メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

ブログ説明
■このブログでは、『品達』や『新横浜ラーメン博物館』などの集合施設を中心とした「ラーメン店の紹介」と、デパ地下や駅ナカ施設などで購入した「お持ち帰り商品」を記事にしております。

ブログ記事作成に関し、テレビや雑誌、あるいはインターネット情報を参考にすることなく“独自情報”を元に記述することが多いので、その点はご了承くださるようにお願い致します。

ブログ閲覧に当たっては、左右のサイドバーに設置された「検索」「カテゴリー」「タグクラウド」「全記事表示」の機能などを活用して、必要とする記事をお読みください。
当ブログにおける最も有効な検索方法は、右サイドバー上部に設置した検索ボックスより「ブログ内検索」を行うことです

なお、閲覧に際し「Internet Explorer、Firefox、Opera」のいずれかのブラウザをお使いの方は、ブログ上のリンクにマウスポインタを重ねることで、「リンク先の確認」が可能です(不要な方は、ウィンドウ下部の「×ボタン」で閉じてください)。

画像はクリックすることで拡大表示されます。
但し、当ブログ内の画像を許可なく他サイトへ転用するなどの「二次使用は厳禁」とさせていただきます。

■コメント、トラックバックはご自由に(コメント・トラバ承認制。でも「スパム行為」はやめて下さいね)。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 JR土讃線・須崎駅から徒歩で20分弱。
 県道388号線(旧国道56号線)沿いで営業する、“鍋焼きラーメン専門店”『まゆみの店』。
『まゆみの店』@高知県須崎市、店舗概観画像(2011年)
 平成14年(2002年)より高知県須崎市の“町おこし企画”として大々的にPRを開始した「鍋焼きラーメンプロジェクトX」(リンク先:須崎商工会議所)
 当時の“ご当地ラーメンのメッカ”とも言えた『新横浜ラーメン博物館』も協力する中、お好み焼き専門店”から“鍋焼きラーメン専門店”へとシフトチェンジさせたのが、今回紹介する『まゆみの店
 今現在の『まゆみの店』は、近隣で営業(徒歩で3分程度)する『橋本食堂』に続く鍋焼きラーメンの専門店として、広く認知。
 『橋本食堂』にはない「日曜・祝日営業」や「夜営業」を行う他、従来は醤油ラーメンのみであった鍋焼きラーメンに「塩ラーメン」「カレーラーメン」「キムチラーメン」といった味のバリエーションを加えるなど、“次世代型・鍋焼きラーメン専門店”として営業中。

 そんな『まゆみの店』で今回食べましたメニューは、ライスが無料でセットとなる“変り種メニュー”の一つ、「カレー鍋焼きラーメン」です。
『まゆみの店』@高知県須崎市、カレー鍋焼きラーメンセット・900円(2011年)
『まゆみの店』@高知県須崎市、カレー鍋焼きラーメン(1)   『まゆみの店』@高知県須崎市、カレー鍋焼きラーメンセット・ライス(2011年)

まゆみの店
住所:高知県須崎市栄町10-14
電話:0889-42-9026『まゆみの店』@高知県須崎市、営業時間と定休日案内(2011年)
営業時間:11:00~21:00
 火曜日のみ11:00~17:00
定休日:水曜日(祝日の場合は営業)
駐車場:10台
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『まゆみの店』@高知県須崎市、カレー鍋焼きラーメン]の続きを読む
スポンサーサイト
 JR土讃線・須崎駅から徒歩で約15分。
 高知県須崎市内で古くから“鍋焼きラーメン専門店”として名を馳せる、『橋本食堂』。
『橋本食堂』店舗概観画像(2011年)
 「鍋焼きラーメン」とは、鶏ガラでダシをとったスープに親鶏・ちくわ・ネギ・生卵のトッピング、それにカタメに茹で上げた麺をホーローなどの“”で提供する、高知県須崎市特有の“ご当地ラーメン”。
 その鍋焼きラーメンは戦後の混乱期である昭和20年代に営業を開始した『谷口食堂』(昭和55年閉店)を発祥の店とし、昭和の時代を通じて、鍋焼きラーメンを取り扱うお店の数は飛躍的に増加。
 そして平成14年(2002年)、当時の“ご当地ラーメン・ブーム”の波に乗り遅れまいと須崎市内で大々的なPR活動(「鍋焼きラーメンプロジェクトX)を開始。
 その結果、「鍋焼きラーメン」の名は広く知られるようになり、須崎市の活性化に大変に寄与しているそうなのです。

 今回のエントリでは、昭和50年代から営業しているという老舗店舗『橋本食堂』で食べました鍋焼きラーメンをご紹介。

なべ焼ラーメンごはん」(525円105円

『橋本食堂』鍋焼きラーメン&ごはん・630円(2011年)
『橋本食堂』小ごはん・105円(2011年)   『橋本食堂』鍋焼きラーメン・525円(2011年・1)

橋本食堂
住所:高知県須崎市横町4-19
電話:0889-42-2201『橋本食堂』営業時間案内(店内掲示・2011年)
営業時間:11:00~15:00
定休日:日曜・祝日
駐車場:2ヶ所・12台
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『橋本食堂』@高知県須崎市、鍋焼きラーメン]の続きを読む
 JR高知駅の北口出口付近で営業する、焼きたてパン手作りサンドイッチを販売する店Willie Winkie』(ウイリー・ウインキー:公式サイト)
『ウイリーウインキー』高知店、店舗概観画像(2011年)  『ウイリーウインキー』高知店、アンパンマン看板画像(2011年)
 「JR四国」が運営するこの焼き立てパンの店は、四国各県の主要駅構内にお店を展開。
 数ある提供メニューの中でも最も人気の高いのが、平成12年(2000年)より販売されている子供に人気のキャラクター「アンパンマン」を模したパン製品。

しょくぱんまん200円

『ウイリーウインキー』高知店、しょくぱんまん・200円(2011年・1)  『ウイリーウインキー』高知店、しょくぱんまん・200円(2011年・2)

 販売されているのは「アンパンマン」の他、その仲間である「しょくぱんまん」「カレーパンマン」「おむすびまん」「クリームパンダ」の計5種類。
 今回購入したしょくぱんまん」は「イチゴジャムをはさんだフレンチトースト
 目・鼻・口はチョコレートで、頬(ほっぺた)の部分はビスケット生地で作られているという、見た目もカワイイほんのりと甘い商品。
 「アンパンマン・パン」は単品で各200円、全5種類の入った「アンパンマン・ボックス」(専用ケース入り:1000円)も販売されておりますよ。

ウイリーウインキー高知店
住所:高知県高知市栄田町2-1-10 JR高知駅構内
電話:088-871-3218『ウイリーウインキー』高知店、営業時間案内(2011年)
営業時間:6:00~19:30
定休日:無休
イートインスペース:32席(喫煙席アリ)
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『ウイリーウインキー』高知店、しょくぱんまん&モーニングセット]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。