メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

ブログ説明
■このブログでは、『品達』や『新横浜ラーメン博物館』などの集合施設を中心とした「ラーメン店の紹介」と、デパ地下や駅ナカ施設などで購入した「お持ち帰り商品」を記事にしております。

ブログ記事作成に関し、テレビや雑誌、あるいはインターネット情報を参考にすることなく“独自情報”を元に記述することが多いので、その点はご了承くださるようにお願い致します。

ブログ閲覧に当たっては、左右のサイドバーに設置された「検索」「カテゴリー」「タグクラウド」「全記事表示」の機能などを活用して、必要とする記事をお読みください。
当ブログにおける最も有効な検索方法は、右サイドバー上部に設置した検索ボックスより「ブログ内検索」を行うことです

なお、閲覧に際し「Internet Explorer、Firefox、Opera」のいずれかのブラウザをお使いの方は、ブログ上のリンクにマウスポインタを重ねることで、「リンク先の確認」が可能です(不要な方は、ウィンドウ下部の「×ボタン」で閉じてください)。

画像はクリックすることで拡大表示されます。
但し、当ブログ内の画像を許可なく他サイトへ転用するなどの「二次使用は厳禁」とさせていただきます。

■コメント、トラックバックはご自由に(コメント・トラバ承認制。でも「スパム行為」はやめて下さいね)。

 JR大井町駅の東口から徒歩で2分ほど。
 外食産業『ハイデイ日高』プロデュースの低価格ラーメンのチェーン店、熱烈中華食堂日高屋』(リンク先:公式サイト)
『日高屋』阪急大井町ガーデン店、店舗概観画像(1)
 『日高屋』と言えば、今や、ラーメン税抜き290円の『幸楽苑』(公式サイト)と共に関東圏における“ラーメン系外食産業店舗”の代表格。駅前を中心とした好立地に次々と出店、不況下の中“低価格路線”を貫き、多くの利用者を集めているお店。

 そんな『日高屋』が数年前より販売を開始したメニューの一つが、「汁なしラーメン」。
 メニュー名からも推測されますように、それは“スープのないラーメン”であり、東京の一部地域では古くから「油そば」と呼ばれていたメニューでもあります。

汁なしラーメン」(油そば540円

『日高屋』阪急大井町ガーデン店、汁なしラーメン・540円
『日高屋』阪急大井町ガーデン店、汁なしラーメン・温泉玉子(1)  『日高屋』阪急大井町ガーデン店、汁なしラーメン(1)

 その「油そば」は90年代後半のラーメンブームを通じて全国へとその名が知られるようになり、2000年代後半には「まぜそば」と言い換えられ、少なからずのラーメン店のメニューに取り入れられるなどして“プチブーム化”。
 その後、そういったスープのないラーメンは個人経営のラーメン専門店だけでなく、今回紹介する『日高屋』のような外食産業でも提供されるに至るのです。

日高屋阪急大井町ガーデン店
住所:東京都品川区大井1-50-5 阪急百貨店大井食品館1F
電話:03-5709-7703『日高屋』阪急大井町ガーデン店、営業時間と定休日
営業時間:24時間営業
定休日:年中無休
駐車場:無し
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『日高屋』阪急大井町ガーデン店、汁なしラーメン(油そば)]の続きを読む
 2012年の10月26日から11月4日まで、東京の駒沢オリンピック公園にて開催されておりました、東京ラーメンショー』(リンク先:公式サイト)
 今年度は、その10日ほど前まで開催されていた大つけ麺博』(リンク先:公式サイト)の方に有名ラーメン店がこぞって出店。その兼ね合いからか『東京ラーメンショー』の方には有名店の出店は数少なく、それを補うべく“ご当地ラーメンイベント”として開催。

 そんなご当地ラーメンの徳島県代表として、10月31日から11月4日まで出店していたのが、当ブログで生温く見守り続けたラーメン東大』(リンク先:公式サイト)
『ラーメン東大』@東京ラーメンショー2012、店舗概観画像
 創業者は関西人、そして過剰な宣伝が鼻をつくこともあってか、決して徳島県内では評判の高い店とは言えませんが、短期日程の本州でのイベントともなると、ご当地ラーメンとしての強みを発揮。
 今回のイベントでも、徳島県内の“現実”を知らない方々に、相当な杯数の徳島ラーメンを提供していたようですよ。
『ラーメン東大』@東京ラーメンショー2012、徳島ラーメン(1)

ラーメン東大大道本店
住所:徳島県徳島市大道1-36
電話:088-655-3775『ラーメン東大』大道本店、営業時間と定休日(2011年)
営業時間:11:00~翌4:00
 売切れ次第終了
定休日:年中無休
駐車場:5台
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[東京ラーメンショー2012『ラーメン東大』徳島ラーメン]の続きを読む
 一般に“ご当地ラーメン”というと、「各地方の気候・風土に根ざし、その地方独特の食材・調理法・味覚が反映された美味しいラーメン」であると考えてしまいそうですが、これまでに見てきたように、実際には「メディアを通じて世間の耳目を惹きつけることの出来た、各地方発のラーメン」といってしまった方が、良いのかもしれません。
 さらには、そんなご当地ラーメンの情報発信源として欠かすことの出来ない、メディアとの事実上の“橋渡し役”を担っていたのが、90年代から2000年代初め頃までの新横浜ラーメン博物館』(リンク先:公式サイト)であると、言い換えることも出来るでしょうか。
ご当地ラーメン一覧@『ラー博』掲示(1)
ご当地ラーメン一覧@『ラー博』掲示(2)    ご当地ラーメン一覧@『ラー博』掲示(3)
  全国のご当地ラーメンを分類した第三回目では、「四国・九州地方のご当地ラーメン」を紹介。
 ココでは、“『ラー博』頼み”でご当地化を促進しようとする徳島県や高知県の「四国」に対し、『ラー博』とは一定の距離を置き、あくまで“独自路線”を突き進もうとするかに見える、福岡県を中心とした「九州地方」。
 そんな構図が、見え隠れしてまいります。
[ご当地ラーメン(四国・九州)]の続きを読む
 新横浜ラーメン博物館』(リンク先:公式サイト)の分類・命名に従った、全国の“ご当地ラーメン”を紹介するシリーズの、第二弾。
四大ご当地ラーメン・分類@『ラー博』掲示
 1994年の『ラー博』の開業以前には、多くの人にとってご当地ラーメンと言えば、札幌・喜多方・東京・九州といった“四大ご当地ラーメン”が有名。
 
