メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

ブログ説明
■このブログでは、『品達』や『新横浜ラーメン博物館』などの集合施設を中心とした「ラーメン店の紹介」と、デパ地下や駅ナカ施設などで購入した「お持ち帰り商品」を記事にしております。

ブログ記事作成に関し、テレビや雑誌、あるいはインターネット情報を参考にすることなく“独自情報”を元に記述することが多いので、その点はご了承くださるようにお願い致します。

ブログ閲覧に当たっては、左右のサイドバーに設置された「検索」「カテゴリー」「タグクラウド」「全記事表示」の機能などを活用して、必要とする記事をお読みください。
当ブログにおける最も有効な検索方法は、右サイドバー上部に設置した検索ボックスより「ブログ内検索」を行うことです

なお、閲覧に際し「Internet Explorer、Firefox、Opera」のいずれかのブラウザをお使いの方は、ブログ上のリンクにマウスポインタを重ねることで、「リンク先の確認」が可能です(不要な方は、ウィンドウ下部の「×ボタン」で閉じてください)。

画像はクリックすることで拡大表示されます。
但し、当ブログ内の画像を許可なく他サイトへ転用するなどの「二次使用は厳禁」とさせていただきます。

■コメント、トラックバックはご自由に(コメント・トラバ承認制。でも「スパム行為」はやめて下さいね)。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 化学調味料や着色料などの“無添加”を謳い、最近では衛生面や鮮度にもこだわって“寿司キャップ”の導入を開始したという、100円寿司のチェーン店『無添 くら寿司』(リンク先:公式サイト)
『くら寿司』品川駅前店、店舗概観画像(2012年)
 メディアへの広告を積極的に打ちまくり、今では全国規模で店舗数を拡大させている『くら寿司』が品川へと出店したのは、2004年頃。駅からも遠く、駐車場も無いというハンデを抱えながらも、“山の手線内唯一の店”という立地条件が功を奏したのか、現在では平日・休日を問わず数多くのお客さんに恵まれている模様。

 そんな『くら寿司』のワタクシの仲間内での利用法の一つは、「テイクアウト寿司」の活用がもっぱら。

まぐろづくし」&「炙りづくし

『くら寿司』品川駅前店、お持ち帰り寿司画像(1)
『くら寿司』品川駅前店、マグロづくし・525円   『くら寿司』品川駅前店、炙りづくし・525円
各税込525円

 画像左が、まぐろビントロ漬けまぐろネギまぐろ鉄火巻といった5種類のマグロ寿司がお持ち帰りで楽しめる、「まぐろづくし」。
 右側の画像が、寿司ネタにニンニク醤油やチーズを載せて炙り焼きにした、海老チーズチーズ豚カルビチーズサーモン海老ガーリック醤油豚ガーリック醤油を詰め合わせた「炙りづくし」。
 価格は共に、一折「500円」(税込525円)。
 デパ地下やスーパーマーケットよりも大変お安く持ち帰りで寿司が食べられるという算段ですが、何よりもその安さ”が最大の武器であり、“それ以上を求めるのは酷なハナシというものでしょう。

無添くら寿司品川駅前店
住所:東京都港区港南2-17-1京王品川ビル2F
電話:03-6718-5610(持ち帰り寿司の予約注文も可能)
『くら寿司』品川駅前店、営業時間と定休日(2012年)営業時間:入店は営業終了時刻の30分前まで
 平日11:00~23:00
 土日祝10:20~23:00
定休日:年中無休
駐車場:無し(近隣のコインパーキング利用)
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『無添くら寿司』品川駅前店、お持ち帰り寿司]の続きを読む
スポンサーサイト
 JR大井町駅の東口から、徒歩で3分弱。
 「東小路飲食店街」という目立たぬ場所で営業しております“デカ盛り洋食店”、『キッチン ブルドック』。
『キッチン ブルドック』店舗概観画像(2012年)
 『ブルドック』の看板には「大井一やすい」とは記されているものの、メインの揚げ物一品をご飯と味噌汁とのセットで注文すると、量が多いという利点を除けば「1000円超え」を余儀なくされるのが、いわば、この店の“ネック”でしょうか。
 しかしながら、開店から午後4時までの時間帯では、安価で食べられるセットメニュー「Aランチ」も販売されているのです。

