メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

ブログ説明
■このブログでは、『品達』や『新横浜ラーメン博物館』などの集合施設を中心とした「ラーメン店の紹介」と、デパ地下や駅ナカ施設などで購入した「お持ち帰り商品」を記事にしております。

ブログ記事作成に関し、テレビや雑誌、あるいはインターネット情報を参考にすることなく“独自情報”を元に記述することが多いので、その点はご了承くださるようにお願い致します。

ブログ閲覧に当たっては、左右のサイドバーに設置された「検索」「カテゴリー」「タグクラウド」「全記事表示」の機能などを活用して、必要とする記事をお読みください。
当ブログにおける最も有効な検索方法は、右サイドバー上部に設置した検索ボックスより「ブログ内検索」を行うことです

なお、閲覧に際し「Internet Explorer、Firefox、Opera」のいずれかのブラウザをお使いの方は、ブログ上のリンクにマウスポインタを重ねることで、「リンク先の確認」が可能です(不要な方は、ウィンドウ下部の「×ボタン」で閉じてください)。

画像はクリックすることで拡大表示されます。
但し、当ブログ内の画像を許可なく他サイトへ転用するなどの「二次使用は厳禁」とさせていただきます。

■コメント、トラックバックはご自由に(コメント・トラバ承認制。でも「スパム行為」はやめて下さいね)。

 JR川崎駅へ直結したショッピングモールラゾーナ川崎プラザ』(リンク先:公式サイト)の1階グラン・フードで営業しております、和素材のアイスクリーム店”『sweets えん』(公式サイト)
『sweetsえん』北海道メロンアイスの香ばしチョコレートパフェ・ポスター
 “Early Summer fair”として、ラゾーナ川崎プラザの店舗で提供されている初夏の限定メニューは、メロンチョコレートをトッピングしたパフェでございます。

北海道メロンアイスの香ばしチョコレートパフェ」580円

『sweetsえん』北海道メロンアイスの香ばしチョコレートパフェ(1)
 北海道産の牛乳生クリーム赤肉メロンを贅沢に使用したアイスに、香ばしいチョコレートブラウニーをトッピングしました。チョコレートとの組み合わせがよく合います
『sweetsえん』北海道メロンアイスの香ばしチョコレートパフェ(2)

 生クリームと玄米フレーク、プリンの上に、カットしたメロンとアイスクリーム、それに香ばしく焼き上げた濃厚なチョコケーキであるブラウニーをトッピングした、スイーツメニュー。
 全体的に甘さ控えめで、強いメロンの香りとチョコの苦味の組み合わせが特徴的。
 欲を言えば輸入物のハニーデューメロンではなく、マスクがかかって熟したメロンを食べたいものでしたが、この価格帯では贅沢な希望といえるでしょうか。

sweets えんラゾーナ川崎プラザ店
住所:神奈川県川崎市幸区堀川町72-1-1 グラン・フード1F『sweets えん』ロゴマーク画像
電話:044-874-8135
営業時間:10:00~21:00
定休日:不定休(ラゾーナ川崎プラザに準ずる)
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『sweets えん』ラゾーナ川崎プラザ店、北海道メロンアイスの香ばしチョコレートパフェ]の続きを読む
 京急川崎駅から徒歩で2分ほど、川崎市役所へと向かう途上の「砂子一丁目交差点」付近で営業しております、伝説のすた丼屋川崎店(リンク先:公式サイト店舗情報)
『伝説のすた丼屋』川崎店、店舗概観画像(2013年2月)
 2011年にオープンした川崎の店舗は、『すた丼』のホームともいえる“学生街”ではなく、“繁華街”に立地する店舗。それゆえに営業的に苦戦するかと予想していたのですが、昼も夜も、それなりのお客さんからの支持を得られている模様。
 やはり、量が多くて提供価格が安いという“コストパフォーマンス”の良さは、数ある外食産業系飲食店の中でも、引けをとることはないのでしょう。

すたみなライス肉増し580円130円

『伝説のすた丼屋』川崎店、スタミナライス・肉増し(1)
『伝説のすた丼屋』川崎店、スタミナライス・肉増し(2)  『伝説のすた丼屋』川崎店、スタミナライス・肉増し(3)
味噌汁付

 基本メニューの「すた丼」がご飯の上に肉を盛り付けるという“丼ぶり”提供されるのに対し、スタミナライスはご飯と肉を別にした“定食風”にて提供するという違いがございます。
 また、「すた丼」「すたみなライス」共に、味付はニンニク醤油で値段も同じという共通点があるのですが、スタミナライスの方では「すた丼」に付き物の「生卵はセットにならず、代わりに、カイワレ大根を添えた「キャベツ」の山盛りがプラスされます。

 なお『すた丼』では全国展開に伴い、“地域別価格制”を導入。
 今回の「すたみなライス」を例に取りますと、『品川店』が620円、東京23区の店舗が600円、そして東京多摩地区と東京以外に出店している店舗では、原則的に580円で提供。
 したがって『川崎店』では東京23区との距離的差異がほとんどないながらも、“東京以外の店舗”というルールが適用されて、580円という割安価格で食べることができるのです。

