メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

ブログ説明
■このブログでは、『品達』や『新横浜ラーメン博物館』などの集合施設を中心とした「ラーメン店の紹介」と、デパ地下や駅ナカ施設などで購入した「お持ち帰り商品」を記事にしております。

ブログ記事作成に関し、テレビや雑誌、あるいはインターネット情報を参考にすることなく“独自情報”を元に記述することが多いので、その点はご了承くださるようにお願い致します。

ブログ閲覧に当たっては、左右のサイドバーに設置された「検索」「カテゴリー」「タグクラウド」「全記事表示」の機能などを活用して、必要とする記事をお読みください。
当ブログにおける最も有効な検索方法は、右サイドバー上部に設置した検索ボックスより「ブログ内検索」を行うことです

なお、閲覧に際し「Internet Explorer、Firefox、Opera」のいずれかのブラウザをお使いの方は、ブログ上のリンクにマウスポインタを重ねることで、「リンク先の確認」が可能です(不要な方は、ウィンドウ下部の「×ボタン」で閉じてください)。

画像はクリックすることで拡大表示されます。
但し、当ブログ内の画像を許可なく他サイトへ転用するなどの「二次使用は厳禁」とさせていただきます。

■コメント、トラックバックはご自由に(コメント・トラバ承認制。でも「スパム行為」はやめて下さいね)。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 JR予讃線・鴨川駅から徒歩で20分弱。
 90年代より始まった“讃岐うどんブーム”を牽引した店の一つ、蒲生がもううどん』(公式サイト)
『がもううどん』店舗概観画像
 香川県の観光スポットの一つ「五色台」(ごしきだい)の麓で営業する『がもううどん』の特徴といえば、何と言っても「提供価格の安さ」。
 しかしながら、その「味への評価」も非常に高く、うどんの“喉越し”や“ダシの深み”は一級品との評価。
 決して利便性の良い立地ではないものの、今日も「田園地帯に突如として現れる“大行列”」が形成されていることでしょう。

 今回紹介するメニューは「かけうどん」。
 麺とダシの温度を変えつつ、「温泉玉子」と「あげ」(油揚げ)をトッピングしちゃいましたよ。

『がもううどん』かけうどん&温泉玉子、210円(1)  『がもううどん』ひやかけ&あげ、210円(1)

蒲生がもううどん
住所:香川県坂出市加茂町420-3
電話:0877-48-0409『がもううどん』営業時間と定休日
営業時間:麺切れ終了
 平日:8:30頃~14:00頃
 土曜・祝日:8:30頃~13:00頃
定休日:日曜日・第3月曜日・体育の日
駐車場:50台以上
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.』『讃岐うどん遍路

[『蒲生(がもう)うどん』@香川県、温泉玉子&油揚げ]の続きを読む
スポンサーサイト
 徳島県・高知県・愛媛県・香川県と、四国の四県すべてに配置された88のお寺、「四国八十八ヶ所」。
 その、四国八十八ヶ所の最後のお寺「大窪寺」(おおくぼじ:四国霊場会・札所案内)の山門前で営業するうどん店、八十八庵』(やそばあん:公式サイト)
『八十八庵』店舗概観画像(2011年・1)
 『八十八庵』が営業するのは、ほぼ香川県と徳島県の県境に位置する“山の上”ということでアクセス的には大変に不便な場所ではありますが、目の前には四国は言うに及ばず全国的レベルでの“名刹”「大窪寺」があることから、年間を通してお遍路さんだけでなく観光客の方々も集い、大いに賑わっております。

 そのような場所で営業する『八十八庵』は、単なる“土産物店”の域を超え、香川県内でもそれなりの評価を得る“うどん店”として営業中。
 今回は『八十八庵』の“看板メニュー”として名高い、「打ち込みうどん」を食べてまいりましたよ。

打ち込みうどんおむすび」(800円350円

『八十八庵』打ち込みうどん&おにぎり(2011年)
『八十八庵』おにぎり・350円(1)  『八十八庵』打ち込みうどん・800円(1)

八十八庵やそばあん
住所:香川県さぬき市多和兼割93-1
電話番号:0879-56-2160『八十八庵』打ち込みうどん・商品説明
営業時間:8:00~17:00
定休日:年中無休
駐車場:50台以上
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.』『讃岐うどん遍路

[『八十八庵』@香川県さぬき市、打ち込みうどん]の続きを読む
 琴平電鉄・志度線の「房前駅」(ふさざきえき)から、徒歩で5分ほど。
 瀬戸内海に面する国道11号線の香川県さぬき市と高松市の境界線近くで営業しております、“セルフ形式”の讃岐うどん店大谷製麺所』。
『大谷製麺所』@牟礼町、店舗概観画像(2011年)
 この『大谷製麺所』という店は、讃岐うどんの食べ歩きには欠かすことの出来ない『ガイドブック』などにはあまり掲載されていないようなのですが、今から10年ほど前までは高松市の中心地に近い場所(観光通り)で営業していたという、三代続く“老舗の讃岐うどん店”。
 「かけ」「醤油」「ぶっかけ」「釜揚げ」「湯だめ」「ざる」といった、あらゆる提供形式のうどんを網羅し、しかも、それらのメニューへの評価はいずれも高く、お店の駐車場はいつも満杯状態という盛況ぶり。

 そんな『大谷製麺所』で今回注文したメニューは、基本の「かけうどん」。
 天ぷらメニューの中からは、大きな「ごぼうの天ぷら」と一緒に、人気の「コロッケ」も注文しちゃいましたよ。
『大谷製麺所』@牟礼町、かけうどん&天ぷら(2011年)
『大谷製麺所』@牟礼町、ごぼう天&コロッケ(1)   『大谷製麺所』@牟礼町、かけうどん・大・280円(1)

