メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

ブログ説明
■このブログでは、『品達』や『新横浜ラーメン博物館』などの集合施設を中心とした「ラーメン店の紹介」と、デパ地下や駅ナカ施設などで購入した「お持ち帰り商品」を記事にしております。

ブログ記事作成に関し、テレビや雑誌、あるいはインターネット情報を参考にすることなく“独自情報”を元に記述することが多いので、その点はご了承くださるようにお願い致します。

ブログ閲覧に当たっては、左右のサイドバーに設置された「検索」「カテゴリー」「タグクラウド」「全記事表示」の機能などを活用して、必要とする記事をお読みください。
当ブログにおける最も有効な検索方法は、右サイドバー上部に設置した検索ボックスより「ブログ内検索」を行うことです

なお、閲覧に際し「Internet Explorer、Firefox、Opera」のいずれかのブラウザをお使いの方は、ブログ上のリンクにマウスポインタを重ねることで、「リンク先の確認」が可能です(不要な方は、ウィンドウ下部の「×ボタン」で閉じてください)。

画像はクリックすることで拡大表示されます。
但し、当ブログ内の画像を許可なく他サイトへ転用するなどの「二次使用は厳禁」とさせていただきます。

■コメント、トラックバックはご自由に(コメント・トラバ承認制。でも「スパム行為」はやめて下さいね)。

 2012年の10月26日から11月4日まで、東京の駒沢オリンピック公園にて開催されておりました、東京ラーメンショー』(リンク先:公式サイト)
 今年度は、その10日ほど前まで開催されていた大つけ麺博』(リンク先:公式サイト)の方に有名ラーメン店がこぞって出店。その兼ね合いからか『東京ラーメンショー』の方には有名店の出店は数少なく、それを補うべく“ご当地ラーメンイベント”として開催。

 そんなご当地ラーメンの徳島県代表として、10月31日から11月4日まで出店していたのが、当ブログで生温く見守り続けたラーメン東大』(リンク先:公式サイト)
『ラーメン東大』@東京ラーメンショー2012、店舗概観画像
 創業者は関西人、そして過剰な宣伝が鼻をつくこともあってか、決して徳島県内では評判の高い店とは言えませんが、短期日程の本州でのイベントともなると、ご当地ラーメンとしての強みを発揮。
 今回のイベントでも、徳島県内の“現実”を知らない方々に、相当な杯数の徳島ラーメンを提供していたようですよ。
『ラーメン東大』@東京ラーメンショー2012、徳島ラーメン(1)

ラーメン東大大道本店
住所:徳島県徳島市大道1-36
電話:088-655-3775『ラーメン東大』大道本店、営業時間と定休日(2011年)
営業時間:11:00~翌4:00
 売切れ次第終了
定休日:年中無休
駐車場:5台
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[東京ラーメンショー2012『ラーメン東大』徳島ラーメン]の続きを読む
 ここに貼り出した画像は、「2010年」に実食&撮影した、少々古いモノ。紛失してしまったとばかり思っていたメモリーカードやUSBメモリーが、徳島県の方から送られてきましたので、参考までにブログにて投下。

 画像は徳島県徳島市の人気店『春陽軒』(しゅんようけん)提供の、いわゆる“徳島ラーメン”。
 通常の中華そば(ラーメン)に豚バラスライス肉生卵を追加トッピングして、サイドメニューの中盛サイズのライスを加えたもの。

中華そば肉玉子入りライス中

『春陽軒』@徳島、中華そば・肉玉入り&ライス中
650円150円

 1999年以降こういったスタイルの中華そばが、主に徳島県外から“徳島ラーメン”や“すき焼きラーメン”などと称され、その見た目のインパクトから全国的な知名度を得るようになったわけですが、一般的なラーメン基準から比較して、その最も特徴的な部分は「味付の濃さ」でしょうか。
『春陽軒』@徳島、中華そば・肉玉入り(1)
 徳島県で古くから営業する「支那そば」「中華そば」を看板に掲げる店の場合、他地域の古いスタイルのラーメンと比べスープを豚骨ベースとするという特異点はあるものの、概ねアッサリとした味付で、年齢や時間帯を問わず抵抗なく食べられるモノばかり。
 それに対して昭和40年代から人気を博した豚バラ肉トッピングに焦げ茶色スープの“徳島ラーメン”の場合、スープの味付の濃さが突出しており、その濃さを“中和”して食べるに当たっては、「ご飯」や「生卵」を同時注文することが好まれたとも聞きます。

