メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

ブログ説明
■このブログでは、『品達』や『新横浜ラーメン博物館』などの集合施設を中心とした「ラーメン店の紹介」と、デパ地下や駅ナカ施設などで購入した「お持ち帰り商品」を記事にしております。

ブログ記事作成に関し、テレビや雑誌、あるいはインターネット情報を参考にすることなく“独自情報”を元に記述することが多いので、その点はご了承くださるようにお願い致します。

ブログ閲覧に当たっては、左右のサイドバーに設置された「検索」「カテゴリー」「タグクラウド」「全記事表示」の機能などを活用して、必要とする記事をお読みください。
当ブログにおける最も有効な検索方法は、右サイドバー上部に設置した検索ボックスより「ブログ内検索」を行うことです

なお、閲覧に際し「Internet Explorer、Firefox、Opera」のいずれかのブラウザをお使いの方は、ブログ上のリンクにマウスポインタを重ねることで、「リンク先の確認」が可能です(不要な方は、ウィンドウ下部の「×ボタン」で閉じてください)。

画像はクリックすることで拡大表示されます。
但し、当ブログ内の画像を許可なく他サイトへ転用するなどの「二次使用は厳禁」とさせていただきます。

■コメント、トラックバックはご自由に(コメント・トラバ承認制。でも「スパム行為」はやめて下さいね)。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 新横浜駅から徒歩で5分ほど。
 世界初のフードアミューズメントパークとされる『新横浜ラーメン博物館』に2010年6月にオープンしました、埼玉県本川越の大行列店頑者新横浜ラーメン博物館店
『頑者』新横浜ラーメン博物館店、開店告知ポスター(館内掲示2010年・1)   『頑者』新横浜ラーメン博物館店、店舗概観画像(2010年・1)
 今現在、関東を中心に全国的な展開を見せる“つけ麺”というメニュー。
 その、つけ麺を語る上で欠かすことの出来ないキーワード「極太麺」「濃厚つけダレ」「魚粉」の使用を開始した“パイオニア”としての役割が評価され、全国各地の老舗ラーメン店が集う『ラー博』に開店して10年ほどの新興店『頑者』(がんじゃ)が、招致されたのだとか。

 今回は、そんな『頑者』が提供する基本メニュー、「つけめん」を食べてきましたよ。
『頑者』新横浜ラーメン博物館店、つけ麺・900円(2010年)
『頑者』新横浜ラーメン博物館店、つけ麺・つけダレ(2010年・1)   『頑者』新横浜ラーメン博物館店、つけ麺・極太麺(2010年・1)

頑者新横浜ラーメン博物館店(リンク先『30min.』店舗情報)
『頑者』新横浜ラーメン博物館店、店舗案内ポスター(館内掲示2010年)住所:神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-21
電話:045-471-0503(代表)
営業時間:最終入館時刻は21:00~23:00の間で変動
 平日:11:00~23:00頃
 土日祝:10:30~23:00頃
定休日:(年末年始等を除き)無休

[『頑者』新横浜ラーメン博物館店、つけめん]の続きを読む
スポンサーサイト
 新横浜駅から徒歩で5分ほど。
 1994年の『新横浜ラーメン博物館』の開業以来、変わらずに出店を続けている“熊本ラーメン”の老舗店舗、熊本ラーメン こむらさき新横浜ラーメン博物館店
『熊本ラーメン こむらさき』新横浜ラーメン博物館店、店舗概観画像(2010年10月)
 ここ数年で店舗の“入れ替え”が激しくなった『ラー博』において、今では“最古参”となった、『こむらさき』。
 関東圏でも“熊本ラーメン”の店舗は少なからずございますが、開店当初からの『ラー博』レギュラー店舗に選出されたことで、この店の知名度はかなり高いモノとなりました。

 今回のエントリでは、基本メニューの「ラーメン」の他、お店の一押しメニューに位置づけられる「王様ラーメン」を紹介いたします。
『熊本ラーメン こむらさき』新横浜ラーメン博物館店、ラーメン画像(2010年10月)  『熊本ラーメン こむらさき』新横浜ラーメン博物館店、王様ラーメン画像(2010年10月)

熊本ラーメン こむらさき新横浜ラーメン博物館店(リンク先『30min.』店舗情報)
『熊本ラーメン こむらさき』新横浜ラーメン博物館店、券売機店舗写真(2010年10月)住所:神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-21
電話:045-471-0503(代表)
営業時間:最終入館時刻は21:00~23:00の間で変動
 平日:11:00~
 土日祝:10:30~
定休日:(年末年始を除き)無休

[『熊本ラーメン こむらさき』新横浜ラーメン博物館店、王様ラーメン]の続きを読む
 新横浜駅から徒歩で5分ほどのフードテーマパーク、新横浜ラーメン博物館』(公式サイト)
 コチラに、2009年12月19日にオープンいたしました“久留米ラーメン”の有名店、大砲ラーメン新横浜ラーメン博物館店
『大砲ラーメン』新横浜ラーメン博物館店、店舗概観画像(2010年10月)
 『大砲ラーメン』本店は、昭和28年創業という福岡県久留米市の老舗。
 主に“九州地方”のみで店舗展開を行なってきたこともあり、単発のイベントを除けば、今回が関東地方への初出店”。

