メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

ブログ説明
■このブログでは、『品達』や『新横浜ラーメン博物館』などの集合施設を中心とした「ラーメン店の紹介」と、デパ地下や駅ナカ施設などで購入した「お持ち帰り商品」を記事にしております。

ブログ記事作成に関し、テレビや雑誌、あるいはインターネット情報を参考にすることなく“独自情報”を元に記述することが多いので、その点はご了承くださるようにお願い致します。

ブログ閲覧に当たっては、左右のサイドバーに設置された「検索」「カテゴリー」「タグクラウド」「全記事表示」の機能などを活用して、必要とする記事をお読みください。
当ブログにおける最も有効な検索方法は、右サイドバー上部に設置した検索ボックスより「ブログ内検索」を行うことです

なお、閲覧に際し「Internet Explorer、Firefox、Opera」のいずれかのブラウザをお使いの方は、ブログ上のリンクにマウスポインタを重ねることで、「リンク先の確認」が可能です(不要な方は、ウィンドウ下部の「×ボタン」で閉じてください)。

画像はクリックすることで拡大表示されます。
但し、当ブログ内の画像を許可なく他サイトへ転用するなどの「二次使用は厳禁」とさせていただきます。

■コメント、トラックバックはご自由に(コメント・トラバ承認制。でも「スパム行為」はやめて下さいね)。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 1994年開業の新横浜ラーメン博物館』(公式サイト)へは、2009年の12月に出店。
 そしてこの度、2013年1月14日に撤退することが決まったのが、久留米ラーメン”の老舗店舗『大砲ラーメン新横浜博物館店
『大砲ラーメン』新横浜ラーメン博物館店、2013年1月14日・閉店告知
 「全国各地のラーメンを、飛行機に乗らずに食べに行ける」をコンセプトに、数多くのラーメン店を招聘し、空前の“ご当地ラーメン・ブーム”を創出した、『ラー博』。しかしながら、その出店店舗選定基準に関しては不明瞭で、多くの場合、出店の決まった地域やラーメン愛好家などからは「なぜ、あの店が?」との疑問を持たれ続けていたのも、事実。
 そんな『ラー博』出店店舗の中でも、出店地域で長らく営業を続け、それなりの評価も獲得。さらに、全国規模で食べ歩くラーメン愛好家からの評価も高い、数少ない“ホンモノのご当地ラーメン店”の一つが、今回“卒業”と銘を打ち、閉店することとなった大砲ラーメン』(リンク先:公式サイト)であると、言えるでしょうか。

 今現在、『ラー博』の『大砲ラーメン』には、閉店を惜しむ数多くのお客さんが集結中。
 比較的にお客さんの数が少ない平日であっても、行列のできる時間帯が少なからず見受けられる状態なのだとか。
 まさに、“閉店景気”真っ只中の『大砲』で食べましたメニューは、“久留米ラーメン”の特徴的な部分を再現した「昔ラーメン」。
 それに、麺のおかわり「替玉」も注文してみましたよ。
『大砲ラーメン』新横浜ラーメン博物館店、昔ラーメン・780円(1)

大砲ラーメン新横浜ラーメン博物館店
住所:神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-21
『大砲ラーメン』新横浜ラーメン博物館店、店舗案内画像電話:045-471-0503(代表)
営業時間:最終入館時刻は変動あり(リンク先:営業時間案内)
 平日:11:00~/土日祝:10:30~
定休日:(原則)年中無休
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『大砲ラーメン』新横浜ラーメン博物館店、2013年1月14日閉店]の続きを読む
スポンサーサイト
 JR川崎駅から徒歩で1分弱、ショッピングモールラゾーナ川崎プラザ』(リンク先:公式サイト)の1階ダイニング・セレクション内で営業しております、札幌味噌ラーメン専門店”『すみれ』(公式サイト)

 『すみれ』と言えば、開業当初の『新横浜ラーメン博物館』への出店を果たし、“濃厚味噌ラーメンの店”との称号を得たことで有名。
 その規格外ともいえる味付や油濃度の濃さは、ここ『ラゾーナ川崎プラザ』でも変わらず。
 しかしながら、“ラーメン・マニア”よりも“一般人”が集うショッピングモールで、そういった濃厚系ラーメンが提供されることには、賛否両論ある模様。
 そんな、“濃厚慣れ”していない方々にこそオススメのメニューが、「昔風ラーメン」。

昔風ラーメン900円

『すみれ』ラゾーナ川崎店、昔風ラーメン・900円(1)
『すみれ』ラゾーナ川崎店、昔風ラーメン・900円(2)   『すみれ』ラゾーナ川崎店、昔風ラーメン・900円(3)

 この昔風ラーメンを一言で説明すれば、それは「あっさり醤油味のラーメン」。
 『すみれ』の礎となった『純連』で昔から提供されてきたメニューというわけではなく、むしろ、この店特有の“濃厚さや油っぽさを苦手とする人向けのメニュー”。
 それゆえに、スープ濃度も味付も控えめで、トッピングを含めた見た目も“昔懐かしの中華そば”に仕上がっているのです。

