メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

ブログ説明
■このブログでは、『品達』や『新横浜ラーメン博物館』などの集合施設を中心とした「ラーメン店の紹介」と、デパ地下や駅ナカ施設などで購入した「お持ち帰り商品」を記事にしております。

ブログ記事作成に関し、テレビや雑誌、あるいはインターネット情報を参考にすることなく“独自情報”を元に記述することが多いので、その点はご了承くださるようにお願い致します。

ブログ閲覧に当たっては、左右のサイドバーに設置された「検索」「カテゴリー」「タグクラウド」「全記事表示」の機能などを活用して、必要とする記事をお読みください。
当ブログにおける最も有効な検索方法は、右サイドバー上部に設置した検索ボックスより「ブログ内検索」を行うことです

なお、閲覧に際し「Internet Explorer、Firefox、Opera」のいずれかのブラウザをお使いの方は、ブログ上のリンクにマウスポインタを重ねることで、「リンク先の確認」が可能です(不要な方は、ウィンドウ下部の「×ボタン」で閉じてください)。

画像はクリックすることで拡大表示されます。
但し、当ブログ内の画像を許可なく他サイトへ転用するなどの「二次使用は厳禁」とさせていただきます。

■コメント、トラックバックはご自由に(コメント・トラバ承認制。でも「スパム行為」はやめて下さいね)。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 フードテーマパーク『品達』(公式サイト)において、かつては何もせずとも長い行列の出来ていた人気のラーメン店、なんつッ亭 弐品川店
『なんつッ亭』品川店、黒葱油の鶏白湯つけ麺・販促ポスター
 そんな『なんつッ亭』も、今では実質割引販売となる「タイムサービス」が常態化し、「新メニュー」販売にも意欲的。
 今回紹介いたしますのは、2012年6月21日より販売を開始した「黒葱油の鶏白湯つけめん」。
 タイムサービスのアドバンテージを活かし、「麺大盛」で食べてきましたよ。

黒葱油の濃厚鶏白湯つけ麺

『なんつッ亭』品川店、黒葱油の鶏白湯つけ麺・画像
『なんつッ亭』品川店、黒葱油の鶏白湯つけ麺・つけダレ(1)   『なんつッ亭』品川店、黒葱油の鶏白湯つけ麺・麺皿(1)
 なんつッ亭グループのシンガポール『八福丸』で人気の鶏白湯の真っ白なスープに、隠し味の煮干の旨みと黒いネギ油の香ばしさをバランス良くきかせたつけダレが、うどんのような喉ごしの太麺によくからみます。
 トッピングには香ばしく焼き上げた鶏肉、シャキシャキのゆでキャベツともやし、自家仕込みの特製メンマがアクセントに。
品川店限定800円

なんつッ亭品川店
『なんつッ亭』つけ麺・食法講座住所:東京都港区高輪3-26-20
営業時間:11:00~23:00
電話:03-5791-1355
定休日:元日以外、(原則)無休
駐車場:近隣のコインパーキング利用
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『なんつッ亭』品川店、黒葱油の濃厚鶏白湯つけ麺]の続きを読む
スポンサーサイト
 JR大森駅の西口から、大井町方面へ徒歩1分程度。
 神奈川県川崎市内で人気を博すつけめん 玉』(ぎょく:グループ公式サイト)における、初の都内出店店舗鶏煮干し 三三七』(さんさんなな:公式サイト店舗情報ページ)
『鶏煮干し 三三七』店舗概観画像(2012年・2)
  店名の通り「」と「煮干」にこだわったスープが自慢というこの店で、前回紹介しましたのが「つけめん一番搾り」(リンク先:当ブログ内関連記事)
 それに引き続き今回紹介するのは、よりスープ(つけダレ)に“濃厚さ”を追求したという、つけ麺メニューの「煮番搾り」。
 麺量は、100円をプラスして「大盛」で食べてまいりましたよ。

