メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

ブログ説明
■このブログでは、『品達』や『新横浜ラーメン博物館』などの集合施設を中心とした「ラーメン店の紹介」と、デパ地下や駅ナカ施設などで購入した「お持ち帰り商品」を記事にしております。

ブログ記事作成に関し、テレビや雑誌、あるいはインターネット情報を参考にすることなく“独自情報”を元に記述することが多いので、その点はご了承くださるようにお願い致します。

ブログ閲覧に当たっては、左右のサイドバーに設置された「検索」「カテゴリー」「タグクラウド」「全記事表示」の機能などを活用して、必要とする記事をお読みください。
当ブログにおける最も有効な検索方法は、右サイドバー上部に設置した検索ボックスより「ブログ内検索」を行うことです

なお、閲覧に際し「Internet Explorer、Firefox、Opera」のいずれかのブラウザをお使いの方は、ブログ上のリンクにマウスポインタを重ねることで、「リンク先の確認」が可能です(不要な方は、ウィンドウ下部の「×ボタン」で閉じてください)。

画像はクリックすることで拡大表示されます。
但し、当ブログ内の画像を許可なく他サイトへ転用するなどの「二次使用は厳禁」とさせていただきます。

■コメント、トラックバックはご自由に(コメント・トラバ承認制。でも「スパム行為」はやめて下さいね)。

 JR大井町駅から徒歩で約2分、外食産業『ハイデイ日高』プロデュースの低価格ラーメンのチェーン店、熱烈中華食堂日高屋』(リンク先:公式サイト)

 『日高屋』の提供するラーメンは外食産業らしく、セントラルキッチン(食材工場)で製造された特筆すべき点のないもので、せいぜい、魅力的なのは「1杯390円から」という価格の安さ。そして、そういった価格帯のラーメンでは満足感を得ることが難しいためか、たいていの人がラーメンとサイドメニューを一緒に頼む“セット注文”を試みるもの。

 今回は、そんなセットメニューを注文。
 「豚骨ラーメン」(単品価格410円)に、「半チャーハン」(単品価格240円)と「餃子」(単品価格200円)を組み合わせて食べてみましたよ。

とんこつラーメン半チャーハン+餃子セット」(820円

『日高屋』阪急大井町ガーデン店、とんこつラーメン半チャーハン+餃子セット・820円
『日高屋』阪急大井町ガーデン店、半チャーハン(1)  『日高屋』阪急大井町ガーデン店、餃子(1)
『日高屋』阪急大井町ガーデン店、豚骨ラーメン

[『日高屋』阪急大井町ガーデン店、豚骨ラーメン、チャーハン&餃子セット]の続きを読む
 JR大井町駅の東口から徒歩で2分ほど。
 外食産業『ハイデイ日高』プロデュースの低価格ラーメンのチェーン店、熱烈中華食堂日高屋』(リンク先:公式サイト)
『日高屋』阪急大井町ガーデン店、店舗概観画像(1)
 『日高屋』と言えば、今や、ラーメン税抜き290円の『幸楽苑』(公式サイト)と共に関東圏における“ラーメン系外食産業店舗”の代表格。駅前を中心とした好立地に次々と出店、不況下の中“低価格路線”を貫き、多くの利用者を集めているお店。

 そんな『日高屋』が数年前より販売を開始したメニューの一つが、「汁なしラーメン」。
 メニュー名からも推測されますように、それは“スープのないラーメン”であり、東京の一部地域では古くから「油そば」と呼ばれていたメニューでもあります。

汁なしラーメン」(油そば540円

『日高屋』阪急大井町ガーデン店、汁なしラーメン・540円
『日高屋』阪急大井町ガーデン店、汁なしラーメン・温泉玉子(1)  『日高屋』阪急大井町ガーデン店、汁なしラーメン(1)