 そんな“徳島ラーメン”を提供する店でも、『春陽軒』は今や老舗の一つ。
 外食産業的な店舗経営を基本にメディアへの宣伝活動に注力する“ビジネスライクな徳島ラーメン”を出す店と比べ、時代に流されず、地元の方に支持される“伝統的なスタイル”を、これからも貫き通してくれることでしょう。

中華そば 春陽軒
住所:徳島県徳島市南田宮4-4
電話:088-632-9818『春陽軒』@徳島、営業時間と定休日
営業時間:売切れ次第終了
 11:00~16:00
定休日:月曜日(月曜祝日の場合、翌日休)
駐車場:店舗前と高架下専用スペースで10台程度
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『中華そば 春陽軒』@徳島、肉玉子入り&ライス中]の続きを読む
 地下鉄・神保町駅のA3出口から、徒歩で1分ほど。
 “ご当地ラーメンブーム”を背景に、徳島県を含め、全国規模で“徳島ラーメン”を提供する店舗展開を行った『徳島中華そば 徳福』の新店舗、『徳福仁』(とくふくじん)。
『徳福仁』@神保町、肉玉そば・メニュー表画像
 2012年に営業を開始したこの店は、言うなれば“『徳福の集大成的な店舗”の一つ。『徳福』定番の“徳島ラーメン”を筆頭に、“札幌ラーメン”や神奈川県川崎市のプチご当地ラーメンとされる“ニュータンタンメン”を提供。
 こうした様々な“ご当地ラーメン”を取り扱うという事情で、店名から「徳島中華そば」の文字を外し、『徳福』という新たな屋号で営業を開始したのでしょう。

肉玉そば大盛ライス880円100円

『徳福仁』@神保町、肉玉そば&ライス
『徳福仁』@神保町、肉玉そば・880円(1)   『徳福仁』@神保町、ライス・100円(1)

 「肉玉そば」というメニューを分かりやすく説明しますと、基本の「徳島ラーメン」に豚バラスライス肉の増量玉子の追加トッピングを加えた、徳島県で通例使用されているメニュー名。他の『徳福』系列店と同様、玉子に関しては「生卵or温泉玉子or味付玉子」からの選択が可能。
 「ライス」に関しては、開店当初より50円値下げされ、しかも「お代わり自由」の大サービス。
 スープの「味付」は、醤油で辛さ香味油で甘さや香ばしさを加えた、徳島県の店舗では“新味”と称して販売されていたモノと同じのようです。

中華そば 徳福仁
住所:東京都千代田区神田神保町2-2-38
電話:03-5213-4549『徳福仁』@神保町、営業時間案内(2012年)
営業時間:11:30~23:00
定休日:日曜日
駐車場:ナシ
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『徳福仁』@神保町、肉玉そば]の続きを読む
 ラーメンの上に「焼肉」をトッピングし、「日本一ごはんが進むラーメン」なる驚愕の売り文句で人気の店、肉玉そば おとど』(リンク先:公式サイト)
『肉玉そば おとど食堂』篠崎店、店舗概観画像(2012年・1)
 この『おとど』というお店は、首都圏を中心としたラーメン業界における勝ち組の一人「塚田兼司氏」によるプロデュース店舗の一つで、本店は北松戸』(食べログ)、都内には『篠崎』と亀有』(食べログ)の2店舗が営業中。
 氏の系列ラーメン店の特徴は“完全オリジナル”なモノを提供しているのではなく、既存の流行っているラーメンを部分的に“インスパイア”(パクリ)をするのが得意技でしょうか。『おとど』提供の「肉玉そば」に関しては、首都圏を中心にカルト的人気を誇る『ラーメン二郎』や、徳島県徳島市のご当地麺とされる“徳島ラーメン”が元ネタと考えられます。

