メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

ブログ説明
■このブログでは、『品達』や『新横浜ラーメン博物館』などの集合施設を中心とした「ラーメン店の紹介」と、デパ地下や駅ナカ施設などで購入した「お持ち帰り商品」を記事にしております。

ブログ記事作成に関し、テレビや雑誌、あるいはインターネット情報を参考にすることなく“独自情報”を元に記述することが多いので、その点はご了承くださるようにお願い致します。

ブログ閲覧に当たっては、左右のサイドバーに設置された「検索」「カテゴリー」「タグクラウド」「全記事表示」の機能などを活用して、必要とする記事をお読みください。
当ブログにおける最も有効な検索方法は、右サイドバー上部に設置した検索ボックスより「ブログ内検索」を行うことです

なお、閲覧に際し「Internet Explorer、Firefox、Opera」のいずれかのブラウザをお使いの方は、ブログ上のリンクにマウスポインタを重ねることで、「リンク先の確認」が可能です(不要な方は、ウィンドウ下部の「×ボタン」で閉じてください)。

画像はクリックすることで拡大表示されます。
但し、当ブログ内の画像を許可なく他サイトへ転用するなどの「二次使用は厳禁」とさせていただきます。

■コメント、トラックバックはご自由に(コメント・トラバ承認制。でも「スパム行為」はやめて下さいね)。

 JR大森駅の西口から、大井町方面へ徒歩1分程度。
 神奈川県川崎市内で人気を博すつけめん 玉』(ぎょく:グループ公式サイト)における、初の都内出店店舗鶏煮干し 三三七』(さんさんなな:公式サイト店舗情報ページ)
『鶏煮干し 三三七』店舗概観画像(2012年・2)
  店名の通り「」と「煮干」にこだわったスープが自慢というこの店で、前回紹介しましたのが「つけめん一番搾り」(リンク先:当ブログ内関連記事)
 それに引き続き今回紹介するのは、よりスープ(つけダレ)に“濃厚さ”を追求したという、つけ麺メニューの「煮番搾り」。
 麺量は、100円をプラスして「大盛」で食べてまいりましたよ。

つけめん煮番搾り大盛900円

『鶏煮干し 三三七』つけめん煮番搾り&麺大盛・900円
『鶏煮干し 三三七』つけめん煮番搾り・つけダレ(1)  『鶏煮干し 三三七』つけめん煮番搾り・麺大盛

鶏煮干し 三三七
住所:東京都大田区山王2-2-13
電話:03-3775-7337『鶏煮干し 三三七』営業時間と定休日(2012年)
営業時間:
 11:00~深夜2:00
定休日:年中無休
駐車場:無し
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『鶏煮干し 三三七』つけめん煮番搾り]の続きを読む
 JR大森駅の東口から徒歩で5分ほど、『ミルパ商店街』の中ほど付近で営業しておりますつけ麺専門店”『三ツ矢堂製麺』(リンク先:公式サイト)大森店
『三ツ矢堂製麺』大森店、店舗概観画像(2012年・1)
 『三ツ矢堂製麺』というと、今でこそ“つけ麺の専門店”というイメージが強いモノですが、実はその“前名”である『フジヤマ製麺』時代から、つけ麺とラーメンとの“二枚看板の店でもあります。

らーめん中細麺780円

『三ツ矢堂製麺』大森店、ラーメン・780円(1)
『三ツ矢堂製麺』大森店、ラーメン・780円(2)   『三ツ矢堂製麺』大森店、ラーメン・中細麺(1)

 基本、『三ツ矢堂製麺』提供のラーメンでも、つけ麺と同じ「太麺」を使用。
 しかしながら今から2年ほど前に「中細麺」が開発されたことにより、ラーメンでは太麺中細麺からの選択が可能に。
 麺量は、これまで通り「並盛から中盛までの増量が無料」。
 この麺の他は従来のラーメンと同じ、チャーシュー・メンマ・ナルト・刻みネギ・海苔のトッピングに、薄くもないが濃厚でもない、どこかしら焦点のぼやけたような魚介豚骨に醤油味のスープで提供。

三ツ矢堂製麺大森店
住所:東京都大田区大森北1-30-4 小池ビル1F
電話:03-3763-4123『三ツ矢堂製麺』大森店、営業時間案内
営業時間:
 月~土 午前11:00~午前3:00
 日 午前11:00~23:00
定休日:(原則)無休
駐車場:無し(近隣のコインパーク利用)
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『三ツ矢堂製麺』大森店、ラーメン・中細麺]の続きを読む
 2011年の11月25日、都内のJR大森駅近くにオープンしたラーメン店、鶏煮干し 三三七』(さんさんなな:公式サイト)
『鶏煮干し 三三七』店舗概観画像(2012年・1)
 神奈川県は川崎市で2008年より店を構えているのが、『つけめん玉』(ぎょく)。
 その『玉』は系列店も含め、ラーメン愛好家からの支持が高いそうでして、『鶏煮干し 三三七』は系列店の中でも都内初出店。
 店名の通り「」と「煮干」にこだわったスープが自慢のようです。

