メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

ブログ説明
■このブログでは、『品達』や『新横浜ラーメン博物館』などの集合施設を中心とした「ラーメン店の紹介」と、デパ地下や駅ナカ施設などで購入した「お持ち帰り商品」を記事にしております。

ブログ記事作成に関し、テレビや雑誌、あるいはインターネット情報を参考にすることなく“独自情報”を元に記述することが多いので、その点はご了承くださるようにお願い致します。

ブログ閲覧に当たっては、左右のサイドバーに設置された「検索」「カテゴリー」「タグクラウド」「全記事表示」の機能などを活用して、必要とする記事をお読みください。
当ブログにおける最も有効な検索方法は、右サイドバー上部に設置した検索ボックスより「ブログ内検索」を行うことです

なお、閲覧に際し「Internet Explorer、Firefox、Opera」のいずれかのブラウザをお使いの方は、ブログ上のリンクにマウスポインタを重ねることで、「リンク先の確認」が可能です(不要な方は、ウィンドウ下部の「×ボタン」で閉じてください)。

画像はクリックすることで拡大表示されます。
但し、当ブログ内の画像を許可なく他サイトへ転用するなどの「二次使用は厳禁」とさせていただきます。

■コメント、トラックバックはご自由に(コメント・トラバ承認制。でも「スパム行為」はやめて下さいね)。

 JR川崎駅から徒歩で1分弱、ショッピングモールラゾーナ川崎プラザ』(リンク先:公式サイト)の1階ダイニング・セレクション内で営業しております、札幌味噌ラーメン専門店”『すみれ』(公式サイト)

 『すみれ』と言えば、開業当初の『新横浜ラーメン博物館』への出店を果たし、“濃厚味噌ラーメンの店”との称号を得たことで有名。
 その規格外ともいえる味付や油濃度の濃さは、ここ『ラゾーナ川崎プラザ』でも変わらず。
 しかしながら、“ラーメン・マニア”よりも“一般人”が集うショッピングモールで、そういった濃厚系ラーメンが提供されることには、賛否両論ある模様。
 そんな、“濃厚慣れ”していない方々にこそオススメのメニューが、「昔風ラーメン」。

昔風ラーメン900円

『すみれ』ラゾーナ川崎店、昔風ラーメン・900円(1)
『すみれ』ラゾーナ川崎店、昔風ラーメン・900円(2)   『すみれ』ラゾーナ川崎店、昔風ラーメン・900円(3)

 この昔風ラーメンを一言で説明すれば、それは「あっさり醤油味のラーメン」。
 『すみれ』の礎となった『純連』で昔から提供されてきたメニューというわけではなく、むしろ、この店特有の“濃厚さや油っぽさを苦手とする人向けのメニュー”。
 それゆえに、スープ濃度も味付も控えめで、トッピングを含めた見た目も“昔懐かしの中華そば”に仕上がっているのです。

すみれラゾーナ川崎店
住所:神奈川県川崎市幸区堀川町72-1 ラゾーナ川崎プラザ1Fダイニング・セレクション
電話:044-874-8051『すみれ』ラゾーナ川崎プラザ店、営業時間案内
営業時間:11:00~22:00
  ラストオーダー21:30
定休日:不定休(ラゾーナ川崎プラザに準ずる)
駐車場:施設専用駐車場有り(お買い物総額に応じ無料)
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『すみれ』ラゾーナ川崎店、昔風ラーメン]の続きを読む
 新横浜駅から徒歩5分、フードアミューズメントパーク新横浜ラーメン博物館』(公式サイト)へ出店中の、札幌味噌ラーメン”の専門店『らーめんの駅』(『ラー博』店舗案内)

 地元の札幌でも価格設定が高いとされる“純すみ系”(『純連』『すみれ』系列)のラーメンですが、その傾向は『らーめんの駅』でも変わらず。
 この際とことんまで散財してみようと注文いたしましたのが、提供価格「1100円」という「味噌チャーシューメン」です。

味噌チャーシューメン1100円

『らーめんの駅』新横浜ラーメン博物館、味噌チャーシューメン・1100円(1)
『らーめんの駅』新横浜ラーメン博物館、味噌チャーシューメン・1100円(2)  『らーめんの駅』新横浜ラーメン博物館、味噌チャーシューメン・チャーシュー(1)