つけめん煮番搾り大盛900円

『鶏煮干し 三三七』つけめん煮番搾り&麺大盛・900円
『鶏煮干し 三三七』つけめん煮番搾り・つけダレ(1)  『鶏煮干し 三三七』つけめん煮番搾り・麺大盛

鶏煮干し 三三七
住所:東京都大田区山王2-2-13
電話:03-3775-7337『鶏煮干し 三三七』営業時間と定休日(2012年)
営業時間:
 11:00~深夜2:00
定休日:年中無休
駐車場:無し
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『鶏煮干し 三三七』つけめん煮番搾り]の続きを読む
 全国の老舗ラーメン店が集う新横浜ラーメン博物館』(公式サイト)において、唯一、施設開設当初より営業を続けているラーメン店がコチラ、熊本ラーメン こむらさき新横浜ラーメン博物館店
『熊本ラーメン こむらさき』新横浜ラーメン博物館店、鶏白湯ラーメン・ポスター(2011年)
 今年の夏から販売を開始したという“1日50杯限定”という新メニューは、「鶏白湯ラーメン」(とりぱいたん)。
 鶏ガラなどを白く濁るまで煮出したコラーゲンたっぷりのスープに、食物繊維が豊富な「ごぼう」と「スイートポテト」がトッピングされておりますよ。

鶏白湯ラーメン850円

『熊本ラーメン こむらさき』新横浜ラーメン博物館店、鶏白湯ラーメン・850円(1)
『熊本ラーメン こむらさき』新横浜ラーメン博物館店、鶏白湯ラーメン・850円(2)   『熊本ラーメン こむらさき』新横浜ラーメン博物館店、鶏白湯ラーメン・ごぼうとスイートポテト
 女性スタッフのアイディアから生まれたメニュー
 コラーゲン&食物繊維がたっぷりでお肌ツルツル♪

熊本ラーメン こむらさき新横浜ラーメン博物館店
住所:神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-21
電話:045-471-0503(代表)『熊本ラーメン こむらさき』新横浜ラーメン博物館店、ラーメン画像(館内掲示・2010年)
営業時間:最終入館時刻は変動あり(リンク先:営業時間案内)
 平日:11:00~/土日祝:10:30~
定休日:(年末年始を除き)無休
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『熊本ラーメン こむらさき』新横浜ラーメン博物館店、鶏白湯ラーメン]の続きを読む
 JR線と京浜急行線が乗り入れる品川駅近くのフードテーマパーク『品達』内のラーメン店、支那そば きび品川店
『支那そば きび』品川店、店舗概観画像(2010年5月・1)   『支那そば きび』品川店、提供メニュー画像(2010年)
 今年度の4月頃から、店名を『支那そば きび 桃太郎外伝』と改名し、中心メニューの一つに「鶏白湯」(トリパイタン)を投入しております。

鶏白湯ラーメン750円

『支那そば きび』品川店、鶏白湯ラーメン750円(1) 『支那そば きび』品川店、鶏白湯ラーメン750円(2)
 3段階に分け鶏の旨味を凝縮した「コラーゲンたっぷり極鶏白湯スープ」、炙り焼鶏との相性抜群。

 都内に数店舗を構える『きび』の系列店では、この“鶏白湯スープ”をレギュラーメニューにしている店舗もあるようですが、『品川店』での提供は、過去に「鶏白湯魚介つけ麺」を限定メニューで提供した時のみ。
 鶏ガラや鶏足(モミジ)を“豚骨スープ”のように白濁化するまで煮出した濃厚スープに、鶏チャーシュー(照り焼きにしたチキン)をトッピングしたラーメンとなります。

『きび』梅支那そば きび品川店(リンク先『食べログ』店舗情報)
住所:東京都港区高輪3-26-20
営業時間:11:00~23:00
定休日:元日を除き、(原則)無休
電話:03-3449-7127

[『支那そば きび』品川店、鶏白湯ラーメン]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。