メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

ブログ説明
■このブログでは、『品達』や『新横浜ラーメン博物館』などの集合施設を中心とした「ラーメン店の紹介」と、デパ地下や駅ナカ施設などで購入した「お持ち帰り商品」を記事にしております。

ブログ記事作成に関し、テレビや雑誌、あるいはインターネット情報を参考にすることなく“独自情報”を元に記述することが多いので、その点はご了承くださるようにお願い致します。

ブログ閲覧に当たっては、左右のサイドバーに設置された「検索」「カテゴリー」「タグクラウド」「全記事表示」の機能などを活用して、必要とする記事をお読みください。
当ブログにおける最も有効な検索方法は、右サイドバー上部に設置した検索ボックスより「ブログ内検索」を行うことです

なお、閲覧に際し「Internet Explorer、Firefox、Opera」のいずれかのブラウザをお使いの方は、ブログ上のリンクにマウスポインタを重ねることで、「リンク先の確認」が可能です(不要な方は、ウィンドウ下部の「×ボタン」で閉じてください)。

画像はクリックすることで拡大表示されます。
但し、当ブログ内の画像を許可なく他サイトへ転用するなどの「二次使用は厳禁」とさせていただきます。

■コメント、トラックバックはご自由に(コメント・トラバ承認制。でも「スパム行為」はやめて下さいね)。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 2013年の2月1日より、外食産業系セルフうどんの丸亀製麺』(リンク先:公式サイト)では、期間限定で“肉ごぼうフェア”を開催中。
『丸亀製麺』肉ごぼうフェア・販促ポスター(2013年2月)
 JR大崎駅の東口から徒歩で3分ほどの大崎センタービル店』(リンク先:公式サイト店舗案内)で食べましたのは、3種類のメニューのうちの一つ、「肉ごぼう釜玉うどん」。サイドメニューとして「天丼」も注文しちゃいましたよ。

肉ごぼう釜玉530円

『丸亀製麺』大崎センタービル店、肉ごぼう釜玉&天丼
『丸亀製麺』大崎センタービル店、肉ごぼう釜玉(1)  『丸亀製麺』大崎センタービル店、天丼(1)
天丼用白ごはん120円
ナス天&かしわ天(80円+120円)

 「肉ごぼう釜玉うどん」は、釜揚げした温かい状態の麺に生卵を絡めた「釜玉うどん」(通常価格330円)に、牛肉と牛蒡を甘辛く煮付けた「肉ごぼう」をトッピングしたもの(別皿提供可能)。サイドメニューとして注文した「天丼」は、「天丼用白ごはん」(120円)に好みの「天ぷら類」を選択、それらに「天ダレ」(店内常備の天丼用のタレ)をかけて食べる、いわば“セルフ天丼”といった趣のもの。

 味の評価は各人の“好み”に依りますが、これといって特徴のない品々を注文して“合計850円”にも及びますと、もっと、“お金の使い道”について熟考させられてしまうものです。

丸亀製麺大崎センタービル店
住所:東京都品川区大崎1-5-1 大崎センタービル 2F
電話:03-3779-8837『丸亀製麺』大崎センタービル店、店舗案内看板
営業時間:ラストオーダーは営業終了時刻の30分前
 平日11:00~21:00
 土日祝日11:00~20:00
定休日:不定休(原則無休)
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『丸亀製麺』大崎センタービル店、肉ごぼう釜玉&天丼]の続きを読む
スポンサーサイト
 JR大崎駅直結の複合ビルThinkPark』(シンクパーク:公式サイト)内の1F商業エリアへ出店しております、丸亀製麺』(リンク先:公式サイト)
『丸亀製麺』ThinkPark店、店舗概観画像(2012年7月)
 毎年の夏場における『丸亀製麺』の恒例企画といえば、「冷やしかけうどん」の提供。
 ThinkParkの店舗(リンク先:店舗情報)では、その「冷やかけ」だけでなく、おにぎり・天ぷら・大根おろしが一緒に食べられる“セットメニュー”も販売中ですよ。

冷やかけセットうどん大盛670円

『丸亀製麺』冷やかけセット・670円
『丸亀製麺』冷やかけセット・大根おろし(1)   『丸亀製麺』冷やかけセット・かき揚げ&おにぎり(1)
『丸亀製麺』冷やかけセット・冷やかけうどん(1)


