メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

ブログ説明
■このブログでは、『品達』や『新横浜ラーメン博物館』などの集合施設を中心とした「ラーメン店の紹介」と、デパ地下や駅ナカ施設などで購入した「お持ち帰り商品」を記事にしております。

ブログ記事作成に関し、テレビや雑誌、あるいはインターネット情報を参考にすることなく“独自情報”を元に記述することが多いので、その点はご了承くださるようにお願い致します。

ブログ閲覧に当たっては、左右のサイドバーに設置された「検索」「カテゴリー」「タグクラウド」「全記事表示」の機能などを活用して、必要とする記事をお読みください。
当ブログにおける最も有効な検索方法は、右サイドバー上部に設置した検索ボックスより「ブログ内検索」を行うことです

なお、閲覧に際し「Internet Explorer、Firefox、Opera」のいずれかのブラウザをお使いの方は、ブログ上のリンクにマウスポインタを重ねることで、「リンク先の確認」が可能です(不要な方は、ウィンドウ下部の「×ボタン」で閉じてください)。

画像はクリックすることで拡大表示されます。
但し、当ブログ内の画像を許可なく他サイトへ転用するなどの「二次使用は厳禁」とさせていただきます。

■コメント、トラックバックはご自由に(コメント・トラバ承認制。でも「スパム行為」はやめて下さいね)。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 地下鉄・有楽町線の東池袋駅から徒歩で2~3分、JR池袋駅の東口からでは10分ほどで到着可能。
 「東京にこの店あり」とされた“昭和の名店”、東池袋大勝軒』(リンク先:公式サイト)
『東池袋大勝軒』店舗概観画像(2012年)
 2000年代に入ってからの“つけ麺ブーム”により、“つけ麺・元祖の店”としてまつりあげられた感の強い『東池袋大勝軒』ですが、昭和の時代に高い評価を得ていたのは、つけ麺(特製もりそば)よりはむしろ、ラーメン(中華そば)の方であったように記憶しております。

中華そば700円

『東池袋大勝軒』中華そば・700円(1)  『東池袋大勝軒』中華そば・700円(2)

 ラーメンの歴史を紐解くと、おおよそ70年代までが塩・醤油・味噌といった「タレ(味付)の時代」。
 続いて80年代の半ば頃より、博多長浜ラーメンに代表されるような「スープの時代」へと突入し、90年代の終わりには動物系と魚介系素材を併せた“Wスープ”も登場。
 そして、2000年代のつけ麺ブームを通じ、小麦の品種選びや形状にもこだわった「自家製麺の時代」へ。
 こういった時代の流れとは関係なく、味付・スープ・麺にこだわったラーメンを提供していたのが、“昭和の名店”とされたラーメン屋群。
 『東池袋大勝軒』も、そういった必須事項はモチロンのこと、とりわけ昭和においては重要事項でもあった「量が多い」という面では、群を抜いていたものでした。

東池袋大勝軒
住所:東京都豊島区南池袋2-42-8
電話:03-3981-9360『東池袋大勝軒』営業時間案内(2012年)
営業時間:スープなくなり次第終了
 11:00~22:30
定休日:無休
駐車場:無し(近隣のコインパーキング利用)
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『東池袋大勝軒』本店、中華そば]の続きを読む
スポンサーサイト
 JR大井町駅の東口から、徒歩で3分弱。
 「東小路飲食店街」という目立たぬ場所で営業しております“デカ盛り洋食店”、『キッチン ブルドック』。
『キッチン ブルドック』店舗概観画像(2012年)
 『ブルドック』の看板には「大井一やすい」とは記されているものの、メインの揚げ物一品をご飯と味噌汁とのセットで注文すると、量が多いという利点を除けば「1000円超え」を余儀なくされるのが、いわば、この店の“ネック”でしょうか。
 しかしながら、開店から午後4時までの時間帯では、安価で食べられるセットメニュー「Aランチ」も販売されているのです。

メンチカツとエビフライ840円

『キッチン ブルドック』Aランチ・メンチカツとエビフライ(1)
『キッチン ブルドック』Aランチ・メンチカツとエビフライ(2)   『キッチン ブルドック』Aランチ・メンチカツとエビフライ(3)
ライス味噌汁

