メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

ブログ説明
■このブログでは、『品達』や『新横浜ラーメン博物館』などの集合施設を中心とした「ラーメン店の紹介」と、デパ地下や駅ナカ施設などで購入した「お持ち帰り商品」を記事にしております。

ブログ記事作成に関し、テレビや雑誌、あるいはインターネット情報を参考にすることなく“独自情報”を元に記述することが多いので、その点はご了承くださるようにお願い致します。

ブログ閲覧に当たっては、左右のサイドバーに設置された「検索」「カテゴリー」「タグクラウド」「全記事表示」の機能などを活用して、必要とする記事をお読みください。
当ブログにおける最も有効な検索方法は、右サイドバー上部に設置した検索ボックスより「ブログ内検索」を行うことです

なお、閲覧に際し「Internet Explorer、Firefox、Opera」のいずれかのブラウザをお使いの方は、ブログ上のリンクにマウスポインタを重ねることで、「リンク先の確認」が可能です(不要な方は、ウィンドウ下部の「×ボタン」で閉じてください)。

画像はクリックすることで拡大表示されます。
但し、当ブログ内の画像を許可なく他サイトへ転用するなどの「二次使用は厳禁」とさせていただきます。

■コメント、トラックバックはご自由に(コメント・トラバ承認制。でも「スパム行為」はやめて下さいね)。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 京急本線・品川駅のの高架下で営業しておりますフードテーマパーク『品達』内の人気ラーメン店、せたが屋品川店
『せたが屋』品川店、店舗概観画像(2012年・1)
 ラーメンについて詳しい方ならご存知のように、この『せたが屋』は、麺達七人衆への出店店舗の中では『なんつッ亭』と人気を二分するほどの“一般的知名度の高い店”でして、平日は言うに及ばず、今回のような連休の時期でも他店が羨むような“安定した集客力”を発揮。
 ただ当ブログでも何度か指摘しておりますように、そういった“一般受け”の一方で、従来『せたが屋』が持っていた“高いクオリティ”が、影を潜めるようになって来ているのも事実でしょうか。

 今回、食べてまいりましたのは並盛で麺量300グラムに及ぶという「つけ麺」に、「味玉」をトッピング。
 “結論”から言えば、やはり「“とは変わってしまった・・・」といった思いを強くするモノでした。

ひらつけ麺半熟味付玉子750円100円

『せたが屋』品川店、ひらつけ麺&半熟味付玉子・850円
『せたが屋』品川店、ひらつけ麺&半熟味付玉子・つけダレ  『せたが屋』品川店、ひらつけ麺&半熟味付玉子・平打ち麺(1)

せたが屋品川店
『せたが屋』品川店、メニュー看板(雲のラーメン&魚郎)住所:東京都港区高輪3-26-20
電話:03-3446-0831
営業時間:11:00~23:00(日曜日は22:00まで)
定休日:元日を除き、(原則)無休
駐車場:近隣のコインパーキング利用
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『せたが屋』品川店、ひらつけ麺&半熟味付玉子]の続きを読む
スポンサーサイト
 東急田園都市線・駒沢大学駅から、徒歩で約15分。
 せたが屋』(公式サイト)系列の人気店、中華そば ふくもり』(店舗案内ページ)

 今回食べましたメニューは、「辛つけぶと」。
 通常メニューのつけ麺「つけぶと」に、数種類の「辛味」成分をトッピングした商品。
 元々は今年冬の“限定メニュー”として販売されていたモノですが、好評を博し、今では、つけめん商品第2の“レギュラーメニュー”へと昇格。

辛つけぶとあつもり850円

『ふくもり』辛つけぶと・850円
『ふくもり』辛つけぶと・つけダレ(1)  『ふくもり』辛つけぶと・麺(1)
トッピング漬け玉子110円

 基本的には「つけぶと」(780円)と同じ、鶏や豚骨に大量の煮干を加えた濃厚な「スープ」(つけダレ)に、並盛でも300グラムに及ぶという国産小麦を使用した「極太麺」の組み合わせ。
 この“ノーマルスタイル”のつけ麺に、大量の刻みネギの他、辛味噌ラー油といった辛味成分をプラス。
 冬場の限定メニューとして販売が開始された当初では、麺は熱々の状態で提供される“あつもり”だけでしたが、レギュラーメニューへと昇格した現在、通常のつけ麺と同じく、水で麺を締めた状態の“冷やもり”での提供も可能となりました。

中華そば ふくもり
住所:東京都世田谷区野沢4-9-18
電話:03-3410-0081『中華そば ふくもり』営業時間案内(2012年)
営業時間
 昼11:30~15:00(土日祝日は16時まで延長)
 夜18:00~24:00
定休日:(原則)無休
駐車場:近隣のコインパーキング利用
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『中華そば ふくもり』辛つけぶと]の続きを読む
 新横浜ラーメン博物館』(公式サイト)へ“初のつけ麺専門店”として頑者新横浜ラーメン博物館店が出店を果たしたのは、今から2年前の6月2日。
『頑者』新横浜ラーメン博物館店、ネクストレベル・販促ポスター(2012年)
 その『ラー博』出店2周年を記念し販売されているのは、昨年同様、「ネクストレベルつけ麺」。
 今年度販売されている“2012年バージョン”では、昨年以上の煮干濃度を誇るスープに、トッピングメニューとしても評価の高い「アブリ」(炙りチャーシュー)がプラスされましたよ。

ネクストレベル──限界濃度──(リンク先:『ラー博』サイト)