 メニューの内訳は、「味噌ラーメン 900円」に「チャーシューメンへの変更価格 200円」。
 この店で単品、もしくはトッピングとして販売されているチャーシューは、「3枚300円」。
 今回「チャーシューメン」として注文した場合のチャーシューの増量分は「2枚」ですから、早いハナシ「チャーシューは1枚当たり100円」となるワケです。

らーめんの駅
住所:神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-21
電話:045-471-0503(代表)『らーめんの駅』新横浜ラーメン博物館、ラーメン画像(館内掲示・2010年)
営業時間:最終入館時刻は21:00~23:00の間で変動
 平日:11:00~/土日祝:10:30~
定休日:(年末年始を除き)無休
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.
 営業時間は日によって変動しますので、公式サイトの「営業時間案内で確認を

[『らーめんの駅』@新横浜ラーメン博物館、味噌チャーシューメン]の続きを読む
 JR川崎駅・西口に直結するショッピングモールラゾーナ川崎プラザ』(リンク先:公式サイト)の1階ダイニング・セレクション内で営業しております、札幌味噌ラーメン専門店”『すみれ』(公式サイト)

 年末年始も休まずに営業するという『ラゾーナ川崎』のフードコートで、今年最後の「味噌ラーメン」を食べてきましたよ。

味噌ラーメン900円

『すみれ』ラゾーナ川崎店、味噌ラーメン・900円(2011年12月・1)
『すみれ』ラゾーナ川崎店、味噌ラーメン・900円(2011年12月・2)  『すみれ』ラゾーナ川崎店、味噌ラーメン・中太縮れ麺(2011年12月・1)

 昭和39年(1964年)、札幌市中の島で営業を開始したのが『純連すみれ)』。
 その後に店舗の建て替えや一時休業、それに移転を経て昭和58年(1983年)に営業を再開した時の屋号が、『純連じゅんれん)』。
 以降、店は創業者の子息へと受け継がれ、平成元年(1989年)には『純連じゅんれん)』と『純連すみれ)』が並立。
 この内の後者『純連すみれ)』が、平成6年(1994年)開業の『新横浜ラーメン博物館』へと出店をすることにより、“札幌味噌ラーメンの店”として爆発的な人気を得たワケなのです。

すみれラゾーナ川崎店
住所:神奈川県川崎市幸区堀川町72-1 ラゾーナ川崎プラザ1Fダイニング・セレクション
電話:044-874-8051『ラゾーナ川崎』ダイニング・セレクション営業時間案内
営業時間:11:00~22:00
  ラストオーダー21:30
定休日:不定休(ラゾーナ川崎プラザに準ずる)
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『すみれ』ラゾーナ川崎店、味噌ラーメン900円]の続きを読む
 JR川崎駅・西口へ直結しているラゾーナ川崎プラザ』(リンク先:公式サイト)の1階ダイニング・セレクションで営業中の、味噌ラーメン専門店”『すみれラゾーナ川崎店(ショップガイド)

 今回は定番の「味噌ラーメン」に、夏頃から販売が開始されたという“トッピングメニュー”「ワンタン」をプラスして食べてみましたよ。

味噌ラーメンワンタン」(900円100円

『すみれ』ラゾーナ川崎店、味噌ラーメン&ワンタン・1000円(1)
『すみれ』ラゾーナ川崎店、味噌ラーメン&ワンタン・1000円(2)   『すみれ』ラゾーナ川崎店、味噌ラーメン&ワンタン・トッピング類(1)

 熱を逃がさぬように液体油の層でスープ表面にフタをした、極熱かつ濃厚な味噌ラーメンに、プラス100円で5個程度トッピングされる、ワンタン。
 このワンタンは“餡”(中身の具材)よりも、幾重にも皮の層を重ねて作り出した、ツルツルとした皮の食感を楽しむタイプ
 熱々のスープの中に浸しても、最後まで皮が崩れることなく、ツルリとした喉越しを味わうことが可能。
 夏場の暑い時期には敬遠していた『すみれ』の各メニューですが、周囲の気温の低下と共に“味噌ラーメンの季節”が到来したことを、改めて実感させられる今日この頃です。