 今回は『三三七』の“おすすめメニュー”、つけ麺の「一番搾り」を食べてみましたよ。

つけめん一番搾り中盛750円

『鶏煮干し 三三七』つけめん一番搾り・つけダレ   『鶏煮干し 三三七』つけめん一番搾り・麺中盛

鶏煮干し 三三七
住所:東京都大田区山王2-2-13
電話:03-3775-7337『鶏煮干し 三三七』営業時間と定休日(2012年)
営業時間:
 11:00~深夜2:00
定休日:年中無休
駐車場:無し
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『鶏煮干し 三三七』つけめん一番搾り]の続きを読む
 JR蒲田駅の西口から徒歩で約2~3分、“デカ盛・丼店”として全国へ店舗数を拡大させている、伝説のすた丼屋蒲田店(リンク先:公式サイト店舗情報)
『伝説のすた丼屋』蒲田店、夏期限定メニュー・販促ポスター(2011年・1)
 一昨年辺りから全国展開を開始した『すた丼』では、夏期限定メニューを3種類ほどに絞り、全国で販売。
 ココ『蒲田店』で提供されているメニューの一つが、夏場の定番メニュー「冷やし中華」です。

冷し中華720円

『伝説のすた丼屋』蒲田店、冷し中華・720円(2011年・1)
『伝説のすた丼屋』蒲田店、冷し中華・720円(2011年・2)  『伝説のすた丼屋』蒲田店、冷し中華・720円(2011年・3)

 甘酢中華ダレ中太麺を絡ませ、刻んだチャーシュー焼き海苔きゅうり紅生姜ナルトわかめゆで卵をトッピングしたのが、『すた丼』が提供する冷やし中華
 味付やトッピングに関して大きな特徴はございませんが、一般的な店の冷やし中華と比べますと、その量はかなり多め。
 販売価格には“地域価格制”を導入しており、各地域により「700円720円740円」のいずれかで提供。
 同時に、すた丼か生姜丼と一緒に食べられる「冷やし中華セット」としても注文可能となっております。

伝説のすた丼屋蒲田店(リンク先:『食べログ』店舗情報)
住所:東京都大田区西蒲田7-1-11
電話:03-6424-5861『伝説のすた丼屋』蒲田店、営業時間案内(2011年5月)
 「テイクアウト」の電話予約も可能
営業時間:11:00~翌3:00
定休日:年末年始を除き(原則)無休

[『伝説のすた丼屋』蒲田店、冷し中華]の続きを読む
 JR大森駅の東口から徒歩で約5分、『ミルパ商店街』の中ほど付近で営業しております三ツ矢堂製麺』(公式サイト)大森店
『三ツ矢堂製麺』大森店、店舗概観画像(2011年6月)
 この店のつけ麺に対する“こだわり”と言えば、国産小麦を使用した麺柚子風味のつけダレ(スープ)。
 しかしながら、甘みの強いこの店のスープ柚子独特の酸味の組み合わせを、あまり好まれない方がいるのも事実。

つけめん大盛ゆず抜き780円

『三ツ矢堂製麺』大森店、つけめん・ゆず抜き(2011年)
『三ツ矢堂製麺』大森店、つけめん・ゆず抜き・つけダレ(2011年)  『三ツ矢堂製麺』大森店、つけめん・ゆず抜き・麺大盛(2011年)

 そんな柚子の風味を好まれない方は、注文の際に「柚子抜きで」と店員の方に伝えますと、スープ表面に浮かべられる「柚子の香味油ナシでの提供」が可能となります。
 柚子の風味を抜き去ったスープの味は、“古典的なつけ麺の味付け”とも言える「」。
 野菜などの「甘さ」と唐辛子系の「辛さ」、それに、夏場の食欲増進に欠かせない「酸味」が渾然一体となったスープに感じられます。

三ツ矢堂製麺 大森店(リンク先「食べログ」店舗情報)
住所:東京都大田区大森北1-30-4 小池ビル1F
電話:03-6404-6310『三ツ矢堂製麺』大森店、営業時間案内
営業時間:
 月~土 午前11:00~午前3:00
 日 午前11:00~23:00
定休日:(原則)無休
駐車場:無し

[『三ツ矢堂製麺』大森店、つけめん・ゆず抜き]の続きを読む
 JR蒲田駅の西口から徒歩で2分程度、若者を中心に“デカ盛・丼店”として認知されつつある、伝説のすた丼屋蒲田店(リンク先:公式サイト店舗情報)
『伝説のすた丼屋』蒲田店、店舗概観画像(2011年6月・1)
 『すた丼』が全国展開を始める前までは、主に東京多摩地区でのみ提供されていたメニューが、「肉野菜ライス」。
 今では、多くの『すた丼』店舗で“レギュラーメニュー扱い”されているようです。

肉野菜ライス710円

『伝説のすた丼屋』蒲田店、肉野菜ライス・710円(1)
『伝説のすた丼屋』蒲田店、肉野菜ライス・710円(2)  『伝説のすた丼屋』蒲田店、肉野菜ライス・710円(3)
味噌汁付

 「すた丼」でお馴染みの豚バラ肉を、キャベツ・モヤシ・ニンジン・玉ねぎ・ピーマン・タケノコといった6種類の野菜と共に炒めた皿盛メニューが、肉野菜ライス。
 強力な火力で一気に炒めたという野菜類はシャキシャキとした食感を保っており、味付はシンプルに塩・胡椒・醤油ダレ。
 「今日はよりも野菜を多く食べたい・・・」という気分の時などに最適なメニューだとは思われますが、「野菜の量が想定外に多い」のはモチロンのこと、『すた丼』通常メニューと比べ「ニンニク不使用で味付はそれほど濃くない」ため、卓上の調味料類を駆使して食べるコトになるでしょう。

伝説のすた丼屋蒲田店(リンク先:『食べログ』店舗情報)
住所:東京都大田区西蒲田7-1-11
電話:03-6424-5861『伝説のすた丼屋』蒲田店、営業時間案内(2011年5月)
 「テイクアウト」の電話予約も可能
営業時間:11:00~翌3:00
定休日:年末年始を除き(原則)無休

[『伝説のすた丼屋』蒲田店、肉野菜ライス]の続きを読む