大谷製麺所
住所:香川県高松市牟礼町原551-1『大谷製麺所』@牟礼町、店舗看板画像(2011年)
電話:087-845-0967
営業時間:11:00~16:30
定休日:(原則)無休
駐車場:15台
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『大谷製麺所』@香川県・牟礼町、かけうどん&コロッケ]の続きを読む
 JR高徳線・神前(かんざき)駅から、徒歩で15分ほど。
 香川県さぬき市の“寒川地区”において、旬の食材を使用した「天ぷら」が人気のうどん店、麺処 まはろ』(公式サイト)
『麺処 まはろ』@香川県さぬき市、店舗概観画像(2011年)
 『店名』にある「まはろ」とは、ハワイ語で「ありがとう」を意味する“mahalo”に由来するのだとか。
 この店は製麺所でもセルフ店でもない“一般のうどん店”ということで、『店名』通りのもてなしの精神にあふれた“好感接客”が受けられるようです。

 今回、『まはろ』で食べたのは、海老の天ぷらが数多くのせられた“海老祭り”と命名されたメニュー。
 うどんの“コシ”が堪能できる「ぶっかけ」を注文してみましたよ。

海老祭りぶっかけ680円

『麺処 まはろ』@香川県さぬき市、海老祭りぶっかけ・680円(1)
『麺処 まはろ』@香川県さぬき市、海老祭りぶっかけ・680円(2)  『麺処 まはろ』@香川県さぬき市、海老祭りぶっかけ・680円(3)

麺処 まはろ』 
住所:香川県さぬき市寒川町神前3970
電話番号0879-23-2668『麺処 まはろ』@香川県さぬき市、営業時間と定休日(2011年)
営業時間:麺切れ終了
 平日11:00~15:00
 土・日・祝日10:30~15:00/16:45~19:00
定休日:(原則)年中無休
駐車場:20台程度
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.』『讃岐うどん遍路

[『麺処 まはろ』@香川県さぬき市、海老祭りうどん]の続きを読む
 JR高松駅から徒歩で約15分。
 高松中央通りを栗林公園方面へと進んだ中央三井信託銀行の裏手、銀行と高松市美術館に挟まれるような場所で営業する、往時には“讃岐うどん屈指の名店”とされていたかな泉』(かないずみ:公式サイト)紺屋町店
『かな泉』紺屋町店、店舗概観画像(2011年)
 紺屋町の『かな泉』は、高松市の南北を結ぶメインストリートの近くにあり、さらには琴電・片原町駅から7~8分、瓦町駅からでも徒歩10分程度で到着可能な場所で営業しているとあって、昼時を中心に大変に賑わっている模様。
 かつての『かな泉』には、県外のお客さんが集う“高級店”というイメージがあったようですが、現在“本店扱い”されている紺屋町店は“セルフ形式の讃岐うどん店”となっておりますから、比較的に低価格で「うどん」や「天ぷら」を食べることが可能となっております。

  そんな『かな泉』で今回食べましたのは、基本メニューの「かけうどん」、それにゲソとエビの「天ぷら」でございます。

『かな泉』紺屋町店、かけうどん&天ぷら(2011年)
『かな泉』紺屋町店、ゲソ天&海老天(2011年・1)   『かな泉』紺屋町店、かけうどん・180円(2011年・1)

かな泉紺屋町店
住所:香川県高松市紺屋町9-3
電話:087-822-0123『かな泉』紺屋町店、営業時間と定休日(2011年)
営業時間:9:30~17:00
定休日:(年末年始を除き)無休
駐車場:無し(近隣のコインパーキング利用)
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.』『讃岐うどん遍路

[『かな泉』紺屋町店、かけうどん]の続きを読む
 JR予讃線・国分駅から徒歩で3分程度。
 香川県高松市から善通寺市を結ぶ県道33号線沿いで営業する、セルフ形式讃岐うどん店、『手打うどん 山下』。
『手打うどん 山下』@国分寺町、店舗概観画像(2011年)
  2006年の市町村合併により“高松市”へと編入された香川県の「国分寺町」は、周辺に讃岐うどん屈指の名店が集う坂出市や丸亀市、それに綾歌郡などに囲まれ少々目立たぬ場所ですが、“うどん通”によれば古くから営業する“穴場的存在の店”がいくつかあるとの情報。
 今回紹介する『山下うどん』も、地元の方からの支持の高い、穴場的なお店の一つに数えられるそうです。

 そんな『山下うどん』で、「(うどん)“コシ”を堪能したければコレ」といって勧められたメニュー、豪快なトッピングの「冷しぶっかけうどん」を食べてきましたよ。

ぶっかけ冷うどん金時豆天」(270円90円

『手打うどん 山下』@国分寺町、ぶっかけ冷うどん&金時豆天(2011年)
『手打うどん 山下』@国分寺町、金時豆天・90円(2011年・1)   『手打うどん 山下』@国分寺町、ぶっかけ冷うどん・270円(2011年・1)

手打うどん 山下
住所:香川県高松市国分寺町国分1033-2
電話:087-874-0143『手打うどん 山下』@国分寺町、店舗看板画像(2011年)
営業時間:11:00~15:00
定休日:日曜日(祝日は営業)
駐車場:20台
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.』『讃岐うどん遍路

[『手打うどん 山下』@香川県・国分寺町、ぶっかけ冷うどん]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。