 通常の「冷やかけセット」は、並盛の冷やしかけうどんに、野菜かき揚げイカとしめじの佃煮おむすび大根おろしがセットとなって570円。
 麺(うどん)の大盛は、100円プラス。
 “セット”が得なのか、好みのおにぎりと天ぷらを個別に注文する方が得なのか、少々悩んでしまうトコロでしょうか。

丸亀製麺ThinkPark店
住所:東京都品川区大崎2-1-1 Think Park Tower 1F
電話:03-3779-2578『丸亀製麺ThinkPark店』店舗案内看板画像(2010年3月)
営業時間:11:00~23:00(ラストオーダー22:30)
定休日:(原則)無休
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『丸亀製麺』@大崎ThinkPark、冷やかけセット]の続きを読む
 今年の11月8日より、セルフ形式の讃岐うどん店『丸亀製麺』(リンク先:公式サイト)各店では、「“冬にあったかかけうどんフェア」(リンク先:『丸亀製麺』公式ブログ)なるイベントを開催中。
『丸亀製麺』かけうどんフェア・店頭掲示ポスター(2011年12月)
 12月の初め頃に、大崎センタービル店』(リンク先:公式サイト店舗案内)で食べましたのは、かけうどんイカあおさのりのまぶし揚げをトッピングしたメニュー、「バラ天かけうどん」でございます。

バラ天かけうどんセット590円

『丸亀製麺』バラ天かけうどんセット・590円(2011年)
『丸亀製麺』バラ天かけうどん(2011年・1)   『丸亀製麺』かき揚げ天と鮭おむすび(2011年・1)

 単品の並盛380円・大盛480円で提供されている「バラ天かき揚げうどん」に、単品価格130円の「野菜かき揚げ天」と120円の「鮭おむすび」を加えた“セット”となりますと、お値段40円引きの「590円」。
 多くの方にとって“ワンコインの店”という認識の『丸亀製麺』が、半ば強引に客単価を500円以上に引き上げるための“策略”として販売しているとしか思えないメニューですがw 物珍しさも手伝ってか、売れ行きは中々好調である模様。
 各店で“かけうどん系”のメニューを3種類販売、店舗がフードコートか一般的な路面店であるかにより、提供メニューは若干異なるようですよ。

丸亀製麺大崎センタービル店
住所:東京都品川区大崎1-5-1 大崎センタービル 2F
電話:03-3779-8837『丸亀製麺』大崎センタービル店、店舗案内看板
営業時間:ラストオーダーは営業終了時刻の30分前
 平日11:00~21:00
 土日祝日11:00~20:00
定休日:不定休(原則無休)
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『丸亀製麺』大崎センタービル店、バラ天かけうどんセット]の続きを読む
 りんかい線と山手線が乗り入れる、大崎駅の西口を出てスグの場所。
 昭和50年代中頃に東京都内を中心に店舗数を一気に拡大させたラーメン店、『元祖中華つけ麺大王』の大崎店
『つけ麺大王』大崎店、店舗概観画像(2011年)
 この『つけ麺大王』に“功績”があるとすれば、それは「つけ麺というコトバを定着させた」ことと同時に、別皿に盛り付けた麺をスープに浸すという「ラーメンの新しい食べ方を提案した」ことでしょうか。

半チャーハン&つけ麺セット850円

『つけ麺大王』大崎店、半チャーハン&つけ麺セット・850円
『つけ麺大王』大崎店、半チャーハン&つけ麺セット・中太麺   『つけ麺大王』大崎店、半チャーハン&つけ麺セット・スープ
『つけ麺大王』大崎店、半チャーハン&つけ麺セット・チャーハン

  写真は、夕方5時まで提供されているサービスメニュー、「つけ麺セット」。
 ラーメンのスープと水で締めた麺を別にし、それに通常量の半分のチャーハンをセットにしたという実に単純なメニューですが、“昭和”という時代にはコレがたいそうなご馳走であり、また、ボリューム感も相当なものがございました。
 お店の方は「ほぼ年中無休」で「深夜営業」も行っており、ラーメン以外の定食系メニューも豊富で“使い勝手の良い店”として、まだまだ需要はありそうです。