『頑者』新横浜ラーメン博物館店、ネクストレベル2012・950円
本店でも食べることの出来ない幻の味が、「2周年感謝つけめん」として再登場!!
『頑者』新横浜ラーメン博物館店、ネクストレベル2012・つけダレ(1)  『頑者』新横浜ラーメン博物館店、ネクストレベル2012・極太麺(1)
販売期間:2012年6月2日(土)~6月30日(土)
販売価格:950円

頑者新横浜ラーメン博物館店
住所:神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-21
電話:045-471-0503(代表)『頑者』新横浜ラーメン博物館店、つけ麺・看板(館内掲示・2010年)
営業時間:最終入館時刻は21:00~23:00の間で変動
 平日:11:00~
 土日祝:10:30~
定休日:(年末年始等を除き)無休
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『頑者』新横浜ラーメン博物館店、ネクストレベル2012]の続きを読む
 東急田園都市線の駒沢大学駅から、徒歩で15分弱。
 せたが屋』(公式サイト)系列店の中でも味的な評価の高いラーメン店、中華そば ふくもり』(店舗案内ページ)
『ふくもり』店舗概観画像(2012年・1)
 この『ふくもり』といえば、スープの素材に「煮干」を大量使用していることで有名であり、また、その煮干ベースのつけダレに極太麺を絡ませて食べるつけ麺・メニュー、「つけぶと」が大人気。
 しかしながら、そのつけ麺に加え3種類のラーメン・メニュー「中華そば」のクオリティも高いことで知られております。

中華そば700円

『ふくもり』中華そば・700円(1)  『ふくもり』中華そば・700円(2)

 比較的に大きめの丼で提供される、「中華そば」。
 モチモチとした食感の中太麺に、トッピング類はナルト・海苔・刻みネギ・メンマ・チャーシューとシンプルな構成。
 味付は醤油で、他の中華そばメニューと比べ、スープの煮干使用量は控えめ
 そのシンプルな概観と、どこか懐かしい味を象徴するかのように、このメニューは“ラーメン”ではなく“中華そば”と名付けられているようです。

中華そば ふくもり
住所:東京都世田谷区野沢4-9-18
電話:03-3410-0081『ふくもり』営業時間案内
営業時間
 昼11:30~15:00/夜18:00~24:00
定休日:(原則)無休
駐車場:近隣のコインパーキング利用
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『中華そば ふくもり』中華そば700円]の続きを読む
 地下鉄・有楽町線の東池袋駅から徒歩で2~3分、JR池袋駅の東口からでは10分ほどで到着可能。
 「東京にこの店あり」とされた“昭和の名店”、東池袋大勝軒』(リンク先:公式サイト)
『東池袋大勝軒』店舗概観画像(2012年)
 2000年代に入ってからの“つけ麺ブーム”により、“つけ麺・元祖の店”としてまつりあげられた感の強い『東池袋大勝軒』ですが、昭和の時代に高い評価を得ていたのは、つけ麺(特製もりそば)よりはむしろ、ラーメン(中華そば)の方であったように記憶しております。

中華そば700円

『東池袋大勝軒』中華そば・700円(1)  『東池袋大勝軒』中華そば・700円(2)

 ラーメンの歴史を紐解くと、おおよそ70年代までが塩・醤油・味噌といった「タレ(味付)の時代」。
 続いて80年代の半ば頃より、博多長浜ラーメンに代表されるような「スープの時代」へと突入し、90年代の終わりには動物系と魚介系素材を併せた“Wスープ”も登場。
 そして、2000年代のつけ麺ブームを通じ、小麦の品種選びや形状にもこだわった「自家製麺の時代」へ。
 こういった時代の流れとは関係なく、味付・スープ・麺にこだわったラーメンを提供していたのが、“昭和の名店”とされたラーメン屋群。
 『東池袋大勝軒』も、そういった必須事項はモチロンのこと、とりわけ昭和においては重要事項でもあった「量が多い」という面では、群を抜いていたものでした。

東池袋大勝軒
住所:東京都豊島区南池袋2-42-8
電話:03-3981-9360『東池袋大勝軒』営業時間案内(2012年)
営業時間:スープなくなり次第終了
 11:00~22:30
定休日:無休
駐車場:無し(近隣のコインパーキング利用)
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『東池袋大勝軒』本店、中華そば]の続きを読む
 新横浜駅から徒歩5分、フードアミューズメントパーク新横浜ラーメン博物館』(公式サイト)に出店しております、つけ麺の専門店頑者新横浜ラーメン博物館店
『頑者』新横浜ラーメン博物館店、店舗概観画像(2012年・2)
 『ラー博』内の『頑者』が取り扱うメニューは、味付の異なる「つけ麺」が2種類に、おおよそ月替わりで販売されている「限定メニュー」。
 今回食べましたのは、『ラー博』店舗の開店当初からレギュラーメニューとなっている「辛つけ麺」と、つけ麺業界としては珍しい、細麺の「替玉」です。

辛つけめん替玉」(950円150円

『頑者』新横浜ラーメン博物館店、辛つけめん・950円
『頑者』新横浜ラーメン博物館店、辛つけめん・つけダレ(1)   『頑者』新横浜ラーメン博物館店、辛つけめん・太麺(1)
『頑者』新横浜ラーメン博物館店、替玉・細麺(1)

頑者新横浜ラーメン博物館店
住所:神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-21
電話:045-471-0503(代表)『頑者』新横浜ラーメン博物館店、つけ麺・看板(館内掲示・2010年)
営業時間:最終入館時刻は21:00~23:00の間で変動
 平日:11:00~
 土日祝:10:30~
定休日:(年末年始等を除き)無休
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『頑者』新横浜ラーメン博物館店、辛つけめん&替玉]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。