メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

ブログ説明
■このブログでは、『品達』や『新横浜ラーメン博物館』などの集合施設を中心とした「ラーメン店の紹介」と、デパ地下や駅ナカ施設などで購入した「お持ち帰り商品」を記事にしております。

ブログ記事作成に関し、テレビや雑誌、あるいはインターネット情報を参考にすることなく“独自情報”を元に記述することが多いので、その点はご了承くださるようにお願い致します。

ブログ閲覧に当たっては、左右のサイドバーに設置された「検索」「カテゴリー」「タグクラウド」「全記事表示」の機能などを活用して、必要とする記事をお読みください。
当ブログにおける最も有効な検索方法は、右サイドバー上部に設置した検索ボックスより「ブログ内検索」を行うことです

なお、閲覧に際し「Internet Explorer、Firefox、Opera」のいずれかのブラウザをお使いの方は、ブログ上のリンクにマウスポインタを重ねることで、「リンク先の確認」が可能です(不要な方は、ウィンドウ下部の「×ボタン」で閉じてください)。

画像はクリックすることで拡大表示されます。
但し、当ブログ内の画像を許可なく他サイトへ転用するなどの「二次使用は厳禁」とさせていただきます。

■コメント、トラックバックはご自由に(コメント・トラバ承認制。でも「スパム行為」はやめて下さいね)。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 日本国独立の礎を築かれた、明治天皇と昭憲皇太后をお祀りする神社、明治神宮』(公式サイト)
『明治神宮』
 初詣において日本一の参拝者数を集める以外にも、都内有数の自然が残される“神域”は、国内外の多くの方々を魅了してやまないようです。
 また、今年度は明治天皇が崩御されるとともに、乃木希典大将が殉死されてから100年目にもあたり、例年にも増して参拝者数の増加が見込まれます。

 そんな『明治神宮』に関してあまり知られていないのは、「飲食施設の存在」。
 参道や神域での飲食は禁止されておりますが、敷地内には飲食および喫煙可能な場所もございまして、その一つが「明治神宮文化館」。
 1階は休憩所やレストランに売店、2階は明治天皇に関する宝物展示室を備えた「明治文化会館」にて、例によって例のごとく、「ラーメン」を貪り食ってきましたよw
「明治神宮文化館」軽食コーナー画像(1)  「明治神宮文化館」醤油ラーメン・600円(1)

明治神宮文化館軽食コーナー
住所:東京都渋谷区代々木神園町1-1(明治神宮内)
電話:03-3379-9222(明治神宮文化館)「明治神宮文化館」軽食コーナー・営業時間案内
営業時間:8:30~明治神宮・閉門時間まで(参考リンク:年間の開閉門時間
 麺類9:30~/ご飯類10:00~
定休日:(原則)無休
駐車場:有り
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[「明治神宮文化館」醤油ラーメン]の続きを読む
スポンサーサイト
 ラーメンと丼専門店の集合施設『品達』(公式サイト)内で最も集客力の高い店、伝説のすた丼屋品川店
『伝説のすた丼屋』品川店、店舗概観画像(2012年7月)
 『すた丼』は“ラーメン屋”から出発したこともあり、お馴染みとなったニンニク風味の「すた丼」が有名となった後も、一部の店舗では細々とラーメンの提供を継続。そういった事情を反映したレポートが、2009年に執筆した『秋葉原店』におけるラーメンの記事
 その2009年をターニングポイントに、『すた丼』は全国規模での店舗拡大に着手。そこでは、これまで店舗限定メニューであったラーメンをレギュラーメニューとして組み込むようになり、今では、多くの店で醤油・塩・味噌の3種類のラーメンを提供するように。

 そして、そんな流れの中でラーメンの提供を行わずにいた『品川店』でも、遂に、今年に入ってからラーメンの提供を開始。
 今回のエントリでは、単品価格550円の「醤油ラーメン」、それと、すた丼・サラダと一緒に食べられる「醤油ラーメンセット」も紹介いたしましょう。