メンチカツとエビフライ840円

『キッチン ブルドック』Aランチ・メンチカツとエビフライ(1)
『キッチン ブルドック』Aランチ・メンチカツとエビフライ(2)   『キッチン ブルドック』Aランチ・メンチカツとエビフライ(3)
ライス味噌汁

 この日の「Aランチ」は、この店の1番人気のメニューといえる「メンチカツ」に巨大な「エビフライ」が一尾。
 盛皿の方には山盛りのキャベツとポテトサラダ、これに大盛クラスのご飯と特製の味噌汁(豚汁)がセットになって、お値段840円
 通常の一品メニューで注文した際と比べ、揚げ物類はスケールダウンしてしまいますが、それでも『ブルドック』独自の味付とボリューム感は十分に堪能可能。
 なお、この「Aランチ」は“日替わりメニュー”となっておりますので、揚げ物類の組み合わせを自由に選べない点には、ご注意を。

キッチン ブルドック
住所:東京都品川区東大井5-4-13『キッチン ブルドック』電話番号
電話:03-3471-6709
営業時間:11:40~21:00
定休日:水曜・第3木曜
駐車場:無し
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『キッチン ブルドック』@大井町、Aランチ]の続きを読む
 東京モノレール羽田線・大井競馬場駅前から徒歩で4~5分。
 2009年にオープンしたショッピングモール『ウィラ大井』(リンク先:公式サイト)内のフードコートで営業しております、100円回転寿司店”『はま寿司』(リンク先:公式サイト)
『はま寿司』ウィラ大井店、店舗概観画像
 この『はま寿司』では通常一皿100円(税込105円)の寿司を、平日限定・一皿90円(税込94円)で提供中。
 また、かなりの高頻度で、特定の寿司ネタをフィーチャーした“フェアメニュー”も豊富。

黒まぐろ中とろ

『はま寿司』ウィラ大井店、黒まぐろ中とろ(1)
『はま寿司』ウィラ大井店、黒まぐろ中とろ(2)   『はま寿司』ウィラ大井店、黒まぐろ中とろ(3)

 2012年の5月24日から6月6日までのフェアメニューとなっているのが、「マグロ」「サーモン」「かんぱち」「ズワイガニ」といった寿司ネタ。
 写真の「黒マグロ中トロ」は、その希少性からか通常2貫で一皿のところ、一皿1貫にて提供。
 脂が乗った「トロ特有の甘み」はそれほど強くは感じられませんでしたが、このネタを使用して「一皿100円」、平日であれば90円で食べられるという点は、驚異的。

はま寿司ウィラ大井店
住所:東京都品川区勝島1-6-16ウィラ大井2F
『はま寿司』ウィラ大井店、持ち帰り寿司案内電話:03-5753-0301
営業時間:ラストオーダー各日21:30
 平日 11:00~22:00
 土日祝 10:30~22:00
定休日:不定休(『ウィラ大井』の休業日に準ずる)
駐車場:649台(30分無料)
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『はま寿司』ウィラ大井店、黒まぐろ中とろ]の続きを読む
 最寄り駅となるのは都営三田線・水道橋駅、JR水道橋駅の東口からでも徒歩3~4分で到着可能なセルフ形式の“讃岐うどん専門店”、讃岐うどん大使 水道橋麺通団』(公式サイト)
『水道橋麺通団』店舗概観画像(2011年8月)
 まだまだ暑い日々が続きそうな、この時期。
 讃岐うどんの本場である香川県でも、暑い夏に好んで食べられる“うどんメニュー”といえば、麺もダシも冷たい状態で提供される「冷やしかけうどん」。

