メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

ブログ説明
■このブログでは、『品達』や『新横浜ラーメン博物館』などの集合施設を中心とした「ラーメン店の紹介」と、デパ地下や駅ナカ施設などで購入した「お持ち帰り商品」を記事にしております。

ブログ記事作成に関し、テレビや雑誌、あるいはインターネット情報を参考にすることなく“独自情報”を元に記述することが多いので、その点はご了承くださるようにお願い致します。

ブログ閲覧に当たっては、左右のサイドバーに設置された「検索」「カテゴリー」「タグクラウド」「全記事表示」の機能などを活用して、必要とする記事をお読みください。
当ブログにおける最も有効な検索方法は、右サイドバー上部に設置した検索ボックスより「ブログ内検索」を行うことです

なお、閲覧に際し「Internet Explorer、Firefox、Opera」のいずれかのブラウザをお使いの方は、ブログ上のリンクにマウスポインタを重ねることで、「リンク先の確認」が可能です(不要な方は、ウィンドウ下部の「×ボタン」で閉じてください)。

画像はクリックすることで拡大表示されます。
但し、当ブログ内の画像を許可なく他サイトへ転用するなどの「二次使用は厳禁」とさせていただきます。

■コメント、トラックバックはご自由に(コメント・トラバ承認制。でも「スパム行為」はやめて下さいね)。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 地下鉄・神保町駅のA3出口から、徒歩で1分ほど。
 “ご当地ラーメンブーム”を背景に、徳島県を含め、全国規模で“徳島ラーメン”を提供する店舗展開を行った『徳島中華そば 徳福』の新店舗、『徳福仁』(とくふくじん)。
『徳福仁』@神保町、肉玉そば・メニュー表画像
 2012年に営業を開始したこの店は、言うなれば“『徳福の集大成的な店舗”の一つ。『徳福』定番の“徳島ラーメン”を筆頭に、“札幌ラーメン”や神奈川県川崎市のプチご当地ラーメンとされる“ニュータンタンメン”を提供。
 こうした様々な“ご当地ラーメン”を取り扱うという事情で、店名から「徳島中華そば」の文字を外し、『徳福』という新たな屋号で営業を開始したのでしょう。

肉玉そば大盛ライス880円100円

『徳福仁』@神保町、肉玉そば&ライス
『徳福仁』@神保町、肉玉そば・880円(1)   『徳福仁』@神保町、ライス・100円(1)

 「肉玉そば」というメニューを分かりやすく説明しますと、基本の「徳島ラーメン」に豚バラスライス肉の増量玉子の追加トッピングを加えた、徳島県で通例使用されているメニュー名。他の『徳福』系列店と同様、玉子に関しては「生卵or温泉玉子or味付玉子」からの選択が可能。
 「ライス」に関しては、開店当初より50円値下げされ、しかも「お代わり自由」の大サービス。
 スープの「味付」は、醤油で辛さ香味油で甘さや香ばしさを加えた、徳島県の店舗では“新味”と称して販売されていたモノと同じのようです。

中華そば 徳福仁
住所:東京都千代田区神田神保町2-2-38
電話:03-5213-4549『徳福仁』@神保町、営業時間案内(2012年)
営業時間:11:30~23:00
定休日:日曜日
駐車場:ナシ
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『徳福仁』@神保町、肉玉そば]の続きを読む
スポンサーサイト
 都営地下鉄や東京メトロが乗り入れる「神保町駅」から徒歩1分ほどの場所で、今年の2月頃より営業を開始したラーメン店、『徳福仁』(とくふくじん)。
『徳福仁』@神保町、店舗概観画像(2012年・1)
 「どこかで聞いたことのあるような『店名』だな・・・?」と首をひねっておりましたら、コレが、1999年の“徳島ラーメン・ブーム”を当て込んで横浜市内に初出店したのを皮切りに、2000年代の前半期からは全国に乱立したフードテーマパークで“徳島ラーメン”を始めとする様々な“ご当地ラーメン”を販売。
 そして、2010年には徳島県徳島市内へ“徳島ラーメン店”を出店させるという快挙(!?)を成し遂げた、あの徳福』(リンク先:オムニプランニング)だったという驚き。