 この日の「Aランチ」は、この店の1番人気のメニューといえる「メンチカツ」に巨大な「エビフライ」が一尾。
 盛皿の方には山盛りのキャベツとポテトサラダ、これに大盛クラスのご飯と特製の味噌汁(豚汁)がセットになって、お値段840円
 通常の一品メニューで注文した際と比べ、揚げ物類はスケールダウンしてしまいますが、それでも『ブルドック』独自の味付とボリューム感は十分に堪能可能。
 なお、この「Aランチ」は“日替わりメニュー”となっておりますので、揚げ物類の組み合わせを自由に選べない点には、ご注意を。

キッチン ブルドック
住所:東京都品川区東大井5-4-13『キッチン ブルドック』電話番号
電話:03-3471-6709
営業時間:11:40~21:00
定休日:水曜・第3木曜
駐車場:無し
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『キッチン ブルドック』@大井町、Aランチ]の続きを読む
 確かな品質と品数を揃えたスーパーやスイーツ、お惣菜店が軒を連ねる阪急百貨店大井食品館(リンク先:公式サイト)
 数ある販売店の中で、帰省時などの旅のお供として重宝しそうなのが、ご存知シウマイの『崎陽軒』(きようけん:公式サイト)
 その『崎陽軒』で「シウマイ弁当」に続く人気のお持ち帰り弁当がコチラ、常温で食べても美味しい「チャーハン」です。

横濱チャーハン540円(723kcal)

『崎陽軒』横濱チャーハン・540円(1)
『崎陽軒』横濱チャーハン・540円(2)   『崎陽軒』横濱チャーハン・540円(3)
『崎陽軒』横濱チャーハン・540円(4)

 オカズ類は鶏のチリソース筍煮きゅうり漬け昔ながらのシウマイとチョッピリ少な目ですが、しっかりと「海老」までトッピングされ、意外に本格的なチャーハンのお弁当
 「540円」という手頃な値段でありながらも、刻みチャーシューの量も多く食べ応えのある一品。
 「もう少しオカズ類が欲しい・・・」という方には、別に「炒飯弁当」が780円で販売されておりますよ。

崎陽軒阪急大井食品館店
住所:東京都品川区大井1-50-5
電話:03-3778-5111(代表)『阪急』大井食品館、営業時間案内(2011年)
営業時間:
 平日10:00~21:00
 土日祝10:00~20:00
定休日:不定休(元日は休業)
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『崎陽軒』阪急百貨店・大井食品館店、横濱チャーハン]の続きを読む
 JR徳島線・鮎喰駅(あくいえき)から徒歩で20分、徳島駅付近から車を利用すれば15分ほど。
 昭和45年(1970年)創業、メディアへの露出拒む“徳島県民御用達ラーメン店”『支那そば 名東軒』(みょうどうけん)。
『支那そば 名東軒』@徳島、店舗概観画像(2011年)
 99年の“徳島ラーメン・ブーム”以降に大きく変化をした、“徳島県におけるラーメン事情”。
 そこでは「後継者の有無」が明暗を分け、後継者確保に成功した店の多くは徳島ラーメンブームの恩恵を受けて躍進、その一方で、後継者のいない店は程なくして閉店の憂き目に。
 しかしながら、後継者を得て“代替わり”を果たした店の多くは、調理人自身の経験不足や原材料の使用量を抑えて「味を変える」、あるいは、県外客を呼び込み“ポストいのたに利権”を得るべく「過剰な宣伝」を行う店が続出。
 結果、代々受け継がれてきた“伝統の味”は不明瞭となり、今では“徳島ラーメンもどき”が跋扈するという状況。

 そのような状況を“徳島ラーメンの商業化”と呼ぶのであれば、その商業化には背を向け、ひたすら“伝統の味”を守り通してきたのが、今回紹介する『名東軒』。
 私的に表現するなら、この店こそが“徳島ラーメン最後の砦”となるでしょう。

 そんな『名東軒』で食べましたメニューは、いわゆる“すき焼きラーメン”、「肉玉入り」です。
『支那そば 名東軒』@徳島、小肉玉子入・650円(1)  『支那そば 名東軒』@徳島、小肉玉子入・650円(2)