 その「油そば」は90年代後半のラーメンブームを通じて全国へとその名が知られるようになり、2000年代後半には「まぜそば」と言い換えられ、少なからずのラーメン店のメニューに取り入れられるなどして“プチブーム化”。
 その後、そういったスープのないラーメンは個人経営のラーメン専門店だけでなく、今回紹介する『日高屋』のような外食産業でも提供されるに至るのです。

日高屋阪急大井町ガーデン店
住所:東京都品川区大井1-50-5 阪急百貨店大井食品館1F
電話:03-5709-7703『日高屋』阪急大井町ガーデン店、営業時間と定休日
営業時間:24時間営業
定休日:年中無休
駐車場:無し
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『日高屋』阪急大井町ガーデン店、汁なしラーメン(油そば)]の続きを読む
 JR大井町駅の東口から、徒歩で3分弱。
 「東小路飲食店街」という目立たぬ場所で営業しております“デカ盛り洋食店”、『キッチン ブルドック』。
『キッチン ブルドック』店舗概観画像(2012年)
 『ブルドック』の看板には「大井一やすい」とは記されているものの、メインの揚げ物一品をご飯と味噌汁とのセットで注文すると、量が多いという利点を除けば「1000円超え」を余儀なくされるのが、いわば、この店の“ネック”でしょうか。
 しかしながら、開店から午後4時までの時間帯では、安価で食べられるセットメニュー「Aランチ」も販売されているのです。

メンチカツとエビフライ840円

『キッチン ブルドック』Aランチ・メンチカツとエビフライ(1)
『キッチン ブルドック』Aランチ・メンチカツとエビフライ(2)   『キッチン ブルドック』Aランチ・メンチカツとエビフライ(3)
ライス味噌汁

 この日の「Aランチ」は、この店の1番人気のメニューといえる「メンチカツ」に巨大な「エビフライ」が一尾。
 盛皿の方には山盛りのキャベツとポテトサラダ、これに大盛クラスのご飯と特製の味噌汁(豚汁)がセットになって、お値段840円
 通常の一品メニューで注文した際と比べ、揚げ物類はスケールダウンしてしまいますが、それでも『ブルドック』独自の味付とボリューム感は十分に堪能可能。
 なお、この「Aランチ」は“日替わりメニュー”となっておりますので、揚げ物類の組み合わせを自由に選べない点には、ご注意を。

キッチン ブルドック
住所:東京都品川区東大井5-4-13『キッチン ブルドック』電話番号
電話:03-3471-6709
営業時間:11:40~21:00
定休日:水曜・第3木曜
駐車場:無し
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『キッチン ブルドック』@大井町、Aランチ]の続きを読む
 確かな品質と品数を揃えたスーパーやスイーツ、お惣菜店が軒を連ねる阪急百貨店大井食品館(リンク先:公式サイト)
 数ある販売店の中で、帰省時などの旅のお供として重宝しそうなのが、ご存知シウマイの『崎陽軒』(きようけん:公式サイト)
 その『崎陽軒』で「シウマイ弁当」に続く人気のお持ち帰り弁当がコチラ、常温で食べても美味しい「チャーハン」です。

横濱チャーハン540円(723kcal)

『崎陽軒』横濱チャーハン・540円(1)
『崎陽軒』横濱チャーハン・540円(2)   『崎陽軒』横濱チャーハン・540円(3)
『崎陽軒』横濱チャーハン・540円(4)

 オカズ類は鶏のチリソース筍煮きゅうり漬け昔ながらのシウマイとチョッピリ少な目ですが、しっかりと「海老」までトッピングされ、意外に本格的なチャーハンのお弁当
 「540円」という手頃な値段でありながらも、刻みチャーシューの量も多く食べ応えのある一品。
 「もう少しオカズ類が欲しい・・・」という方には、別に「炒飯弁当」が780円で販売されておりますよ。