伝説のすた丼屋川崎店
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-8-12 ウィン砂子1F、2F
電話:044-201-6719『伝説のすた丼屋』川崎店、営業時間案内(2011年7月)
営業時間:11:00~翌3:00
定休日:(原則)無休
 テイクアウトの電話予約可能
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『伝説のすた丼屋』川崎店、スタミナライス・肉増し]の続きを読む
 JR川崎駅に直結するショッピングモールラゾーナ川崎プラザ』(公式サイト)内の1階グラン・フードで営業しております“お茶カフェ”、京はやしや』(公式サイト)

 『ラゾーナ川崎プラザ』内における多くのスイーツ販売店舗では、バレンタインデーを意識したであろう“チョコレート”をフィーチャーしたメニューを販売中。
 1753年に創業したというお茶の老舗『京はやしや』では、看板メニューの「抹茶ソフトクリーム」に、かつて一世を風靡した「生チョコレート」を組み合わせたパフェを、期間限定で販売中。

抹茶生チョコパフェ600円

『京はやしや』ラゾーナ川崎店、抹茶生チョコパフェ(1)
 手づくりの生チョコをあしらった、この季節に食べたいパフェ。グラスの中には抹茶ゼリー、バナナ、抹茶ソフトクリーム、ココアクリーム、バナナ、白玉が入っています。
『京はやしや』ラゾーナ川崎店、抹茶生チョコパフェ(2)

 『京はやしや』提供のパフェ類は、ほうじ茶や抹茶といった“お茶系アイスクリーム”を主役とし、そこへ白玉団子や小豆(あずき)といった和食材のトッピングを加えた、“和風パフェ”が基本。しかしながら2013年2月の限定メニューでは、バナナやチョコレートなどの洋風食材を積極的に投入。
 この店の「抹茶ソフト」には、抹茶特有の苦味がなく、甘さも少々強めという、“お茶の老舗”という割りには立ち位置のハッキリしないタイプ。それゆえにソフトクリーム単品では、どこか“物足りなさ”が感じられるため、トッピング類で味に変化が加えられるのは大歓迎。
 しかしながら、和食材のトッピングの場合では“京風”というイメージに助けられはするものの、洋風食材との“噛み合わせ”は必ずしも良くはないようで、全体的にちぐはぐとした印象も。

 メディアへの登場回数が増え、知名度を上げている店ではありますが、どうも、ワタクシの味覚との“スイーツ相性”は良くないようです。

林屋茶園 京・スイーツラゾーナ川崎店
住所:神奈川県川崎市幸区堀川町72-1 ラゾーナ川崎プラザ1F
『林屋茶園 京・スイーツ』ラゾーナ川崎店、京ソフト・550円(4)電話:044-874-8136
営業時間:10:00~21:00
定休日:不定休(ラゾーナ川崎プラザに準ずる)
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『京はやしや』ラゾーナ川崎店、抹茶生チョコパフェ]の続きを読む
 JR川崎駅に直結のショッピングモールラゾーナ川崎プラザ』(リンク先:公式サイト)の1階グラン・フードで営業しております、和素材のアイスクリーム店”『sweets えん』(公式サイト)
『sweets えん』ラゾーナ川崎プラザ店、濃厚牛乳とイチゴの雪あられパフェ・ポスター
 時節柄、巷で幻想的なイルミネーションの光が輝くのに合わせ、『ラゾーナ川崎プラザ』の店舗でも“クリスマス・スペシャルメニュー”が登場。
 今現在、限定販売されているメニューは、濃厚な牛乳アイスイチゴあられなどをトッピングした“和洋折衷スイーツ”、「濃厚牛乳とイチゴの雪あられパフェ」でございます。

濃厚牛乳とイチゴの雪あられパフェ」580円

『sweets えん』ラゾーナ川崎プラザ店、濃厚牛乳とイチゴの雪あられパフェ(1)
 北海道の牧場牛乳アイスとプリンに、モチモチの手作り白玉とイチゴを合わせました。あられの塩気と食感がアクセントです。
『sweets えん』ラゾーナ川崎プラザ店、濃厚牛乳とイチゴの雪あられパフェ(2)

 クリスマス時期に降る雪、“ホワイト・クリスマス”をテーマにしたと思われる、期間限定スイーツ。
 玄米フレーク、スポンジケーキ・小豆(あずき)などを“大地”と見立て、その上に北海道牧場牛乳アイス、あられ、白玉団子、牛乳プリン、生クリーム、粉糖といった“”が降り注がれ、モチロン、それらに“クリスマス”を象徴するカラーである赤と緑の、苺、ストロベリーソース、ミントの葉をプラス。
 このメニューの影の主役は、日本の伝統的な和菓子「あられ」。
 あられ特有の“塩気”が、素材を重視したアイスやプリンに小豆といったものの“甘さ”をグングンと際立たせてくれます。
 また、あられのコリコリとした食感と白玉団子のモチモチ感も、他では味わえない“絶品感覚”でございますよ。