支那そば 名東軒(みょうどうけん)
住所:徳島県徳島市名東町1-81-18
電話:088-631-0698『支那そば 名東軒』@徳島、営業時間と定休日(2011年)
営業時間:11:00~19:00
定休日:火曜日
駐車場:10台以上
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『支那そば 名東軒』@徳島、小肉玉子入]の続きを読む
 りんかい線と山手線が乗り入れる、大崎駅の西口を出てスグの場所。
 昭和50年代中頃に東京都内を中心に店舗数を一気に拡大させたラーメン店、『元祖中華つけ麺大王』の大崎店
『つけ麺大王』大崎店、店舗概観画像(2011年)
 この『つけ麺大王』に“功績”があるとすれば、それは「つけ麺というコトバを定着させた」ことと同時に、別皿に盛り付けた麺をスープに浸すという「ラーメンの新しい食べ方を提案した」ことでしょうか。

半チャーハン&つけ麺セット850円

『つけ麺大王』大崎店、半チャーハン&つけ麺セット・850円
『つけ麺大王』大崎店、半チャーハン&つけ麺セット・中太麺   『つけ麺大王』大崎店、半チャーハン&つけ麺セット・スープ
『つけ麺大王』大崎店、半チャーハン&つけ麺セット・チャーハン

  写真は、夕方5時まで提供されているサービスメニュー、「つけ麺セット」。
 ラーメンのスープと水で締めた麺を別にし、それに通常量の半分のチャーハンをセットにしたという実に単純なメニューですが、“昭和”という時代にはコレがたいそうなご馳走であり、また、ボリューム感も相当なものがございました。
 お店の方は「ほぼ年中無休」で「深夜営業」も行っており、ラーメン以外の定食系メニューも豊富で“使い勝手の良い店”として、まだまだ需要はありそうです。

元祖中華つけ麺大王大崎店
住所:東京都品川区大崎3-6-17
電話:03-3490-8599『つけ麺大王』大崎店、店舗看板画像(2011年)
営業時間:
 平日11:00~28:00頃
 土日祝日:11:00~26:00頃
定休日:(原則)無休
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『元祖中華つけ麺大王』大崎店、半チャーハン&つけ麺セット]の続きを読む
 JR徳島駅と牟岐線・阿波富田駅から徒歩で10分強。
 徳島県徳島市内の中心的な繁華街・徳島銀座商店街にて営業中の、昭和26年(1951年)創業という老舗店舗中華そば 銀座一福』(公式サイト)
『銀座一福』@徳島、店舗概観画像(2011年)
 現在に至るまで禍根を残すことになった、『新横浜ラーメン博物館』主導の“徳島ラーメン”の選定と『いのたに』の出店が決まった1999年当時、「徳島市内で古くから営業している人気の“中華そば店”」と言えば、間違いなく『銀座一福』や『よあけ』といった“非・徳島ラーメン店”。
 しかしながら2000年代の前半頃、『いのたに』の爆発的な集客力を目にした多くの店舗が、従来の支那そばや中華そばといったスタイルから、徳島ラーメンを想起させるモノへと“改宗”。
 『銀座一福』もそういった“改宗組”の一つに数えられるものの、豚骨と鶏ガラを煮出した“独自のスープ”や、徳島県内のラーメン店に顕著に見られる、ラーメン以外のメニューも豊富に取り揃える“中華食堂的店舗”といったものは、堅守。

 そんな“徳島ラーメン事情”を語る上で欠かせない『銀座一福』で今回食べましたメニューは、人気の「ワンタン麺」と、テイクアウトも可能なとろけるように柔らかい「シューマイ」(焼売)です。
『銀座一福』@徳島、シューマイ・400円(1)  『銀座一福』@徳島、ワンタン麺・650円(1)

銀座一福
住所:徳島県徳島市銀座10 1F
電話:088-652-2340『銀座一福』中華そば&焼きめしセット・画像
営業時間:11:00~22:00(ただし、売り切れ次第終了)
定休日:不定休
駐車場:近隣のコインパーキング『ミニッツパーク24』を利用(飲食代金によって割引あり)
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『銀座一福』@徳島、ワンタン麺&シューマイ]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。