 今回のエントリでは、この店の久留米ラーメンの特徴が最も現れているという「昔ラーメン」(780円)と、基本メニューの「ラーメン」(730円)をレポートいたします。
『大砲ラーメン』新横浜ラーメン博物館店、昔ラーメン・780円(2010年10月・1)  『大砲ラーメン』新横浜ラーメン博物館店、ラーメン・730円(2010年10月・1)

大砲ラーメン新横浜ラーメン博物館店(リンク先『30min.』店舗情報)
『大砲ラーメン』新横浜ラーメン博物館店、ラーメン画像(館内掲示・2010年)住所:神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-21
電話:045-471-0503(代表)
営業時間:最終入館時刻は21:00~23:00の間で変動
 平日:11:00~
 土日祝:10:30~
定休日:(年末年始を除き)無休

[『大砲ラーメン』新横浜ラーメン博物館店、昔ラーメン]の続きを読む
 新横浜駅から徒歩で5分ほどのフードアミューズメントパーク新横浜ラーメン博物館』(公式サイト)
 コチラの施設に、2010年3月から2011年2月までの期間限定出店を行なっております、岡山県のご当地ラーメンの一つとされる“笠岡ラーメン”を提供する中華そば 坂本
『中華そば 坂本』新横浜ラーメン博物館店、店舗概観画像(2010年・1)
 今回のエントリでは、この店の基本メニュー「中華そば」(700円)と、非常に特徴的な“ネギラーメン”「ねぎそば」(800円)を紹介いたします。

笠岡ラーメンとは?
 笠岡ラーメンを一言で説明すると「鶏ガラスープの醤油ラーメン」ですが、全国的に見ても非常に特徴的なラーメンです。その特徴は、タレ・スープ・チャーシュー・脂とすべて「」だけで作られていることです。しかもこの「鶏」は短期間で出荷する「若鶏」とは違い、のびのびと育てられた「親鶏」と決まっています。鶏ガラをじっくり煮込んだ淡麗(澄んだ)スープ、ブレンドした醤油で鶏肉を煮込んだタレ、その煮込んだ鶏肉を使った鶏チャーシュー、そして上質な鶏油と、まさに『純鶏』ラーメンなのです。また、ラーメンに添えられる、斜めに切られた幅広の青ネギも特徴のひとつです。

『中華そば 坂本』新横浜ラーメン博物館店、中華そば・700円(2010年・1)  『中華そば 坂本』新横浜ラーメン博物館店、ねぎそば・800円(2010年・1)

中華そば 坂本新横浜ラーメン博物館店(リンク先『30min.』店舗情報)
『中華そば 坂本』新横浜ラーメン博物館店、ラーメン画像(館内掲示・2010年)住所:神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-21
電話:045-471-0503(代表)
営業時間:最終入館時刻は21:00~23:00の間で変動
 平日:11:00~
 土日祝:10:30~
定休日:(年末年始を除き)無休

[『中華そば 坂本』新横浜ラーメン博物館店、ねぎそば]の続きを読む
 新横浜駅から徒歩で5分ほどのフードアミューズメントパーク、『新横浜ラーメン博物館』(公式サイト)
 コチラの施設の地下一階にて、かつて北海道札幌市で営業していた店舗を“復活”させ、味噌ラーメンを看板メニューに掲げて人気を誇っているのが、『らーめんの駅』。
『らーめんの駅』新横浜ラーメン博物館、店舗概観画像(2010年・1)
 このらーめんの駅』とは、“札幌ラーメン”の有名店舗『純連』『すみれ』の創業者が平成7年(1995年)に札幌でオープンさせたお店
 その札幌の店舗は平成16年(2004年)に閉店となりましたが、平成21年(2009年)4月、この『ラー博』において“復活営業”を果たすことになったのです。

 今回のエントリでは、『らーめんの駅』の看板メニューである「味噌ラーメン」と、平日のみの“限定メニュー”となっている「チャーハン」のレポートをお送りいたします。
『らーめんの駅』新横浜ラーメン博物館、味噌ラーメン・900円(2010年・1)  『らーめんの駅』新横浜ラーメン博物館、チャーハン・800円(2010年・1)

らーめんの駅(リンク先『30min.』店舗情報)
『らーめんの駅』新横浜ラーメン博物館、ラーメン画像(館内掲示・2010年)住所:神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-21
電話:045-471-0503(代表)
営業時間:最終入館時刻は21:00~23:00の間で変動
 平日:11:00~
 土日祝:10:30~
定休日:(年末年始を除き)無休

[『らーめんの駅』@新横浜ラーメン博物館、味噌ラーメン&チャーハン]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。