四大ご当地ラーメン・札幌@『ラー博』掲示   四大ご当地ラーメン・喜多方@『ラー博』掲示
しかしながら、その分類は『ラー博』の出現により、現在は“28ご当地”にまで細分化されている模様です。
四大ご当地ラーメン・東京@『ラー博』掲示   四大ご当地ラーメン・九州@『ラー博』掲示

 前回の北海道・東北・関東編」(リンク先:当ブログ内関連記事)に続き、今回は「北陸・東海・関西・中国地方のご当地ラーメン」を紹介。
 特にココで注目に値するのは、ラーメン評論家・マスコミ・ラーメン業界関係者、それに観光協会までもが加わり、短期間での“ご当地化”に成功を収めた「和歌山ラーメンの成立過程」でありましょうか。
[ご当地ラーメン(北陸・東海・関西・中国)]の続きを読む
 JR徳島線の鴨島駅から、徒歩で10分ほど。
 昭和54年創業の“濃厚スープ”と“厚切りチャーシュー”で人気のラーメン店、『中華そば 王将』。
『王将』@徳島県鴨島町、店舗概観画像(1)
 戦後間もなくの昭和20年代を起源とする「徳島県のラーメン事情」を振り返りますと、その“ターニングポイント”と言えそうなのが「昭和40年代」に生み出された“2つの潮流”。
 一つは、後に『新横浜ラーメン博物館』によって“徳島ラーメン”と命名されることになる、豚バラスライスの煮込み肉に生卵トッピングを可能とする支那そば 広東』(リンク先:当ブログ内関連記事)の系譜。
 もう一つは、徳島駅近くに店を構える中華そばショップ来来』(リンク先:当ブログ内関連記事)の系譜。

 これら二つの店の“影響力”を比較するなら、明らかに軍配は『広東』に上がるでしょうが、その『広東』の影響は主に徳島市内に限定されるのに対し、『来来』の影響力は徳島県の西部にまで及ぶ広範囲
 特に、今回紹介する吉野川市の『王将』と、10年以上の長きに渡り“徳島県の人気ナンバーワンのラーメン店”との評価を維持する美馬市脇町の『くにおか』(リンク先:『食べログ』)を生み出した功績は、計り知れないものがあるでしょう。

 今回『王将』で注文したメニューは、厚切りチャーシューがタップリと盛り付けられた「チャーシューメン」と「ライス」でございます。

チャーシューメンめし」(600円100円

『王将』@徳島県鴨島町、チャーシューメン&ライス・700円
『王将』@徳島県鴨島町、チャーシューメン小・600円(1)  『王将』@徳島県鴨島町、ライス・100円

中華そば 王将
住所:徳島県吉野川市鴨島町喜来323-183
電話:088-324-7762『王将』@徳島県鴨島町、店舗看板画像
営業時間:売り切れ終了
 11:00~20:00
定休日:木曜日
駐車場:10台以上
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『中華そば 王将』@徳島県鴨島町、チャーシューメン]の続きを読む
 徳島駅付近から車で12~13分、最寄り駅はJR牟岐線・文化の森駅となる“味への評価”の高いラーメン店、『中華そば やたつ』。
『中華そば やたつ』@徳島、店舗概観画像(2011年・1)
 1998~99年にかけて、『新横浜ラーメン博物館』への“徳島ラーメン”出店店舗の選定に当たり、後にラーメン評論家と呼ばれる方々が徳島県でのラーメン食べ歩きを敢行。
 その際、“味的評価の高い店”の一つとしてピックアップされたのが、この『やたつ』。
 90年代半ば頃より始まった“ラーメンブーム”以降に重要視されるようになったのが、「スープトッピングへのこだわり」。
 見た目は味が濃そうな“徳島ラーメン”でありながらも、そういった“こだわり”に満ちたラーメンを提供していたのが、この『やたつ』が高い評価を受けた理由でしょう。
 その一方で“味以外の基準”で物議をかもし出したのも、この『やたつ』。

 そんな賛否両論渦巻くこの店で今回食べましたのが、“非徳島ラーメン系メニュー”の「チャーシューメン」でございます。

中華そばチャーシュー入りライス」(600円170円

『中華そば やたつ』@徳島、中華そばチャーシュー入り&ライス
『中華そば やたつ』@徳島、ライス・170円   『中華そば やたつ』@徳島、中華そばチャーシュー入り・600円(1)

中華そば やたつ
住所:徳島県徳島市八万町法花137-2
電話:088-669-3823『中華そば やたつ』@徳島、営業時間と定休日(2011年撮影)
営業時間:売切れ次第終了
 11:00~19:00(L.O.18:45)
定休日:火曜日(火曜が祝日の場合は営業)
駐車場:8台
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『中華そば やたつ』@徳島、中華そばチャーシュー入り]の続きを読む