メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

ブログ説明
■このブログでは、『品達』や『新横浜ラーメン博物館』などの集合施設を中心とした「ラーメン店の紹介」と、デパ地下や駅ナカ施設などで購入した「お持ち帰り商品」を記事にしております。

ブログ記事作成に関し、テレビや雑誌、あるいはインターネット情報を参考にすることなく“独自情報”を元に記述することが多いので、その点はご了承くださるようにお願い致します。

ブログ閲覧に当たっては、左右のサイドバーに設置された「検索」「カテゴリー」「タグクラウド」「全記事表示」の機能などを活用して、必要とする記事をお読みください。
当ブログにおける最も有効な検索方法は、右サイドバー上部に設置した検索ボックスより「ブログ内検索」を行うことです

なお、閲覧に際し「Internet Explorer、Firefox、Opera」のいずれかのブラウザをお使いの方は、ブログ上のリンクにマウスポインタを重ねることで、「リンク先の確認」が可能です(不要な方は、ウィンドウ下部の「×ボタン」で閉じてください)。

画像はクリックすることで拡大表示されます。
但し、当ブログ内の画像を許可なく他サイトへ転用するなどの「二次使用は厳禁」とさせていただきます。

■コメント、トラックバックはご自由に(コメント・トラバ承認制。でも「スパム行為」はやめて下さいね)。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 東京駅の『八重洲地下街』で営業しております、関東近県で店舗展開を行う天丼専門店”『天丼 てんや』(リンク先:公式サイト)
『てんや』八重洲店、メニューサンプル画像
 この『天丼 てんや』は、立地や営業時間、それに提供価格の安さといった面に注力する“外食産業”的な価値観で営業されている店。したがって味的な評価はそれほど高くはないのでしょうが、何よりも値段が手頃で“お持ち帰り”(テイクアウト)も可能だという点が、少なからずの方々に支持されている理由。

上天丼&小そばセット580円200円

『てんや』八重洲店、上天丼&小そばセット(780円)
『てんや』八重洲店、上天丼・580円(1)  『てんや』八重洲店、小そば・200円(1)

 『てんや』では、天丼と蕎麦・うどん共に単品注文が可能。蕎麦とうどんでは通常サイズとミニサイズが販売されており、ドチラも天丼との“セット”で注文しますと「100円割引」となって、大変お得に。
 以下、『天丼 てんや』の主要な天丼メニュー、それにお持ち帰り弁当メニューなどを紹介しておきますよ。

天丼 てんや八重洲地下街店
住所:東京都中央区八重洲2-1 八重洲地下街南1号(外堀地下1番通り)
電話:03-3275-2706『てんや』八重洲店、営業時間案内
営業時間:L.O.は閉店30分前
 平日 :11:00~23:00
 土日祝:11:00~22:00
定休日:(原則)無休
駐車場:八重洲(東・西)駐車場を利用(リンク先:案内ページ)
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『天丼 てんや』八重洲地下街店、上天丼&小そばセット]の続きを読む
スポンサーサイト
 JR東京駅・八重洲口の地下街にある東京駅一番街』(公式サイト)において、2011年の4月に営業を開始したジャンクガレッジ東京駅店(「東京ラーメンストリート」店舗案内ページ)
『ジャンクガレッジ』東京駅店、店舗概観画像
 この店は、首都圏を中心に根強い人気を誇る『ラーメン二郎』の提供メニューや営業手法、挙句の果てには食材の仕入れルートに至るまでの完全コピーを目論んだ、“パクリ二郎店舗”。
 その歴史を振り返りますと、東京は品川区大崎で営業していた『六厘舎』の一部を間借りし、2007年1月にオープン。
 通常、そんな他店舗のパクリメニューをはばからずに出す店など、黙殺されて当然なはずですが、意外にも、評論家を中心とするラーメン業界全体がスクラムを組み、大規模な“パクリ二郎の隠蔽工作”を企図。そして、強引この上ないメディア戦略を駆使しての“まぜそばブーム”を創出することに、僅かながら成功します。
 しかしながら夜営業時における行列対策への無策が仇となり、同じ場所で昼営業を行っていた“本体”『六厘舎』への影響を考慮してか、2008年6月には埼玉県へと移転。以降、噂によれば自店のスタッフを『二郎』店舗に送り込んでまでパクリを極めるという常軌を逸した“スパイ戦略”までも駆使しながら、最近では何と、そのパクリ・ブランドの“フランチャイズ化”にも着手。
 そんな空前絶後のパクリ手法の成果を手土産に、都内の『二郎』数店舗の商業圏とも十分に被る東京駅へと出店を果たした、『ジャンクガレッジ』。

 4年ぶりにこの店に関する記事を書いた理由は最後に記すとして、先ずは、その“パクリの殿堂入り”っぷりを賞賛するべく、“新感覚のラーメン”だと喧伝されて久しい「まぜそば」と、「特製まぜそば」を食べたレポートを。
『ジャンクガレッジ』東京駅店、まぜそば・750円(1)  『ジャンクガレッジ』東京駅店、特製まぜそば・950円(1)

ジャンクガレッジ東京駅店
住所:東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅一番街 B1F 東京ラーメンストリート
電話:03-3286-0167『ジャンクガレッジ』東京駅店、営業時間案内
営業時間:11:00~22:30
定休日:(原則)無休
駐車場:無し(近隣の有料パーキング利用)
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『ジャンクガレッジ』東京駅店、まぜそば&特製まぜそば]の続きを読む
 東京駅八重洲口の商業施設東京駅一番街』(公式サイト)で絶大な人気を誇る“つけ麺専門店”、六厘舎TOKYO』(『東京ラーメンストリート』店舗案内)
『六厘舎TOKYO』店舗案内掲示(2010年12月)
 昼夜共に変わらず30~60分程度の待ち時間を覚悟せねばならないこの店で、今回食べてきましたのは、麺量450グラムの「つけ麺大盛」です。