すみれラゾーナ川崎店
住所:神奈川県川崎市幸区堀川町72-1 ラゾーナ川崎プラザ1Fダイニング・セレクション
電話:044-874-8051『ラゾーナ川崎』ダイニング・セレクション営業時間案内
営業時間:11:00~22:00
  ラストオーダー21:30
定休日:不定休(ラゾーナ川崎プラザに準ずる)
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『すみれ』ラゾーナ川崎店、味噌ラーメン&ワンタン]の続きを読む
 新横浜駅から徒歩で5分ほどのフードアミューズメントパーク、新横浜ラーメン博物館』(公式サイト)へ出店中の、札幌味噌ラーメン”の専門店『らーめんの駅』(『ラー博』店舗案内)
『らーめんの駅』新横浜ラーメン博物館、店舗概観画像(2011年10月)
 一度の入場で、数店舗のラーメンの味を“食べ比べ”される方が多い『ラー博』では、各店で「ミニサイズのラーメン」(550円~)を販売。
 『らーめんの駅』で用意されているのは正油(醤油)ラーメンと塩ラーメン、そして、一番人気のメニューとも言える「味噌ラーメン」です。

ミニ味噌ラーメン550円

『らーめんの駅』新横浜ラーメン博物館、ミニ味噌ラーメン・550円(1)
『らーめんの駅』新横浜ラーメン博物館、ミニ味噌ラーメン・550円(2)   『らーめんの駅』新横浜ラーメン博物館、ミニ味噌ラーメン・中太麺(1)

 通常サイズですと900円、ミニサイズなら550円で食べられる、『らーめんの駅』の味噌ラーメン。
 値段相応に麺やトッピングの量は減らされてしまいますが、豚骨をベースに、生姜やニンニクといった香味野菜の効いた濃厚な味噌スープは、十分に堪能可能。
 日に日に寒さが厳しくなって行くこれからの時期、お財布も体も温まれる、ココでしか味わえない味噌ラーメンを是非。

らーめんの駅
住所:神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-21
電話:045-471-0503(代表)『らーめんの駅』新横浜ラーメン博物館、ラーメン画像(館内掲示・2010年)
営業時間:最終入館時刻は21:00~23:00の間で変動
 平日:11:00~/土日祝:10:30~
定休日:(年末年始を除き)無休
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.
 営業時間は日によって変動しますので、公式サイトの「営業時間案内で確認を

[『らーめんの駅』@新横浜ラーメン博物館、ミニ味噌ラーメン]の続きを読む
 JR川崎駅・西口へ直結しているラゾーナ川崎プラザ』(リンク先:公式サイト)の1階ダイニング・セレクションで営業中の、味噌ラーメン専門店”『すみれラゾーナ川崎店(ショップガイド)

 “札幌ラーメン”をメジャーな地位に押し上げた『すみれ』と言えば、誰もが思い浮かべるのが濃厚この上ない「味噌ラーメン」ですが、以前に紹介した「塩ラーメン」、そして、今回紹介する「醤油ラーメン」もレギュラーメニューとして提供中。

醤油ラーメン900円

『すみれ』ラゾーナ川崎店、醤油ラーメン・900円(2011年・1)
『すみれ』ラゾーナ川崎店、醤油ラーメン・900円(2011年・2)  『すみれ』ラゾーナ川崎店、醤油ラーメン・中太縮れ麺(2011年)

 喧騒渦巻くセルフ形式のフードコート内で営業しているということで、あまり高い評価を得られていない『ラゾーナ川崎』の店舗ですが、そんな中でも『すみれ』の提供するラーメンは、麺・スープ・トッピング共に通常店舗に引けをとらぬような“本格仕様”。
 特注のプリプリとした食感の中太麺に、動物系と魚介系素材のバランスが取れた旨みの強いスープ、サイズも大きくクォリティも高いトッピング類
 そして何よりも、寒冷地である“札幌仕様”の濃い目の味付とスープが冷めるのを防ぐ液体油の厚い層が、特徴的なラーメンとなっております。

すみれラゾーナ川崎店
住所:神奈川県川崎市幸区堀川町72-1 ラゾーナ川崎プラザ1Fダイニング・セレクション
電話:044-874-8051『ラゾーナ川崎』ダイニング・セレクション営業時間案内
営業時間:11:00~22:00
  ラストオーダー21:30
定休日:不定休(ラゾーナ川崎プラザに準ずる)
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『すみれ』ラゾーナ川崎店、醤油ラーメン]の続きを読む