メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

ブログ説明
■このブログでは、『品達』や『新横浜ラーメン博物館』などの集合施設を中心とした「ラーメン店の紹介」と、デパ地下や駅ナカ施設などで購入した「お持ち帰り商品」を記事にしております。

ブログ記事作成に関し、テレビや雑誌、あるいはインターネット情報を参考にすることなく“独自情報”を元に記述することが多いので、その点はご了承くださるようにお願い致します。

ブログ閲覧に当たっては、左右のサイドバーに設置された「検索」「カテゴリー」「タグクラウド」「全記事表示」の機能などを活用して、必要とする記事をお読みください。
当ブログにおける最も有効な検索方法は、右サイドバー上部に設置した検索ボックスより「ブログ内検索」を行うことです

なお、閲覧に際し「Internet Explorer、Firefox、Opera」のいずれかのブラウザをお使いの方は、ブログ上のリンクにマウスポインタを重ねることで、「リンク先の確認」が可能です(不要な方は、ウィンドウ下部の「×ボタン」で閉じてください)。

画像はクリックすることで拡大表示されます。
但し、当ブログ内の画像を許可なく他サイトへ転用するなどの「二次使用は厳禁」とさせていただきます。

■コメント、トラックバックはご自由に(コメント・トラバ承認制。でも「スパム行為」はやめて下さいね)。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 2004年1月に“東京・荻窪中華そば”の名を冠して新横浜ラーメン博物館』(公式サイト)への出店を果たし、2011年4月3日での営業終了を予定(リンク先『ラー博』公式サイト)しております、春木屋新横浜ラーメン博物館店
『春木屋』新横浜ラーメン博物館店、替めし・販促ポスター(2011年)
 その『春木屋』では『ラー博』店舗の営業終了に伴い、いくつかのメニューを3月14日(月)をもって販売を停止。
 今回紹介いたします、ラーメンとセットにして注文する「替めし」が食べられるのも、残り僅かな期間となっております。

ミニ中華そば替めし」(550円250円

『春木屋』新横浜ラーメン博物館店、ミニ中華そば&替めし・800円(2011年)
『春木屋』新横浜ラーメン博物館店、替めし・温泉玉子(2011年)    『春木屋』新横浜ラーメン博物館店、替めし・薬味類(2011年)
『春木屋』新横浜ラーメン博物館店、替めし・炊き込みご飯(2011年)

 『春木屋』自慢の「スープを最後の一滴まで楽しんで欲しい・・・」という願いから生まれました、温泉玉子に刻みネギ・チャーシュー・海苔の薬味類と、ご飯のセットにしたメニュー。
 あくまで“サイドメニュー扱い”の商品ですので、「中華そば(醤油ラーメンor塩ラーメン)と一緒に注文」せねばならない点には、注意が必要。
 以前には「白飯」でのセットになっておりましたが、昨年11月からはラーメンのスープで炊き込んだ「出汁飯」で提供されるように変更となりました。

春木屋新横浜ラーメン博物館店(リンク先『30min.』店舗情報)
『春木屋』新横浜ラーメン博物館店、ラーメン画像(館内掲示・2010年)住所:神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-21
電話:045-471-0503(代表)
営業時間:最終入館時刻は21:00~23:00の間で変動
 平日:11:00~
 土日祝:10:30~
定休日:(年末年始を除き)無休

[『春木屋』新横浜ラーメン博物館店、ミニ中華そば&替めし]の続きを読む
スポンサーサイト
 全国の老舗ラーメン店が集う新横浜ラーメン博物館』(公式サイト)において、2004年1月15日より“東京・荻窪中華そば”として出店を開始しました、春木屋新横浜ラーメン博物館店
『春木屋』新横浜ラーメン博物館店、店舗概観画像(2011年・2)
 “東京ラーメン”の代表格として、誰もが認めるであろう春木屋』は2011年4月3日(日)で営業終了が決定(リンク先:『ラー博』サイト)との情報。
 それに従い、3月15日以降は「中華そば」(醤油ラーメン)と「限定メニュー」だけの提供になるようで、塩ラーメン」「つけそば」「ご飯もの」に関しては3月14日(月)にて販売終了(リンク先:『ラー博』公式ブログ)となるそうです。

 今回のエントリでは、間もなく“終売”となります「つけそば」(つけ麺)を、冷たい麺の“ひやもり”と、温かい麺“あつもり”の両方で紹介いたします。
『春木屋』新横浜ラーメン博物館店、つけそば大盛・1050円(2011年)  『春木屋』新横浜ラーメン博物館店、つけそば(あつもり)・850円(2011年)

春木屋新横浜ラーメン博物館店(リンク先『30min.』店舗情報)
『春木屋』新横浜ラーメン博物館店、ラーメン画像(館内掲示・2010年)住所:神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-21
電話:045-471-0503(代表)
営業時間:最終入館時刻は21:00~23:00の間で変動
 平日:11:00~
 土日祝:10:30~
定休日:(年末年始を除き)無休

[『春木屋』新横浜ラーメン博物館店、つけそば]の続きを読む
 新横浜駅から徒歩で5分ほどのフードアミューズメントパーク、新横浜ラーメン博物館』(公式サイト)
『春木屋』新横浜ラーメン博物館店、店舗概観画像(2011年・1)
 『ラー博』店舗の中で、目新しさはないものの“味の評価”の高いお店がコチラ、“東京ラーメン”の老舗春木屋新横浜ラーメン博物館店

