メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

ブログ説明
■このブログでは、『品達』や『新横浜ラーメン博物館』などの集合施設を中心とした「ラーメン店の紹介」と、デパ地下や駅ナカ施設などで購入した「お持ち帰り商品」を記事にしております。

ブログ記事作成に関し、テレビや雑誌、あるいはインターネット情報を参考にすることなく“独自情報”を元に記述することが多いので、その点はご了承くださるようにお願い致します。

ブログ閲覧に当たっては、左右のサイドバーに設置された「検索」「カテゴリー」「タグクラウド」「全記事表示」の機能などを活用して、必要とする記事をお読みください。
当ブログにおける最も有効な検索方法は、右サイドバー上部に設置した検索ボックスより「ブログ内検索」を行うことです

なお、閲覧に際し「Internet Explorer、Firefox、Opera」のいずれかのブラウザをお使いの方は、ブログ上のリンクにマウスポインタを重ねることで、「リンク先の確認」が可能です(不要な方は、ウィンドウ下部の「×ボタン」で閉じてください)。

画像はクリックすることで拡大表示されます。
但し、当ブログ内の画像を許可なく他サイトへ転用するなどの「二次使用は厳禁」とさせていただきます。

■コメント、トラックバックはご自由に(コメント・トラバ承認制。でも「スパム行為」はやめて下さいね)。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 地下鉄大江戸線の国立競技場駅(A3出口)からは徒歩で5分ほど、JR総武線の千駄ヶ谷駅からでも7~8分で到着可能な“昭和の名店”、ホープ軒千駄ヶ谷店(公式サイト)
『ホープ軒』千駄ヶ谷店、店舗概観画像(2010年12月)
 以前には元日のみは定休日と定めていたようですが、今では年中無休24時間営業のラーメン店となり、時間帯を問わず多くのお客さん方で賑わっている模様です。
 そんな『ホープ軒』で、今回は「メンマ」をトッピングして食べてみましたよ。

メンマラーメン850円

『ホープ軒』千駄ヶ谷店、メンマラーメン・850円(2010年・1)
『ホープ軒』千駄ヶ谷店、メンマラーメン・850円(2010年・2)   『ホープ軒』千駄ヶ谷店、メンマラーメン・太麺とトッピング類(2010年)
『ホープ軒』千駄ヶ谷店、メンマラーメン・豚骨醤油スープ(2010年)

 「豚骨醤油スープ」に大量の「背脂」を浮かべ、昭和の時代としては大変に珍しかった「太麺」と「厚切りチャーシュー」というのが、『ホープ軒』のラーメンのスタイル。
 以前と比べればかなりライトなスープに変わってしまいましたが、凄まじいばかりの“背脂量”と“匂い”に関しては、昔のまま
 モチロン、無料の「刻みネギ」と「ジャスミンティー」も“健在”ですよ。

ホープ軒千駄ヶ谷店(リンク先『30min.』店舗情報)
住所:東京都渋谷区千駄ケ谷2-33-9『ホープ軒 千駄ヶ谷店』店舗概観画像(リニューアル後)2
電話:03-3405-4249
営業時間:24時間営業
定休日:年中無休
駐車場:専用駐車場ナシ(外苑西通り沿いのコインパーキング、パーキングメーター利用)

[千駄ヶ谷『ホープ軒』、メンマラーメン]の続きを読む
スポンサーサイト
 夏場より改装工事を始め2009年10月にリニューアルオープンしました、“昭和の名店”『ホープ軒 千駄ヶ谷店』。
『ホープ軒 千駄ヶ谷店』店舗概観画像(リニューアル後)1

『ホープ軒 千駄ヶ谷店』店舗概観画像(リニューアル後)2ホープ軒 千駄ヶ谷店(公式HP)
住所:東京都渋谷区千駄ケ谷2-33-9
営業時間:24時間営業
定休日:元旦を除き、無休
電話:03-3405-4249
駐車場:専用駐車場ナシ(外苑西通り沿いのコインパーキング、パーキングメーター利用)

