メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

ブログ説明
■このブログでは、『品達』や『新横浜ラーメン博物館』などの集合施設を中心とした「ラーメン店の紹介」と、デパ地下や駅ナカ施設などで購入した「お持ち帰り商品」を記事にしております。

ブログ記事作成に関し、テレビや雑誌、あるいはインターネット情報を参考にすることなく“独自情報”を元に記述することが多いので、その点はご了承くださるようにお願い致します。

ブログ閲覧に当たっては、左右のサイドバーに設置された「検索」「カテゴリー」「タグクラウド」「全記事表示」の機能などを活用して、必要とする記事をお読みください。
当ブログにおける最も有効な検索方法は、右サイドバー上部に設置した検索ボックスより「ブログ内検索」を行うことです

なお、閲覧に際し「Internet Explorer、Firefox、Opera」のいずれかのブラウザをお使いの方は、ブログ上のリンクにマウスポインタを重ねることで、「リンク先の確認」が可能です(不要な方は、ウィンドウ下部の「×ボタン」で閉じてください)。

画像はクリックすることで拡大表示されます。
但し、当ブログ内の画像を許可なく他サイトへ転用するなどの「二次使用は厳禁」とさせていただきます。

■コメント、トラックバックはご自由に(コメント・トラバ承認制。でも「スパム行為」はやめて下さいね)。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 JR神田駅・東口から徒歩で2分ほどの場所で営業しております、『神田 大勝軒』。
『神田 大勝軒』店舗概観画像(2010年4月)
 神田界隈では最も“満腹指数”の高いこの店舗で、「特製もりそば」(つけ麺)を、麺量150gアップの「中盛」で食べてまいりましたよ。

特製もりそば中盛680円60円

『神田 大勝軒』特製もりそば・中盛740円(2010年4月)
『神田 大勝軒』特製もりそば・麺中盛450g(2010年4月)    『神田 大勝軒』特製もりそば・つけダレ(2010年4月)
『神田 大勝軒』特製もりそば・トッピング類(2010年4月)

 通常のもりそば300グラムのトコロ、中盛では150グラム麺量が増量されて、合計で450グラム
 トッピングは刻みネギ海苔メンマモモ肉のチャーシューゆで卵
 つけダレ(スープ)は鶏ガラやゲンコツといった動物系素材と、鯖や煮干の魚介系素材のバランスが取れたモノ。
 以前には強く感じられた“大勝軒・特有”の甘さや酸味も控えめとなり、素材の旨味が十分に感じられるようになって来ております。

 なお、この『神田店』は内装工事を行なったようでして、店内は以前よりも落ち着いた雰囲気へと変わっておりましたよ。

神田 大勝軒(リンク先『食べログ』店舗情報)
住所:東京都千代田区神田鍛冶町2-9-18 神田ビル1F
電話:03-5294-7044
『神田 大勝軒』営業時間と定休日(2009年)営業時間:
・月曜~金曜日 11:00~21:00
・土曜・祝日 11:00~16:00
(ただし麺・スープなくなり次第、終了)
定休日:日曜日

[『神田 大勝軒』特製もりそば・中盛]の続きを読む
スポンサーサイト
 過去にコチラのエントリでつけ麺を紹介したことがございます、めん徳二代目つじ田』(公式サイトによる味噌ラーメン専門店二代目つじ田 味噌の章』(リンク先:『食べログ』)
『二代目つじ田 味噌の章』店舗画像(2009年秋)1  『二代目つじ田 味噌の章』店舗画像(2009年秋)2
 お店への最寄り駅となりますのは、地下鉄丸ノ内線「淡路町駅」と、都営新宿線「小川町駅」。
『二代目つじ田 味噌の章』へのアクセス・淡路町駅と小川町駅の4番出口(1)  『二代目つじ田 味噌の章』へのアクセス・淡路町駅と小川町駅の4番出口(2)
 その、淡路町駅と小川町駅の4番出口を出まして徒歩で2分弱の場所で、営業をしております。

 今回のエントリでは、この店の看板メニューである味噌ラーメン味付玉子をトッピングしました、「玉子入り味噌らーめん」をご紹介いたしましょう。
『二代目つじ田 味噌の章』玉子入り味噌ラーメン900円(1)
[『二代目つじ田 味噌の章』玉子入り味噌らーめん]の続きを読む
 JR線の神田駅から徒歩2分程度の場所にございます、『神田 大勝軒』。
『神田 大勝軒』店舗画像(2009年4月)
 近隣の会社員を中心に、終始、賑わっているこの店。
 店頭には早くも、「ゴールデンウイーク期間中の営業に関する告知」が貼り出されておりました。