崎陽軒阪急大井食品館店
住所:東京都品川区大井1-50-5
電話:03-3778-5111(代表)『阪急』大井食品館、営業時間案内(2011年)
営業時間:
 平日10:00~21:00
 土日祝10:00~20:00
定休日:不定休(元日は休業)
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『崎陽軒』阪急百貨店・大井食品館店、横濱チャーハン]の続きを読む
 関東圏において、旅のお供に欠かせない“持ち帰り弁当”として頭にスグ思い出されるのが、神奈川県横浜市に本社を構える崎陽軒』(きようけん)の「シウマイ弁当」。
 昭和29年より販売が開始され、今や“駅弁”の代名詞となったこのメニューを、阪急百貨店大井食品館(公式サイト)の1階店舗にて購入、お持ち帰りして食べてみましたよ。

シウマイ弁当750円(732kcal)

『崎陽軒』シウマイ弁当・750円(1)
『崎陽軒』シウマイ弁当・750円(2)  『崎陽軒』シウマイ弁当・750円(3)

 『シウマイ弁当』というのは「シューマイ(焼売)をメインのおかずにした幕の内弁当」のコト。
 豚肉と干帆立貝柱が詰まった「シウマイ」が5個に、鮪の照り焼・厚焼き玉子・鶏の唐揚げ・カマボコ・筍煮・切り昆布と千切り生姜・杏の甘煮と、その内容は盛り沢山。
 俵型のご飯と一緒にシウマイを頬張りますと、ついつい「あの時の二人~、今の二人~、おいしいシウマイ、崎☆陽☆軒~♪ 」と、CMで流れていた『シウマイ旅情』の歌詞を口ずさんでしまいます。

崎陽軒阪急大井食品館店(リンク先『食べログ』店舗情報)
住所:東京都品川区大井1-50-5
電話:03-3778-5111(代表)『阪急百貨店』大井食品館、営業時間案内(2011年4月)
営業時間:
 平日10:00~22:00
 土曜10:00~20:00
 日祝10:00~19:00
定休日:不定休
 震災の影響に伴う営業時間変更あり

[『崎陽軒』阪急百貨店・大井食品館店、シウマイ弁当]の続きを読む
 JR大井町駅のランドマークともいえる、“阪急大井町ガーデン”内の人気施設阪急百貨店大井食品館(公式サイト)
『モンシュシュ』阪急・大井食品館店、開店告知パンフレット(1)
 ソチラの1階で営業する人気店舗堂島ロール”の『モンシュシュ』(公式サイト)にて販売されております、2011年4月の“季節限定スイーツ”、「ストロベリーティーロール」をお持ち帰りしてみましたよ。

ストロベリーティーロール1575円(税込)

『モンシュシュ』ストロベリーティーロール・1575円(1)   『モンシュシュ』ストロベリーティーロール・1575円(2)
『モンシュシュ』ストロベリーティーロール・1575円(3)
 堂島シャンティ、カスタード、苺を紅茶生地で優しく包み込みました。
 うららかな春を感じながら、お庭でティータイムを楽しみましょう。
販売期間:2011年4月1日~4月30日

 忍び寄る放射性物質の拡散で「『お庭でティータイム』どころじゃネーよ・・・」と軽く突っ込んでおきますがw ふんわりと甘いカスタードクリームと新鮮で大粒のイチゴが口の中で合わさりますと・・・、まさに“至福のひととき”。
 同じくイチゴをトッピングしたレギュラーメニューの「プリンセスロール」とは異なり、コチラのスポンジは“紅茶生地”となっているため、それほど甘さは気にならず引き締まった印象。
 ほんのりとした甘さと酸味のバランスが取れた、絶妙なスイーツに仕上がっておりますよ。

モンシュシュ阪急百貨店・大井食品館店(リンク先『食べログ』店舗情報)
住所:東京都品川区大井1-50-5
電話:03-3778-5111(代表)『阪急百貨店』大井食品館、営業時間案内(2011年4月)
営業時間:
 平日10:00~22:00
 土曜10:00~20:00
 日祝10:00~19:00
定休日:不定休
 震災の影響に伴う営業時間変更あり

[『モンシュシュ』阪急百貨店・大井食品館店、ストロベリーティーロール]の続きを読む