醤油ラーメン550円

『伝説のすた丼屋』品川店、醤油ラーメン・550円(1)
『伝説のすた丼屋』品川店、醤油ラーメン・550円(2)   『伝説のすた丼屋』品川店、醤油ラーメン・中太麺(1)

伝説のすた丼屋品川店
住所:東京都港区高輪3-26-21 品達どんぶり内
電話:03-5793-8060『伝説のすた丼屋』品川店、営業時間案内(2012年)
営業時間:11:00~24:00
定休日:元日を除き(原則)無休
テイクアウト:可能(電話予約可)
駐車場:近隣のコインパーキング利用
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『伝説のすた丼屋』品川店、醤油ラーメン]の続きを読む
 JR川崎駅から徒歩で1分弱、ショッピングモールラゾーナ川崎プラザ』(リンク先:公式サイト)の1階ダイニング・セレクション内で営業しております、札幌味噌ラーメン専門店”『すみれ』(公式サイト)

 『すみれ』と言えば、開業当初の『新横浜ラーメン博物館』への出店を果たし、“濃厚味噌ラーメンの店”との称号を得たことで有名。
 その規格外ともいえる味付や油濃度の濃さは、ここ『ラゾーナ川崎プラザ』でも変わらず。
 しかしながら、“ラーメン・マニア”よりも“一般人”が集うショッピングモールで、そういった濃厚系ラーメンが提供されることには、賛否両論ある模様。
 そんな、“濃厚慣れ”していない方々にこそオススメのメニューが、「昔風ラーメン」。

昔風ラーメン900円

『すみれ』ラゾーナ川崎店、昔風ラーメン・900円(1)
『すみれ』ラゾーナ川崎店、昔風ラーメン・900円(2)   『すみれ』ラゾーナ川崎店、昔風ラーメン・900円(3)

 この昔風ラーメンを一言で説明すれば、それは「あっさり醤油味のラーメン」。
 『すみれ』の礎となった『純連』で昔から提供されてきたメニューというわけではなく、むしろ、この店特有の“濃厚さや油っぽさを苦手とする人向けのメニュー”。
 それゆえに、スープ濃度も味付も控えめで、トッピングを含めた見た目も“昔懐かしの中華そば”に仕上がっているのです。

すみれラゾーナ川崎店
住所:神奈川県川崎市幸区堀川町72-1 ラゾーナ川崎プラザ1Fダイニング・セレクション
電話:044-874-8051『すみれ』ラゾーナ川崎プラザ店、営業時間案内
営業時間:11:00~22:00
  ラストオーダー21:30
定休日:不定休(ラゾーナ川崎プラザに準ずる)
駐車場:施設専用駐車場有り(お買い物総額に応じ無料)
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『すみれ』ラゾーナ川崎店、昔風ラーメン]の続きを読む
 JR新横浜駅から徒歩で5分ほど、新横浜ラーメン博物館』(公式サイト)へは“ご当人ラーメン”というカテゴリで出店しております、佐野実氏の支那そばや新横浜ラーメン博物館店
『支那そばや』新横浜ラーメン博物館店、佐野実の横浜サンマーメン・掲示(1)
 高級食材を使用した限定ラーメンが“ウリ”となる佐野氏のお店ですが、昨年の“節電ラーメン”で販売を開始し、今ではレギュラーメニューとなっているのが、「サンマーメン」(サンマー麺)。
 神奈川県の横浜市が発祥とされるサンマーメンですが、全国的には、その知名度はまだまだ低いもの。
 そんなサンマーメンを全国へ“布教”するべく、佐野氏自身の『支那そばや』の開店25周年に絡め、こだわり食材のラーメンが販売されておりますよ。

佐野実の横浜サンマーメン(リンク先:『ラー博』サイト)

『支那そばや』新横浜ラーメン博物館店、佐野実の横浜サンマーメン・950円(1)  『支那そばや』新横浜ラーメン博物館店、佐野実の横浜サンマーメン・950円(2)
新横浜ラーメン博物館店限定950円

