ナカ施設などで購入した「お持ち帰り商品」を記事にしております。

ブログ記事作成に関し、テレビや雑誌、あるいはインターネット情報を参考にすることなく“独自情報”を元に記述することが多いので、その点はご了承くださるようにお願い致します。

ブログ閲覧に当たっては、左右のサイドバーに設置された「検索」「カテゴリー」「タグクラウド」「全記事表示」の機能などを活用して、必要とする記事をお読みください。
当ブログにおける最も有効な検索方法は、右サイドバー上部に設置した検索ボックスより「ブログ内検索」を行うことです

なお、閲覧に際し「Internet Explorer、Firefox、Opera」のいずれかのブラウザをお使いの方は、ブログ上のリンクにマウスポインタを重ねることで、「リンク先の確認」が可能です(不要な方は、ウィンドウ下部の「×ボタン」で閉じてください)。

画像はクリックすることで拡大表示されます。
但し、当ブログ内の画像を許可なく他サイトへ転用するなどの「二次使用は厳禁」とさせていただきます。

■コメント、トラックバックはご自由に(コメント・トラバ承認制。でも「スパム行為」はやめて下さいね)。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20080825140116
徳島から京都へと、“大人の事情”がからむ移動をw

京都駅近くの『新福菜館』で、「中華そば肉多め」(800円)。

昼時の混雑している時間帯。
日頃鍛えた「ロット食い」で、並み居る会社員や観光客を押し退け、誰よりも早く、“完食完飲”で店を出ましたよ。
[『新福菜館』@京都]の続きを読む
スポンサーサイト
『ラーメン荘夢を語れ』店舗概観1 京都は叡山電鉄・一乗寺駅から徒歩5分程度の場所にある、ラーメン荘 夢を語れ
 初めにお断りしておきますと、今回のエントリは、コチラのモバイル更新の際に食べたラーメンのレポートでございますので、多少、情報などが古い場合がございますので、その点ご容赦願いたいと思います。

 また、このレポート自体、私にとっては“不完全”な部分が多く、本来であれば“お蔵入り”を考えていたモノです。
 その理由はいくつかあるのですが、一つは、この日の「体調不良」。
 徳島から京都への移動後、急に忙しくなり、体調を崩しかけていたトコロ、8月には全国的に見られた、ゲリラ雨に遭遇。
『ラーメン荘夢を語れ』雨中の行列1   『ラーメン荘夢を語れ』雨中の行列2
 傘は折りたたみの小さなモノしかなく、濡らしてはならない書類を持っていたものですから、それを守ろうとして、服はズブ濡れ。
 オマケに、“二郎基準”ではありえないような回転の悪さも手伝って、心身ともに凍りついたような状態に・・・・・・。

 そんな、数々の言い訳悪状況を考慮しw 必要な方は、「続き」をお読みになってください。
[『ラーメン荘 夢を語れ』小豚ラーメン]の続きを読む
 JR和歌山駅から徒歩で7~8分。
 90年代後半に“和歌山ラーメン”の名を冠され全国区の知名度を得たラーメン店、『井出商店』。
『井出商店』店舗概観画像(2010年・1)
 今現在『新横浜ラーメン博物館』にも出店しているお店ですが、和歌山の本店へと足を運ぶ機会を得ましたので、ソチラでの実食レポートをお送りいたします。

 今回は、この店の基本の「中華そば」(和歌山ラーメン)と、JR和歌山駅からお店までの「アクセス方法」、それに「駐車場」に関する情報もお伝えしておきます。
『井出商店』和歌山ラーメン・画像(2010年)

井出商店(リンク先『食べログ』店舗情報)
住所:和歌山県和歌山市田中町4-84『井出商店』営業時間・定休日・駐車場案内(店外掲示・2010年)
電話:073-424-1689
営業時間:11:30~23:30
定休日:木曜日
駐車場:9台

[『井出商店』@和歌山、中華そば]の続きを読む
 JR和歌山駅・中央口から徒歩で7~8分。
 1998年、在京テレビ局による企画で「日本一うまいラーメン」の称号を獲得し、同年、『新横浜ラーメン博物館』へ“和歌山ラーメン”を代表する店として出店を果たし全国的な知名度を得ました、『井出商店』。
『井出商店』ポスター(店内掲示・2010年)   『井出商店』店舗概観画像(2010年・2)
 平日や休日を問わず、昼時となりますとお店の前には当たり前のように長蛇の大行列が形成される、“和歌山ラーメン”の人気店。
 前回の「中華そば」のエントリに続き、今回は豚バラ肉がタップリと入った「特製中華そば」(チャーシューメン)を紹介。
 それと、“和歌山ラーメン”には欠かすことが出来ないとされる「早ずし」(鯖寿司)と「めはりずし」(高菜寿司)も紹介いたしましょう。

和歌山ラーメン井出商店

『井出商店』特製中華そば(チャーシューメン)画像
 昭和28年、屋台から始まった『井出商店』。
 開店まもないある日、創業者の井出つや子(店主実母)が偶然にスープを炊き込みすぎて濁らせてしまった。
 しかし、このスープがコクがあり、非常に美味。
 これが『井出商店』の原点。
 今も、この味を守り続けています。
『井出商店』早ずし・150円(2010年・2)   『井出商店』めはりずし・150円(2010年・2)

井出商店(リンク先『30min.』店舗情報)
住所:和歌山県和歌山市田中町4-84『井出商店』営業時間・定休日・駐車場案内(店外掲示・2010年)
電話:073-424-1689
営業時間:11:30~23:30
定休日:木曜日
駐車場:9台

[『井出商店』@和歌山、特製中華そば]の続きを読む
 JR予讃線の伊予三島駅から徒歩で5分ほど。
 昭和28年創業という老舗の飲食店、『キング食堂』。
『キング食堂』店舗概観画像(2010年・1)  『キング食堂』店舗概観画像(2010年・2)
『書道ガールズ』ロケ地案内・看板(四国中央市) 『キング食堂』が営業する愛媛県の東予地方に当たる“伊予三島”は、2004年(平成16年)に隣接する川之江市と宇摩郡とを合併して誕生した、「四国中央市」内の中心的な街。
 古くから「製紙業」で栄えた“紙のまち”として名を馳せ、今年に公開された映画『書道ガールズ』(リンク先:公式サイト)は、この町での実話を題材に描かれたモノとしても有名なのだとか(リンク先:『書道ガールズ』ロケ地情報)。

 そんな愛媛県四国中央市において、テレビや雑誌などで採り上げられることの多いお店の一つが、この『キング食堂』。
 今回のエントリでは、“昭和の息吹”が胎動する店内で食べました「日替わり定食」の他、「ラーメン」や「オムライス」といった人気メニューを紹介いたしましょう。
『キング食堂』中華そば・480円(2010年・1)   『キング食堂』オムライス・700円(2010年・2)

キング食堂(リンク先『食べログ』店舗情報)
『キング食堂』店舗ガイド(店内掲示)住所:愛媛県四国中央市三島中央3-13-33
電話:0896-23-2498
営業時間:10:00~18:30
定休日:木曜日
アクセス:JR伊予三島駅・北口から徒歩4~5分

[『キング食堂』@伊予三島、ラーメン&オムライス]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。