メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

ブログ説明
■このブログでは、『品達』や『新横浜ラーメン博物館』などの集合施設を中心とした「ラーメン店の紹介」と、デパ地下や駅ナカ施設などで購入した「お持ち帰り商品」を記事にしております。

ブログ記事作成に関し、テレビや雑誌、あるいはインターネット情報を参考にすることなく“独自情報”を元に記述することが多いので、その点はご了承くださるようにお願い致します。

ブログ閲覧に当たっては、左右のサイドバーに設置された「検索」「カテゴリー」「タグクラウド」「全記事表示」の機能などを活用して、必要とする記事をお読みください。
当ブログにおける最も有効な検索方法は、右サイドバー上部に設置した検索ボックスより「ブログ内検索」を行うことです

なお、閲覧に際し「Internet Explorer、Firefox、Opera」のいずれかのブラウザをお使いの方は、ブログ上のリンクにマウスポインタを重ねることで、「リンク先の確認」が可能です(不要な方は、ウィンドウ下部の「×ボタン」で閉じてください)。

画像はクリックすることで拡大表示されます。
但し、当ブログ内の画像を許可なく他サイトへ転用するなどの「二次使用は厳禁」とさせていただきます。

■コメント、トラックバックはご自由に(コメント・トラバ承認制。でも「スパム行為」はやめて下さいね)。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 2008年7月25日から2011年3月31日までの期間、ラーメンと丼モノのフードテーマパーク『品達』(公式サイト)へと出店しておりました、金沢カレーの店『ゴーゴーカレー』(公式サイト)
『ゴーゴーカレー』品川店、店舗概観画像(2013年12月)
 昨年来の『ゴーゴーカレー』の出店攻勢の波に乗ったものか、2013年の7月5日に品川の地で復活。
 店名も『ゴーゴーカレー丼丼』からゴーゴーカレー京急品川スタジアム店(リンク先:公式サイト店舗案内)と改め、以前と同じく品達内で品川駅から最も遠い場所にて、営業を再開しておりますよ。

メジャーファースト1250円

『ゴーゴーカレー』品川店、メジャーファースト(2013年・1)

『ゴーゴーカレー』品川店、メジャーファースト(2013年・2)
キャベツおかわり自由

 ロースカツ・チキンカツ・エビフライ・ウインナー・ゆで玉子といった、ほぼ、この店の“トッピング全部のせメニュー”と言えるのが、「メジャーカレー」(販売価格1000円)。その、“メジャーカレーのファーストクラス版”となるのが、今回食べた「メジャーファースト」。
 メジャーカレーのライス量が520グラムであるのに対し、メジャーファーストではライス量700グラムにまで増量。以前は1100円であったように記憶しておりますが、現在は1250円で販売。
 『品川店』では初お目見えとなる、このメニュー。通常の「メジャーカレーでは揚げ物が多すぎて、ライス量が少ない・・・」と感じる特殊な貴兄にとっては、福音となるメニューでしょうか。

ゴーゴーカレー京急品川スタジアム店
住所:東京都港区高輪3-26-21
電話:03-5420-3755『ゴーゴーカレー』品川店、営業時間案内(2013年)
営業時間:10:55~22:55
定休日:元日を除き(原則)無休
駐車場:なし(近隣のコインパーキング利用)
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『ゴーゴーカレー』品川店、メジャーファースト]の続きを読む
スポンサーサイト
 2008年12月16日よりラーメンと丼のフードテーマパーク『品達内で営業を開始しました、手頃な価格で海鮮丼を提供していた海鮮ロイヤル』(リンク先:『品達』公式サイト店舗案内)
『海鮮ロイヤル』店舗概観画像(2013年6月)
 今年1月の『あきばカレー工場』の閉店に続き、この店も閉店が告知されました。

お知らせ
『海鮮ロイヤル』閉店告知
お客様各位
 平素より、海鮮ロイヤルをご利用頂き誠にありがとうございます。
 2013年6月19日(水)の営業をもって閉店とさせて頂きます。
 長い間ご愛顧いただき誠にありがとうございました。
店主