 そんな“『徳福』好き”が高じて徳島県の本店にまで足を運んだという、当ブログ。
 徳島県の味を懐かしがりながら、基本メニューの「中華そば」(ラーメン)を食べてきましたよ。
『徳福仁』@神保町、中華そば画像(1)  『徳福仁』@神保町、中華そば画像(2)

中華そば 徳福仁
住所:東京都千代田区神田神保町2-2-38
電話:03-5213-4549『徳福仁』@神保町、営業時間案内(2012年)
営業時間:11:30~23:00
定休日:日曜日
駐車場:ナシ
アクセス:地下鉄・神保町駅A3出口より徒歩1分
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『徳福仁』@神保町、中華そば]の続きを読む
 地下鉄・神保町駅から徒歩で2~3分、JR水道橋駅からでも10分弱で到着可能な“昭和の名店”、『さぶちゃん』。
『さぶちゃん』@神保町、店舗概観画像(2011年)
 “神田神保町”界隈の学生や会社員の胃袋を満たし続けて、40数年。
 この店の看板メニューと言えばラーメン半チャーハンが一緒に味わえる、「半チャンラーメン」です。

半ちゃんらーめん690円

『さぶちゃん』@神保町、半チャンラーメン・690円(2011年)
『さぶちゃん』@神保町、半チャンラーメン・醤油ラーメン(2011年)  『さぶちゃん』@神保町、半チャンラーメン・半チャーハン(2011年)

 黄金色のスープがなみなみと注がれた「醤油ラーメン」に、味付の濃い「半チャーハン」とのセットメニュー。
 「食材」「調理技術」「接客」「趣向を凝らした内装」などといった“現代のグルメ基準”など、この『さぶちゃん』の前では全く意味を成しません。
 『さぶちゃん』に行った時の感想はただ一言、
今日も半チャンウマかった
と、それだけを書き記すのみ。

さぶちゃん(リンク先『30min.』店舗情報)
住所:東京都千代田区神田神保町2-24
電話:03-3230-1252『さぶちゃん』@神保町、営業時間と定休日(2011年)
営業時間:
 昼11:30~15:00
 夜16:20~19:30
定休日:日曜・祝日
 この他にも「休業日」が新たに設定された模様です。
 詳細は当エントリ終わりの「追記」を参照ください

[『さぶちゃん』@神保町、半チャンラーメン690円]の続きを読む
 今回ご紹介しますつけそば屋 北かま神田神保町店(リンク先『ぐるなび』)の最寄り駅は、都営地下鉄「三田線」「新宿線」と東京メトロ「半蔵門線」の停車駅である、『神保町駅』。
 その、「神保町駅A5出口」からお店へと向かうのが、最も近いでしょう。
『つけそば屋 北かま』神保町店へのアクセス1(神保町駅A5出口)   『つけそば屋 北かま』神保町店へのアクセス2(神保町駅周辺地図)
 まずは、神保町駅A5出口の前を走る「靖国通り」を、御茶ノ水方向の左へ。
『つけそば屋 北かま』神保町店へのアクセス3(靖国通り)   『つけそば屋 北かま』神保町店へのアクセス4(靖国通り『マクドナルド』神保町店を左折)
 靖国通りを歩くこと2分程度、右上の画像にある『マクドナルド』(神保町店)のある交差点を、に。
『つけそば屋 北かま』神保町店へのアクセス5(店舗隣は『スキーショップ』)   『つけそば屋 北かま』神保町店・店舗画像(2009年5月)
 『マクドナルド』のある交差点を左折して直進。道の反対側にあるコンビニエンスストア『ampm』を越え、『スキー専門店』の隣で営業しているのが、『つけそば屋 北かま』神保町店

 神保町駅からは徒歩で、4分程度の場所です。
[『つけそば屋 北かま』得のせ・つけそば]の続きを読む
20080321151218
時刻は午後3時。
ラーメン二郎 神田神保町店』前の、現在の状況。

行列のない状態」を見たのは、もしかしたら初めてかもしれないナw

「夜の部」は、18時からですね。

今日は金曜日。
行列は、店の前から靖国通りにまで届くんだろうな・・・・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。