支那そばや新横浜ラーメン博物館店
住所:神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-21
電話:045-471-0503(代表)『支那そばや』新横浜ラーメン博物館店、ラーメン画像(館内掲示・2010年)
営業時間:最終入館時刻は変動あり(リンク先:営業時間案内)
 平日:11:00~/土日祝:10:30~
定休日:無休
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『支那そばや』佐野実の横浜サンマーメン]の続きを読む
 新横浜駅から徒歩で5分ほど。
 今年度は年末年始も休まず営業を続けるという新横浜ラーメン博物館』(公式サイト)へは“ご当人ラーメン”というカテゴリで出店しております、佐野実氏の支那そばや新横浜ラーメン博物館店
『支那そばや』新横浜ラーメン博物館店、店舗概観画像(2011年12月)
 過去10数年来、テレビ番組への出演を繰り返すことで全国的な知名度を得た『支那そばや』店主である佐野氏は、同時に、その知名度を生かすことでのみ可能となる、通常では入手することの困難な“食材の仕入れルート”をも確立。
 そのような佐野氏のネットワークを反映し、他のラーメン店では真似ることの出来ない“高級食材を使用したラーメン”を提供できるのが、『支那そばや』最大の強み。

 今回、『ラー博』の佐野氏の店で食べましたメニューは「特上チャーシューメン」。
 そのチャーシューには、中華料理における高級食材「金華ハム」の原料となっております、「金華豚」(きんかとん)を使用。
 お値段はたったの、
1550円。

金華豚特上チャーシューメン1550円

『支那そばや』金華豚特上チャーシューメン・1550円(1)  『支那そばや』金華豚特上チャーシューメン・1550円(2)

支那そばや新横浜ラーメン博物館店
住所:神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-21
電話:045-471-0503(代表)『支那そばや』新横浜ラーメン博物館店、ラーメン画像(館内掲示・2010年)
営業時間:最終入館時刻は変動あり(リンク先:営業時間案内)
 平日:11:00~/土日祝:10:30~
定休日:(2011年度は年末年始も)無休
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『支那そばや』新横浜ラーメン博物館店、金華豚特上チャーシューメン]の続きを読む
 JR川崎駅・西口へ直結しているラゾーナ川崎プラザ』(リンク先:公式サイト)の1階ダイニング・セレクションで営業中の、味噌ラーメン専門店”『すみれラゾーナ川崎店(ショップガイド)

 “札幌ラーメン”をメジャーな地位に押し上げた『すみれ』と言えば、誰もが思い浮かべるのが濃厚この上ない「味噌ラーメン」ですが、以前に紹介した「塩ラーメン」、そして、今回紹介する「醤油ラーメン」もレギュラーメニューとして提供中。

醤油ラーメン900円

『すみれ』ラゾーナ川崎店、醤油ラーメン・900円(2011年・1)
『すみれ』ラゾーナ川崎店、醤油ラーメン・900円(2011年・2)  『すみれ』ラゾーナ川崎店、醤油ラーメン・中太縮れ麺(2011年)

 喧騒渦巻くセルフ形式のフードコート内で営業しているということで、あまり高い評価を得られていない『ラゾーナ川崎』の店舗ですが、そんな中でも『すみれ』の提供するラーメンは、麺・スープ・トッピング共に通常店舗に引けをとらぬような“本格仕様”。
 特注のプリプリとした食感の中太麺に、動物系と魚介系素材のバランスが取れた旨みの強いスープ、サイズも大きくクォリティも高いトッピング類
 そして何よりも、寒冷地である“札幌仕様”の濃い目の味付とスープが冷めるのを防ぐ液体油の厚い層が、特徴的なラーメンとなっております。

すみれラゾーナ川崎店
住所:神奈川県川崎市幸区堀川町72-1 ラゾーナ川崎プラザ1Fダイニング・セレクション
電話:044-874-8051『ラゾーナ川崎』ダイニング・セレクション営業時間案内
営業時間:11:00~22:00
  ラストオーダー21:30
定休日:不定休(ラゾーナ川崎プラザに準ずる)
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『すみれ』ラゾーナ川崎店、醤油ラーメン]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。