すみれラゾーナ川崎店
住所:神奈川県川崎市幸区堀川町72-1 ラゾーナ川崎プラザ1Fダイニング・セレクション
電話:044-874-8051『すみれ』ラゾーナ川崎プラザ店、営業時間案内
営業時間:11:00~22:00
  ラストオーダー21:30
定休日:不定休(ラゾーナ川崎プラザに準ずる)
駐車場:施設専用駐車場有り(お買い物総額に応じ無料)
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『すみれ』ラゾーナ川崎店、昔風ラーメン]の続きを読む
 一般に“ご当地ラーメン”というと、「各地方の気候・風土に根ざし、その地方独特の食材・調理法・味覚が反映された美味しいラーメン」であると考えてしまいそうですが、これまでに見てきたように、実際には「メディアを通じて世間の耳目を惹きつけることの出来た、各地方発のラーメン」といってしまった方が、良いのかもしれません。
 さらには、そんなご当地ラーメンの情報発信源として欠かすことの出来ない、メディアとの事実上の“橋渡し役”を担っていたのが、90年代から2000年代初め頃までの新横浜ラーメン博物館』(リンク先:公式サイト)であると、言い換えることも出来るでしょうか。
ご当地ラーメン一覧@『ラー博』掲示(1)
ご当地ラーメン一覧@『ラー博』掲示(2)    ご当地ラーメン一覧@『ラー博』掲示(3)
  全国のご当地ラーメンを分類した第三回目では、「四国・九州地方のご当地ラーメン」を紹介。
 ココでは、“『ラー博』頼み”でご当地化を促進しようとする徳島県や高知県の「四国」に対し、『ラー博』とは一定の距離を置き、あくまで“独自路線”を突き進もうとするかに見える、福岡県を中心とした「九州地方」。
 そんな構図が、見え隠れしてまいります。
[ご当地ラーメン(四国・九州)]の続きを読む
 新横浜ラーメン博物館』(リンク先:公式サイト)の分類・命名に従った、全国の“ご当地ラーメン”を紹介するシリーズの、第二弾。
四大ご当地ラーメン・分類@『ラー博』掲示
 1994年の『ラー博』の開業以前には、多くの人にとってご当地ラーメンと言えば、札幌・喜多方・東京・九州といった“四大ご当地ラーメン”が有名。
 
四大ご当地ラーメン・札幌@『ラー博』掲示   四大ご当地ラーメン・喜多方@『ラー博』掲示
しかしながら、その分類は『ラー博』の出現により、現在は“28ご当地”にまで細分化されている模様です。
四大ご当地ラーメン・東京@『ラー博』掲示   四大ご当地ラーメン・九州@『ラー博』掲示

 前回の北海道・東北・関東編」(リンク先:当ブログ内関連記事)に続き、今回は「北陸・東海・関西・中国地方のご当地ラーメン」を紹介。
 特にココで注目に値するのは、ラーメン評論家・マスコミ・ラーメン業界関係者、それに観光協会までもが加わり、短期間での“ご当地化”に成功を収めた「和歌山ラーメンの成立過程」でありましょうか。
[ご当地ラーメン(北陸・東海・関西・中国)]の続きを読む
 新横浜ラーメン博物館』(リンク先:公式サイト)と言えば、2000年代初め頃までの“ラーメンブーム”を牽引した、ラーメンを専門にしたフードテーマパーク。
 1994年の同館オープンに伴い、全国各地のラーメンを調査、分類。
 そこから“ご当地ラーメン”なる概念を生み出した影響力は、良くも悪くも、計り知れないものがあるでしょう。
ご当地ラーメン・掲示@『ラー博』(1)
ご当地ラーメン・掲示@『ラー博』(2)   ご当地ラーメン・掲示@『ラー博』(3)
 その『ラー博』が分類し、現在も館内で掲示を行っている“ご当地ラーメン”を、『Wikipedia』を始めとするネット記事を参考にしつつ、まとめを試みたというのが、当エントリ。
 その第一回目の今回は、「北海道・東北・関東地方のご当地ラーメン」を紹介しておこうと思います。
[ご当地ラーメン(北海道・東北・関東)]の続きを読む
 新横浜ラーメン博物館』(公式サイト)へ“初のつけ麺専門店”として頑者新横浜ラーメン博物館店が出店を果たしたのは、今から2年前の6月2日。
『頑者』新横浜ラーメン博物館店、ネクストレベル・販促ポスター(2012年)
 その『ラー博』出店2周年を記念し販売されているのは、昨年同様、「ネクストレベルつけ麺」。
 今年度販売されている“2012年バージョン”では、昨年以上の煮干濃度を誇るスープに、トッピングメニューとしても評価の高い「アブリ」(炙りチャーシュー)がプラスされましたよ。

ネクストレベル──限界濃度──(リンク先:『ラー博』サイト)

『頑者』新横浜ラーメン博物館店、ネクストレベル2012・950円
本店でも食べることの出来ない幻の味が、「2周年感謝つけめん」として再登場!!
『頑者』新横浜ラーメン博物館店、ネクストレベル2012・つけダレ(1)  『頑者』新横浜ラーメン博物館店、ネクストレベル2012・極太麺(1)
販売期間:2012年6月2日(土)~6月30日(土)
販売価格:950円

頑者新横浜ラーメン博物館店
住所:神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-21
電話:045-471-0503(代表)『頑者』新横浜ラーメン博物館店、つけ麺・看板(館内掲示・2010年)
営業時間:最終入館時刻は21:00~23:00の間で変動
 平日:11:00~
 土日祝:10:30~
定休日:(年末年始等を除き)無休
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『頑者』新横浜ラーメン博物館店、ネクストレベル2012]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。