ひやかけ400円

『水道橋麺通団』ひやかけ・中・400円(1)
『水道橋麺通団』ひやかけ・中・400円(2)  『水道橋麺通団』ひやかけ・中・400円(3)

 エッジの効いたコシの強いうどんに、しっかりとイリコの風味が感じ取れるダシが特徴的な、『麺通団』のひやかけ
 東京でよく見かけるセルフ形式の讃岐うどん店のモノとの違いは、讃岐うどんに欠かせぬ「イリコ出汁」の風味が強いコト。
 多少なりとも臭みの感じ取れるイリコは東京では敬遠されているのか、主に、都内の店舗では「カツオ」や「昆布」でダシがとられるケースが多いようです。
 ダシの濃度に“ブレ”こそ見られる『麺通団』ですが、都内では数少ない“讃岐うどんの基本”を押さえた店舗であるとして、評価しても良いでしょう。

讃岐うどん大使 水道橋麺通団
住所:東京都文京区本郷1-13-2『水道橋麺通団』営業時間と定休日(2011年)
電話:03-3818-8774
営業時間:11:00~23:00(ラストオーダー)
定休日:不定休
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『水道橋麺通団』ひやかけうどん]の続きを読む
 JR予讃線・伊予三島駅から徒歩で約5分、新町商店街の中ほどに店を構える昭和28年創業の老舗飲食店、『キング食堂』。
『キング食堂』@伊予三島、店舗概観画像(2011年・1)
 長らくの間「定休日以外は無休」という営業スタイルを貫いてきた『キング食堂』ですが、今年の初夏頃より、店主さんの都合により数ヶ月間の休業状態にあったとのコト。
 しかしながら、その休業期間中に店舗内の一部改装も行い、まもなく、営業を再開するとのコトです。
『キング食堂』日替わり定食・850円
『キング食堂』中華そば・480円   『キング食堂』オムライス・700円
 手頃な飲食店の数が少ない伊予三島駅周辺では、『キング食堂』の存在はとても貴重。
 それほど遠くない将来、あの“昭和の息吹”の感じられる定食やオムライスに中華そばが食べられる日を、楽しみに待つことといたしましょうか。

キング食堂
『キング食堂』店舗ガイド(店内掲示)住所:愛媛県四国中央市三島中央3-13-33
電話:0896-23-2498
営業時間:10:00~18:30
定休日:木曜日
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『キング食堂』@伊予三島、営業再開へ]の続きを読む
 JR水道橋駅の東口から徒歩で3~4分、セルフ形式の“讃岐うどん専門店”、讃岐うどん大使 水道橋麺通団』(公式サイト)
『水道橋麺通団』冷やしうどん・商品説明(店頭掲示)
 夏場になると誰もが“冷たいモノ”を欲するワケですが、ソレは「うどん」においても同じ。
 讃岐うどんにおける“冷やし”と言えば、“氷入りうどん”です。

冷やし450円

『水道橋麺通団』冷やしうどん・中・450円(1)
『水道橋麺通団』冷やしうどん・中・450円(2)  『水道橋麺通団』冷やしうどん・中・450円(3)

 「暑けりゃ氷で冷やせばイイ」と言わんばかりの、讃岐うどんにおける夏の風物詩、“氷入りうどん”。
 水で一度締めたうどんを氷水入りの器の中に入れ、つけダシ自体も冷やして提供しているのが、このメニュー。
 暑い夏の時期でもコシの強いうどんが、スルスルと喉を通り越して行くのを感じ取れます。
 氷水で冷やされたうどんの“冷え具合”は、こめかみがズキズキと痛くなる程ですよ。

讃岐うどん大使 水道橋麺通団(リンク先『30min.』店舗情報)
住所:東京都文京区本郷1-13-2『水道橋麺通団』営業時間と定休日(2011年)
電話:03-3818-8774
営業時間:
 11:00~23:00(ラストオーダー)
定休日:不定休

[『水道橋麺通団』冷やしうどん]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。