神田 大勝軒

ゴールデンウイークの営業に関するお知らせ
『神田 大勝軒』GW中の営業に関するお知らせ(2009年度)
5月3日(日):定休日
5月4日(月)お休みとさせていただきます
5月5日(火)お休みとさせていただきます
5月6日(水)お休みとさせていただきます
5月7日(木):通常営業致します

 まとめますと、『神田 大勝軒』はGW期間中
5月4日~5月6日を休業
するというコトです。

 今回は量が多いとの感想が多い「中華そば」(ラーメン)に、「温野菜」(100円)をトッピングしたレポートです。
[『神田 大勝軒』中華そば&温野菜]の続きを読む
 昨年の6月に「塩つけ麺」のエントリを挙げて以来、当ブログでは2度目の紹介となります。
 東京のド真ん中、千代田区神田にございます神田 大勝軒

 最寄り駅となるのは、JR神田駅東口
『神田 大勝軒』へのアクセス1(JR神田駅東口)  『神田 大勝軒』へのアクセス2(JR神田駅東口・駅前横断歩道)
『神田 大勝軒』へのアクセス3(「神田一番街」右折ヶ所) 東口を出ましたら、駅前の横断歩道を直進
 信号を渡り終えましたら、少し右に回り込むようにして、飲食店が多数営業しております「神田一番街」へ。
 その、「神田一番街」にあるドラッグストアとお蕎麦屋さんの間にある、路地を右折
 右折してから数十秒で・・・、目的地の『神田 大勝軒』に到着可能。駅からの所要時間は、大体「2~3分」でしょう。
『神田 大勝軒』店舗画像(2009年)   『神田 大勝軒』案内看板(神田駅東口)
 今回食べましたのは、「特製もりそば」と「味付玉子」、通称“もり味玉”。
 それと、当エントリの最後では「営業時間の変更」についても、お知らせしておきましょう。
[『神田 大勝軒』特製もりそば&味玉]の続きを読む
 前回の「豚きのこつけめん(醤油)」記事で引き合いに出しました、大勝軒
『大勝軒』(神田)、特製もりそば

 まあ・・・
 東京近郊にお住まいの「ラヲタ(笑)」の方であれば、どこかしらの『大勝軒』には足を運ばれたことがあるでしょうし、私自身も、ズイブンと前から「『大勝軒』のもりそば」を、何度も食べておるワケです。
 ただし、
 私自身それほど「大勝軒の味」に対する“執着心”がないモノですから、場所や時間などの「条件が合えば店に入るコトもある・・・」、という程度。
 そんな私が2ヶ月に一回ほど足を運ぶ機会があるのが、神田 大勝軒

 まずは、最寄り駅から店までの「アクセス」(道順)を紹介しておきましょう。
『神田 大勝軒』アクセス1、神田駅東口    『神田 大勝軒』アクセス2、神田駅東口より『昭和薬品』を曲がる
 起点となるのが、JR線の「神田駅東口」。その改札口は「秋葉原・御茶ノ水方面」にございまして、まずは、駅前の「横断歩道」を渡ります。
 駅前の横断歩道を渡った所が、上記添付画像の「右側」。
 ココでは、「赤い矢印」で示しましたように、丁度、『昭和薬品』というドラッグストアの「クスリ」という看板を目印に、「」へと曲がります。
『神田 大勝軒』アクセス3、神田駅から2分弱 すると、おそらくは15秒程度歩けばよいでしょうか。右側の画像のようなアングルで、お店の看板が見えてくるハズです。
 神田駅東口前での「信号待ちの時間」にもよりますが、おそらくは「2分弱」でお店に到着出来るコトでしょう。

 今回、この『神田 大勝軒』で食べて参りましたのが「塩つけめん」。
 以下、そのレポートと、この店に「行列」が出来る理由などについても、触れることにいたしましょう。
[『神田 大勝軒』塩つけめん]の続きを読む
 東京のオフィス街、千代田区神田。
 この周辺、御茶ノ水・神田・水道橋一帯は、ランチタイムともなるとサラリーマンが街に溢れ、値段の安い店や量の多い店などには、とても長い行列ができるほど。

 そんな場所で、値段や量を“ウリ”にするのではなく、「味や素材へのこだわり」で行列を形成しているのが、今回紹介いたします『めん徳 二代目つじ田』(小川町店)。

 今回は『めん徳 二代目つじ田』の「メニュー」、それと看板メニューの「つけ麺」などを紹介していきたいと思います。

『つじ田』店舗概観

 
[『めん徳 二代目つじ田』]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。