 今回のエントリでは、東京の江戸川区篠崎町の店舗で食べました「肉玉そば」と、お代わり無料の「ライス」を紹介いたします。

肉玉そばごはん700円

『肉玉そば おとど食堂』篠崎店、肉玉そば&ライス
『肉玉そば おとど食堂』篠崎店、肉玉そば(1)   『肉玉そば おとど食堂』篠崎店、ライス(1)

肉玉そば おとど食堂篠崎店
住所:東京都江戸川区篠崎町1-404-1飯島ハイツ1F
電話:03-3676-5858
『肉玉そば おとど食堂』篠崎店、営業時間と定休日(2012年)営業時間:
 月~土11:30~15:00/17:30~25:00
 日・祝11:30~25:00(通し営業)
定休日:年中無休
駐車場:近隣のコインパーキング利用
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『肉玉そば おとど食堂』篠崎店、肉玉そば&ごはん]の続きを読む
 “東京で食べられる徳島ラーメンの店”として、10年以上の営業歴を誇る、早稲田駅近くのうだつ食堂』(公式サイト)
『うだつ食堂』店舗概観画像(2012年・7月)
 『うだつ食堂』の開店は、“徳島ラーメン”なるコトバがこの世に生み出された、1999年。今もって他店舗が成し遂げたことのないような徳島ラーメンとして“再現度”を武器に、大いに注目されるところとなります。
 以降、首都圏を中心に徳島ラーメンの看板を掲げるラーメン店がいくつかオープンするも、いずれも短い営業期間で撤退。今や路面店として、そして徳島ラーメンの“専門店”として営業を続けているのは、この『うだつ食堂』だけでしょう。

 今回紹介するのは、本場・徳島県内でも販売を行うラーメン店が増えて来た、「つけめん」。昨年の7月より“リニューアル”され、全てのつけ麺メニューに「錦糸玉子」がトッピングされるようになりましたよ。

つけ麺大盛700円

『うだつ食堂』つけ麺・700円(2012年)
『うだつ食堂』つけ麺・麺大盛(1)   『うだつ食堂』つけ麺・つけダレ

うだつ食堂
住所:東京都新宿区西早稲田1-11-1
電話:03-5292-9231『うだつ食堂』営業時間案内
営業時間:
 月~土 11:30~翌3:00
 日・祝 11:30~22:00
定休日:(原則)無休
駐車場:近隣のコインパーキング利用
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『うだつ食堂』つけ麺・リニューアル]の続きを読む
 一般に“ご当地ラーメン”というと、「各地方の気候・風土に根ざし、その地方独特の食材・調理法・味覚が反映された美味しいラーメン」であると考えてしまいそうですが、これまでに見てきたように、実際には「メディアを通じて世間の耳目を惹きつけることの出来た、各地方発のラーメン」といってしまった方が、良いのかもしれません。
 さらには、そんなご当地ラーメンの情報発信源として欠かすことの出来ない、メディアとの事実上の“橋渡し役”を担っていたのが、90年代から2000年代初め頃までの新横浜ラーメン博物館』(リンク先:公式サイト)であると、言い換えることも出来るでしょうか。
ご当地ラーメン一覧@『ラー博』掲示(1)
ご当地ラーメン一覧@『ラー博』掲示(2)    ご当地ラーメン一覧@『ラー博』掲示(3)
  全国のご当地ラーメンを分類した第三回目では、「四国・九州地方のご当地ラーメン」を紹介。
 ココでは、“『ラー博』頼み”でご当地化を促進しようとする徳島県や高知県の「四国」に対し、『ラー博』とは一定の距離を置き、あくまで“独自路線”を突き進もうとするかに見える、福岡県を中心とした「九州地方」。
 そんな構図が、見え隠れしてまいります。
[ご当地ラーメン(四国・九州)]の続きを読む