 開店当初はワンコインで食べられる海鮮丼の店、その後は提供メニューや価格が大いに変動しながらも品川近辺における貴重な海鮮居酒屋として営業を続けてきました、この海鮮ロイヤル。おそらくは、もっと早い段階での営業終了が決まっていたのでしょうが、その発表がこの時期にまで延びたのは、新規出店店舗との絡みであるのかもしれません。

 なお、当ブログは決して“品達広報ブログ”ではありませんゆえ、閉店当日にエントリを投下させていただきました次第でございますw

海鮮ロイヤル
住所:東京都港区高輪3-26-21
電話:03-5739-0719
営業時間:11:00~23:00
定休日:元日を除き、(原則)無休
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[品達どんぶり五人衆『海鮮ロイヤル』閉店]の続きを読む
 京急本線・北品川駅から徒歩で5分、JR品川駅からは徒歩で10分弱。
 外食産業プロデュースのセルフ形式の讃岐うどん店、丸亀製麺品川店(リンク先:公式サイト店舗検索)
『丸亀製麺』品川店、店舗概観画像(2013年2月)
 全国の『丸亀製麺』で2013年2月に開催中の「肉ごぼうフェア」(リンク先:PDFファイル
 既に、当ブログでは「肉ごぼう釜玉うどん」(リンク先:当ブログ内関連記事)を紹介いたしましたが、今回は「かけうどん」を。同時に、品川の店舗では2010年5月以来の紹介となる「天丼」も食べてきちゃいましたよ。

肉ごぼうかけうどん」&「天丼

『丸亀製麺』品川店、肉ごぼうかけうどん&天丼(2013年2月)
『丸亀製麺』品川店、肉ごぼうかけうどん(1)  『丸亀製麺』品川店、天丼(1)
肉ごぼうかけうどん(並)480円
天丼用白ごはん120円/野菜かき揚げ130円

 「肉ごぼうかけうどん」並盛の提供価格は480円となっておりまして、その内訳は「かけうどん」(280円)に「肉ごぼう」(200円)。また、「天丼」は120円で提供される「天丼用白ごはん」に、「天丼用のタレ」と「好みの天ぷら」をトッピングすることで完成。
 決して本格的ではない、“早い・安い”が自慢である『丸亀製麺』のような外食産業系店舗では、多くの人にとって「500円前後」というのが食事をする際の予算の目安でしょうか。それを考えますと、今回の注文内容は“やっちまった感”に満ち溢れるものでしたねぇ・・・・・・。

丸亀製麺品川店
住所:東京都港区港南2-17-1 京王品川ビル2F
電話:03-5463-6308『丸亀製麺』品川店、営業時間案内
営業時間:11:00~21:30(ラストオーダー21:00)
定休日:(原則)無休
駐車場:無し
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『丸亀製麺』品川店、肉ごぼうかけうどん&天丼]の続きを読む
 京急川崎駅から徒歩で2分ほど、川崎市役所へと向かう途上の「砂子一丁目交差点」付近で営業しております、伝説のすた丼屋川崎店(リンク先:公式サイト店舗情報)
『伝説のすた丼屋』川崎店、店舗概観画像(2013年2月)
 2011年にオープンした川崎の店舗は、『すた丼』のホームともいえる“学生街”ではなく、“繁華街”に立地する店舗。それゆえに営業的に苦戦するかと予想していたのですが、昼も夜も、それなりのお客さんからの支持を得られている模様。
 やはり、量が多くて提供価格が安いという“コストパフォーマンス”の良さは、数ある外食産業系飲食店の中でも、引けをとることはないのでしょう。

すたみなライス肉増し580円130円

『伝説のすた丼屋』川崎店、スタミナライス・肉増し(1)
『伝説のすた丼屋』川崎店、スタミナライス・肉増し(2)  『伝説のすた丼屋』川崎店、スタミナライス・肉増し(3)
味噌汁付

 基本メニューの「すた丼」がご飯の上に肉を盛り付けるという“丼ぶり”提供されるのに対し、スタミナライスはご飯と肉を別にした“定食風”にて提供するという違いがございます。
 また、「すた丼」「すたみなライス」共に、味付はニンニク醤油で値段も同じという共通点があるのですが、スタミナライスの方では「すた丼」に付き物の「生卵はセットにならず、代わりに、カイワレ大根を添えた「キャベツ」の山盛りがプラスされます。