元祖中華つけ麺大王大崎店
住所:東京都品川区大崎3-6-17
電話:03-3490-8599『つけ麺大王』大崎店、店舗看板画像(2011年)
営業時間:
 平日11:00~28:00頃
 土日祝日:11:00~26:00頃
定休日:(原則)無休
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『元祖中華つけ麺大王』大崎店、半チャーハン&つけ麺セット]の続きを読む
 全国へと店舗数を拡大し続けるセルフ形式の讃岐うどん専門店”『丸亀製麺』(公式サイト)では、2011年6月23日~9月6日までの期間「夏の冷かけフェア」を開催中
『丸亀製麺』夏の冷かけフェア・開催告知(2011年・1)
 期間中は3種類の冷かけ”が販売されるそうで、今回はJR大崎駅から程近い大崎センタービル店」(リンク先:公式サイト店舗案内)にて、3種類全部食べてきちゃいましたよ。

冷かけうどん380円

『丸亀製麺』冷かけうどん・380円(2011年・1)
『丸亀製麺』冷かけうどん・380円(2011年・2)   『丸亀製麺』冷かけうどん・380円(2011年・3)

 “冷かけ”というのは「うどんもダシも冷えた状態で提供するメニュー」のコトで、本場・香川県の讃岐うどんにおける、夏場の定番メニュー。
 水で締められたうどんのコシは強く、ダシつゆも冷やされており、暑い夏でも抵抗なく食べられる一品。
 『丸亀製麺』による宣伝文句によりますと、「讃岐のド定番。うどんファンの間では冷かけが旨い店が本物と噂される程」とのコトですが、美味い不味いは“主観”によるとしても、この『うどん』と『ダシ』を評して『讃岐うどん』と言い切ってしまうのには、少々無理があるモノと思われます。

丸亀製麺大崎センタービル店(リンク先『30min.』店舗情報)
『丸亀製麺』大崎センタービル店、店舗案内看板(2010年)住所:東京都品川区大崎1-5-1 大崎センタービル 2F
電話:03-3779-8837
営業時間:ラストオーダーは営業終了時刻の30分前
 平日11:00~21:00
 土日祝日11:00~20:00
定休日:不定休(原則無休)

[『丸亀製麺』大崎センタービル店、冷かけうどん]の続きを読む
 全国へと店舗数を拡大し続けるセルフ形式の讃岐うどん専門店”『丸亀製麺』(公式サイト)では、2011年4月21日~6月22日までの期間「すりたておろしフェア」を開催中
『丸亀製麺』すりたておろしフェア・開催告知ポスター(2011年5月)
 期間中は3種類のぶっかけうどんが提供されるようでして、その内の「梅おろし醤油うどん」を、JR大崎駅から程近い大崎センタービル店」(リンク先:公式サイト店舗案内)で食べてみましたよ。

梅おろし醤油うどん450円

『丸亀製麺』大崎センタービル店、梅おろし醤油うどん(2011年・1)
『丸亀製麺』大崎センタービル店、梅おろし醤油うどん(2011年・2)   『丸亀製麺』大崎センタービル店、梅おろし醤油うどん(2011年・3)

 「すりたておろしフェア」の意味するトコロは、お客さん自身が大根をすりおろすというコト。
 ダシつゆの入っていない冷たいうどんに大根おろし・醤油を混ぜ合わせながら食べる“ぶっかけうどん”では、讃岐うどん特有の“コシ”と、おろしたてならではの“大根の風味や辛味”を味わうことが可能。
 今回『丸亀製麺』が導入した「薬味をセルフサービスですりおろす」というのは、讃岐うどんの本場である香川県でも見かけるモノですが、忙しい時に「手早く食事を取る目的で店へと足を運ぶ」場合、このメニューを頼んでしまうと時間と体力の浪費に繋がりかねない点には、ご注意を。

丸亀製麺大崎センタービル店(リンク先『30min.』店舗情報)
『丸亀製麺』大崎センタービル店、店舗案内看板(2010年)住所:東京都品川区大崎1-5-1 大崎センタービル 2F
電話:03-3779-8837
営業時間:ラストオーダーは営業終了時刻の30分前
 平日11:00~21:00
 土日祝日11:00~20:00
定休日:不定休(原則無休)

[『丸亀製麺』大崎センタービル店、梅おろし醤油うどん]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。