 「お店までの徒歩でのアクセス情報」に関しましては、JR千駄ヶ谷駅」の場合はコチラの道案内エントリを、都営地下鉄大江戸線・国立競技場駅」を利用の場合はネギラーメンのエントリをご参照ください。

 今回は、この店の“看板メニュー”とも言える「チャーシューメン」をレポートいたします。
『ホープ軒 千駄ヶ谷店』チャーシューメン・950円(1)
[『ホープ軒 千駄ヶ谷店』チャーシューメン]の続きを読む
 元日以外は24時間・無休で営業を続けております、神宮外苑・ラーメンの店『ホープ軒』(公式HP)
『ホープ軒』店舗外観

 以前に、最寄り駅の一つである「JR千駄ヶ谷駅から店までのアクセス」を紹介しておりますので、今回は都営地下鉄大江戸線の「国立競技場駅からの道案内」を。
『ホープ軒』へのアクセス(国立競技場駅)1 『ホープ軒』へのアクセス(国立競技場駅)A3出口 『ホープ軒』へのアクセス(国立競技場駅)2
『ホープ軒』へのアクセス、国立競技場駅周辺地図 まずは、“大江戸線名物”と申し上げても過言ではないw 長い階段(エスカレーター)を昇り、「A3出口」へ。
 次に、A3出口前に広がる「外苑西通り」を、右方向へと進むことになります。
 左側に添付しておきました、国立競技場駅の構内に掲示された「周辺マップ」をクリックしていただければ分かると思いますが、東京体育館を右に、国立競技場を左に見ながら外苑西通りを一直線に歩けば、目指す『ホープ軒』に到着するのはそれほど困難ではないのが、理解できるハズ。
『ホープ軒』へのアクセス(外苑西通り)1 『ホープ軒』へのアクセス(外苑西通り)2 『ホープ軒』店舗画像(2009年)1
 お店は国立競技場駅(A3出口)から二つ目の交差点を過ぎた場所で、徒歩では5分程度の道のりとなります。

 以下、『ホープ軒』で食べました「ネギラーメン」のレポートと、お店周辺にある「駐車場」(コインパーキング)についても記しておこうと思います。
[千駄ヶ谷『ホープ軒』ネギラーメン]の続きを読む
 昭和50年代の終わり頃だったか──。
 東京には二つの「行列の出来るラーメン屋」というのが、世間の耳目を集めだしていた。
 一つは、『ラーメン二郎』。後の「三田本店」である。
 そして、もう一つが今回紹介する、『ホープ軒』。

 「マスコミ」が「ラーメン」を取り上げることなど考えられなかった時代。
 「食べ歩き」や「グルメ」という言葉も存在せず、その時代の唯一の“情報源”と言えたのが、「口コミ」。
 その「口コミ」で、タクシーの運転手を中心に圧倒的な支持を集めていたのが、東京は渋谷区千駄ヶ谷に店を構えた『ホープ軒』であった。

 現在も、「元日以外は年中無休24時間営業」という驚異的な営業時間を看板にし、タクシーの運転手を始めとして、サラリーマンや学生、それに、国立競技場や神宮球場などの観戦の帰りに立ち寄るお客さんで、店は大いに賑わっている。


 今回のエントリは、そんな『ホープ軒』店舗紹介を。

『ホープ軒』外観

 
[『ホープ軒』店舗案内]の続きを読む
 国立競技場や東京体育館。
 それに、神宮球場からもそれほど離れていない場所にある、『ホープ軒』。

 今でこそ珍しくなくなった、「行列の出来るラーメン屋」の“走り”であり、その歴史は40年以上も続いている。


 さて、その「ホープ軒」。
 今回のエントリでは「JR千駄ヶ谷駅からのアクセス」と「メニュー」の紹介。
 それと、サッカー観戦の後などに立ち寄るための「国立競技場からのアクセス」についても、紹介しておこうと思う。

(なお、「実食レポ」に関しては、画像の容量を鑑み、「別の記事」での紹介を考えている。)
[『ホープ軒』道案内]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。