 なお『すた丼』では全国展開に伴い、“地域別価格制”を導入。
 今回の「すたみなライス」を例に取りますと、『品川店』が620円、東京23区の店舗が600円、そして東京多摩地区と東京以外に出店している店舗では、原則的に580円で提供。
 したがって『川崎店』では東京23区との距離的差異がほとんどないながらも、“東京以外の店舗”というルールが適用されて、580円という割安価格で食べることができるのです。

伝説のすた丼屋川崎店
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-8-12 ウィン砂子1F、2F
電話:044-201-6719『伝説のすた丼屋』川崎店、営業時間案内(2011年7月)
営業時間:11:00~翌3:00
定休日:(原則)無休
 テイクアウトの電話予約可能
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『伝説のすた丼屋』川崎店、スタミナライス・肉増し]の続きを読む
 JR大井町駅から徒歩で約2分、外食産業『ハイデイ日高』プロデュースの低価格ラーメンのチェーン店、熱烈中華食堂日高屋』(リンク先:公式サイト)

 『日高屋』の提供するラーメンは外食産業らしく、セントラルキッチン(食材工場)で製造された特筆すべき点のないもので、せいぜい、魅力的なのは「1杯390円から」という価格の安さ。そして、そういった価格帯のラーメンでは満足感を得ることが難しいためか、たいていの人がラーメンとサイドメニューを一緒に頼む“セット注文”を試みるもの。

 今回は、そんなセットメニューを注文。
 「豚骨ラーメン」(単品価格410円)に、「半チャーハン」(単品価格240円)と「餃子」(単品価格200円)を組み合わせて食べてみましたよ。

とんこつラーメン半チャーハン+餃子セット」(820円

『日高屋』阪急大井町ガーデン店、とんこつラーメン半チャーハン+餃子セット・820円
『日高屋』阪急大井町ガーデン店、半チャーハン(1)  『日高屋』阪急大井町ガーデン店、餃子(1)
『日高屋』阪急大井町ガーデン店、豚骨ラーメン

[『日高屋』阪急大井町ガーデン店、豚骨ラーメン、チャーハン&餃子セット]の続きを読む
 明治天皇と昭憲皇太后をお祀りする広大な神域を持つ神社、明治神宮』(公式サイト)
 この明治神宮への参拝者にとって、貴重ともいえる飲食可能な休憩所の一つが、「明治神宮文化館」。
「明治神宮文化館」軽食コーナー画像(2013年2月)
 明治神宮文化館」とは、JR原宿駅近くの南参道沿いにある施設。この施設内には宝物展示室や結婚式総合案内所をメインに、土産品販売所やレストランなどを併設。その中でも“参拝者休憩所”と名付けられた軽食コーナーでは、ワンコイン(500円)前後のお手軽価格での飲食が可能。

炭火焼鳥丼」(塩味500円

「明治神宮文化館」炭火焼鳥丼(1)
「明治神宮文化館」炭火焼鳥丼(2)  「明治神宮文化館」炭火焼鳥丼(3)

 ご飯の上に塩ダレで味付した鶏のモモ肉、それに刻みネギ紅生姜を載せた、シンプルな丼メニュー。ご飯の大盛はプラス100円で対応。
 鶏肉自体は普通ながらも、“炭火”で焼いたという効果もあるのか、中はふんわりとしてジューシー。また、濃い目の塩ダレでご飯が良く進むようにも感じられます。
 繁華街で営業する“外食産業基準”からすれば400円前後が妥当な提供価格かと思われますが、飲食の制限された境内において、それほど法外な価格設定もされずに販売しているのは、非常に“良心的”であるとも言えそうです。

明治神宮文化館軽食コーナー
住所:東京都渋谷区代々木神園町1-1(明治神宮内)
電話:03-3379-9222(明治神宮文化館)「明治神宮文化館」軽食コーナー・営業時間案内
営業時間:8:30~明治神宮・閉門時間まで(参考リンク:年間の開閉門時間
 麺類9:30~/ご飯類10:00~
定休日:(原則)無休
駐車場:有り
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[「明治神宮文化館」炭火焼鳥丼(塩味)]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。