塩中華そば太麺850円

『春木屋』新横浜ラーメン博物館店、塩中華そば・850円(2011年・1)
『春木屋』新横浜ラーメン博物館店、塩中華そば・850円(2011年・2)   『春木屋』新横浜ラーメン博物館店、塩中華そば・太麺(2011年)
『春木屋』新横浜ラーメン博物館店、塩中華そば・スープ(2011年)

 写真は、「塩中華そば」(塩ラーメン)。
 トッピング類は、「中華そば」(醤油ラーメン)と同じ刻みネギメンマ焼き海苔チャーシューに、このメニューでは胡麻をプラス。
 は、ストレートの細麺と縮れ形状の太麺からの選択が可能。
 煮干を始めとする数十種類の具材を使用したスープは非常に「まろやか」で、多めに使用されている油と共に、塩ダレの“尖り”を優しく包み込むような味わいへと仕上がっております。

春木屋新横浜ラーメン博物館店(リンク先『30min.』店舗情報)
『春木屋』新横浜ラーメン博物館店、ラーメン画像(館内掲示・2010年)住所:神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-21
電話:045-471-0503(代表)
営業時間:最終入館時刻は21:00~23:00の間で変動
 平日:11:00~
 土日祝:10:30~
定休日:(年末年始を除き)無休

[『春木屋』新横浜ラーメン博物館店、塩中華そば]の続きを読む
 新横浜駅から徒歩で5分ほどのフードアミューズメントパーク新横浜ラーメン博物館』(公式サイト)
『春木屋』新横浜ラーメン博物館店、ゆず塩つけそば・販促ポスター(2010年11月~)
 今回のエントリでは、“東京ラーメン”の老舗春木屋新横浜ラーメン博物館店が秋から冬にかけて提供する“限定メニュー”、「ゆず塩つけそば」(つけ麺)を紹介いたします。

ゆず塩つけそば850円

『春木屋』新横浜ラーメン博物館店、ゆず塩つけそば・850円(2010年12月)
『春木屋』新横浜ラーメン博物館店、ゆず塩つけそば・つけダレ(2010年12月)  『春木屋』新横浜ラーメン博物館店、ゆず塩つけそば・麺(2010年12月)

 通常の「つけそば」とは異なり、コチラのメニューでは「塩中華そば」(塩ラーメン)をベースに、つけダレの中に「刻み柚子」が加えられ、後味がサッパリとした仕上がり。
 麺の提供方法は2種類ございまして、水で締めた「」と、ダシ汁に麺を浮かべた「」(あつもり)から選ぶことが可能。
 “連食”を前提とする『ラー博』内ではかなりの多目となるため、そんな多店舗巡りをされる方に向けた「ミニゆず塩つけそば」(650円)も販売しております。

春木屋新横浜ラーメン博物館店(リンク先『30min.』店舗情報)
『春木屋』新横浜ラーメン博物館店、ラーメン画像(館内掲示・2010年)住所:神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-21
電話:045-471-0503(代表)
営業時間:最終入館時刻は21:00~23:00の間で変動
 平日:11:00~
 土日祝:10:30~
定休日:(年末年始を除き)無休

[『春木屋』新横浜ラーメン博物館店、ゆず塩つけそば]の続きを読む
 新横浜駅から徒歩で5分ほどのフードアミューズメントパーク新横浜ラーメン博物館』(公式サイト)
 数ある全国の老舗ラーメン店が集うこの『ラー博』に2004年1月にオープンいたしましたのが、“東京のビックネーム”の一つとして誰もが疑わぬ店、春木屋』(公式サイト)
『春木屋』新横浜ラーメン博物館店、店舗概観画像(2010年・1)
 東京都杉並区に本店を構える『春木屋』は、昭和50年代頃よりメディアで積極的に紹介され、また、故・伊丹十三監督の映画『タンポポ』のモデルにもなったことも手伝って“荻窪ラーメン”の名を冠されるほどになった有名店。
 そして、『ラー博』開業以前からの10数年に及ぶ“誘致”に応え、ようやく出店が実現したのだそうです。

 今回のエントリでは、そんな『春木屋』の基本メニュー「中華そば」(800円)と、昭和30年代の味を再現した期間限定メニュー「春木屋中華そば 昔味」(600円)を紹介いたします。

東京荻窪 春木屋
 戦後の東京ラーメンの礎となった老舗中の老舗「春木屋」。煮干の香りが漂うシンプルな醤油ラーメンですが、そこには独自の哲学が…。「お客様は時代とともに舌が肥える。味の質を高めていって初めて、“変わらない味”と評価される」という「春木屋理論」はラーメン業界にも広く浸透。親子三代に渡って通い続ける常連さんも数多くいるほど、ファンの舌と心を魅了してやみません。

『春木屋』新横浜ラーメン博物館店、中華そば・800円(2010年・1)   『春木屋』新横浜ラーメン博物館店、中華そば昔味・600円(2010年・1)

春木屋新横浜ラーメン博物館店(リンク先『30min.』店舗情報)
『春木屋』新横浜ラーメン博物館店、ラーメン画像(館内掲示・2010年)住所:神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-21
電話:045-471-0503(代表)
営業時間:最終入館時刻は21:00~23:00の間で変動
 平日:11:00~
 土日祝:10:30~
定休日:(年末年始を除き)無休

[『春木屋』新横浜ラーメン博物館店、中華そば昔味]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。