sweets えんラゾーナ川崎プラザ店
住所:神奈川県川崎市幸区堀川町72-1-1 グラン・フード1F『sweets えん』ロゴマーク画像
電話:044-874-8135
営業時間:10:00~21:00
定休日:不定休(ラゾーナ川崎プラザに準ずる)
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『sweets えん』ラゾーナ川崎プラザ店、濃厚牛乳とイチゴの雪あられパフェ]の続きを読む
 JR川崎駅に直結のショッピングモールラゾーナ川崎プラザ』(リンク先:公式サイト)の1階グラン・フードで営業しております、和素材のアイスクリーム店”『sweets えん』(公式サイト)
『sweets えん』ラゾーナ川崎プラザ店、紅玉りんごとキャラメルシナモンのミルフィーユパフェ・ポスター
 『ラゾーナ川崎プラザ』で販売されている冬の限定メニューは、舌を噛みそうなほど長いメニュー名の、「紅玉りんごとキャラメルシナモンのミルフィーユパフェ」でございます。

紅玉りんごとキャラメルシナモンのミルフィーユパフェ580円

『sweets えん』ラゾーナ川崎プラザ店、紅玉りんごとキャラメルシナモンのミルフィーユパフェ(1)

 冬の定番である“りんごスイーツ”。
 その内容は、紅玉りんごアイス・玄米フレーク・キャラメルゼリー・生クリーム・スポンジケーキ・アップルソース・キャラメルソース・シナモン・ミントと、盛り沢山。
 このメニューの主役である「紅玉りんご」は、酸味や香り、それに糖度も高く、活性酸素を取り除くリンゴ酸が他品種の2倍以上という、青森県を代表するりんごの一つ。
 この紅玉りんごの素材を活かしたアイスクリームに、様々なトッピング類が幾層にも重ねられた豪華メニュー。
 まさに今が旬のこのスイーツは、単品でも注文可能なアイスクリームが売切れ次第、販売終了となるようですので、興味のある方はお早めに。

sweets えんラゾーナ川崎プラザ店
住所:神奈川県川崎市幸区堀川町72-1-1 グラン・フード1F『sweets えん』ロゴマーク画像
電話:044-874-8135
営業時間:10:00~21:00
定休日:不定休(ラゾーナ川崎プラザに準ずる)
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『sweets えん』ラゾーナ川崎プラザ店、紅玉りんごとキャラメルシナモンのミルフィーユパフェ]の続きを読む
 2012年の秋よりリニューアルの続く、JR川崎駅直結のショッピングモールラゾーナ川崎プラザ』(リンク先:公式サイト)
 全300店舗の内の半数以上が入れ替わるという大規模リニューアルの中、リニューアル後も営業を続ける店の一つが、CAFÉ & SOFTCREAM マザー牧場』(リンク先:ラゾーナ川崎プラザ店舗案内)
『マザー牧場』ラゾーナ川崎店、パフェソフト焼栗モンブラン・ポスター
 この店は、関東地方ではお馴染みマザー牧場』(リンク先:公式サイト)直営のミルクカフェですが、リニューアルを機に、ソフトクリームやドリンク類の他にパフェ類の販売にも力を入れるようになったようです。

ふぱぇそふと焼栗モンブラン580円

『マザー牧場』ラゾーナ川崎店、パフェソフト焼栗モンブラン(1)

 2012年の秋限定販売という、こちらのモンブラン・パフェ
『マザー牧場』ラゾーナ川崎店、パフェソフト焼栗モンブラン(2)
 香ばしいワッフルコーンの中には、『マザー牧場』自慢の新鮮な牛乳を使ったバニラ味のソフトクリームがタップリと。
 その上へ、マロンクリーム甘栗、そして2種類のチョコレートをトッピング。
『マザー牧場』ラゾーナ川崎店、パフェソフト焼栗モンブラン(3)  『マザー牧場』ラゾーナ川崎店、パフェソフト焼栗モンブラン(4)
 コレだけでも十分に“秋らしさ”を演出しておりますが、さらには、食べ進めてまいりますとマザー牧場牛乳使用のマロンババロアチョコクリスピーにもお目にかかれるという、嬉しいサプライズ。

 この店で販売されているアイスクリーム商品は、基本、『マザー牧場』の牛乳を使用したというソフトクリームに、何らかのトッピング類を加えたもの。
 その意味でソフトクリームの味が各人の好みを分けることになるのですが、ワタクシには、このソフトクリームは“素朴”、あるいは“濃厚さが足りない”ように感じられるモノ。
 良くも悪くも知名度が評価基準となっていた、“昭和の最先端デザート”といったカンジでしょうか。


CAFE&SOFTCREAM マザー牧場ラゾーナ川崎プラザ店
住所:神奈川県川崎市幸区堀川町72-1ラゾーナ川崎プラザ3F
電話:044-874-8305『マザー牧場』ラゾーナ川崎店、営業時間案内
営業時間:10:00~21:00
定休日:不定休(ラゾーナ川崎プラザに準ずる)
駐車場:専用駐車場あり(リンク先:駐車場案内)
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『マザー牧場』ラゾーナ川崎プラザ店、パフェソフト焼栗モンブラン]の続きを読む