つけめん大盛850円100円

『六厘舎TOKYO』つけ麺・大盛950円(2010年12月)
『六厘舎TOKYO』つけ麺・大盛、濃厚スープ(2010年12月)  『六厘舎TOKYO』つけ麺・大盛、極太麺(2010年12月)

 「集合施設」という仕込みや調理において制限された状況下でありながらも、たいていの人に支持される“”を維持している点は、評価に値するトコロでしょう。
 確かに、この店が宣伝文句に使う「濃厚スープ」「極太麺」に偽りはございませんが、ソレらはあくまで“集合施設・仕様”になっておりまして、かつての『六厘舎』(大崎本店)で提供されていたモノを期待しますと、“肩透かし”を食わされるかもしれませんね。

六厘舎TOKYO(リンク先『食べログ』店舗情報)
住所:『東京駅一番街』(東京都千代田区丸ノ内1-9-1 東京駅八重洲南口地下1F)
電話:03-3286-0166『六厘舎TOKYO』営業時間案内(2010年12月撮影)
営業時間:
 朝営業7:30~10:00(ラストオーダー9:45
 11:00~22:30(ラストオーダー22:00
定休日:原則「無休
 2010年11月20日より、「朝つけ麺」の提供開始時間が30分早くなっております

[『六厘舎TOKYO』つけ麺・大盛]の続きを読む
 東京駅・八重洲地下中央改札口から徒歩で数十秒の場所で営業しております、リラックマストア 東京駅店』(リンク先:『東京駅一番街』店舗データ)
『リラックマストア』東京駅店、店舗画像(2010年12月)
 抜群の立地条件もさることながら、ここでしか買えない“リラックマグッズ”も多数取り揃えているとあって、お店は多くのお客さんで終始賑わっているようです。
 そんな『リラックマストア』で、今回はお土産として大変に喜ばれそうな、リラックマとコリラックマの絵柄をあしらった「ゴーフル」を買っちゃいましたよ。

リラックマレリーフ缶クリームサンド」各580円

「リラックマ・レリーフ缶クリームサンド」各580円(2010年12月)
「リラックマ・レリーフ缶クリームサンド」チョコ味(2010年12月・1)  「リラックマ・レリーフ缶クリームサンド」チョコ味(2010年12月・2)
チョコ味イチゴ味

 リラックマとコリラックマを刻印したレリーフ缶の中には、チョコやイチゴのクリームをサンドしたゴーフル(ゴーフレット)が5枚入り。
 甘さ控えめのゴーフルの評価が高いだけでなく、何よりも、小物入れとして役立ちそうな「かわいいレリーフ缶」に人気が集中しそうな商品です。

リラックマストア東京駅店(東京駅一番街)
『リラックマストア 東京駅店』店舗看板画像住所:東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅一番街地下1F(東京駅八重洲口エリアマップ
電話:03-3213-5501
営業時間:10:00~21:00
定休日:元日などを除き、(原則)無休

[『リラックマストア』東京駅店、レリーフ缶クリームサンド]の続きを読む
 東京駅・八重洲口の地下1階、『東京駅一番街』内『東京ラーメンストリート』において、他店を寄せ付けないほどの“大行列”の形成される店、『六厘舎TOKYO』。
『六厘舎TOKYO』東京駅限定・お土産つけ麺3食セット(ポスター)
 上に貼付いたしました画像にございますような“東京限定お土産つけ麺”の販売も好調なようでして、お土産つけ麺の専用窓口にも、行列ができているほどでした。

 今回はこの店の“基本メニュー”である「つけめん」の紹介と、券売機画像を使用した「提供メニュー値段」の確認をしておこうと思います。

つけめん850円

『六厘舎TOKYO』つけ麺・850円(2010年8月)

六厘舎TOKYO(リンク先『食べログ』店舗情報)
『六厘舎TOKYO』営業時間案内(2010年8月・撮影)住所:『東京駅一番街』(東京都千代田区丸ノ内1-9-1 東京駅八重洲南口地下1F)
電話:03-3286-0166
営業時間:
 朝営業8:00~10:00(ラストオーダー9:45
 11:00~22:30(ラストオーダー22:00
定休日:元日以外、原則「無休

[『六厘舎TOKYO』つけ麺・並盛]の続きを読む
 東京駅・丸の内南口から徒歩で3~4分。
 2010年の6月15日に『TOKIA』の地下1階に出店しました、“タンメンの専門店トナリ丸の内店(リンク先『TOKIA』店舗検索ページ)
『トナリ』丸の内店、店舗概観画像(2010年8月)
 トナリ』の本店は、コチラで紹介した江東区にある東陽町の店舗
 今回のエントリでは、その『本店』では提供していない『丸の内店』のオリジナルメニュー、「タンつけ」(つけ麺)を紹介いたします。
『トナリ』丸の内店、タンつけ850円(2010年8月)

トナリ丸の内店(リンク先『30min.』店舗情報)
『トナリ』丸の内店、店舗案内看板(2010年8月)住所:東京都千代田区丸の内2-7-3 東京ビルTOKIA地下B1
電話:03-3240-6066
営業時間:11:00~22:00(ラストオーダー21:45)
定休日:(原則)無休
駐車場:『丸の内パークイン』利用

[『トナリ』丸の内店、タンつけ]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。