メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

ブログ説明
■このブログでは、『品達』や『新横浜ラーメン博物館』などの集合施設を中心とした「ラーメン店の紹介」と、デパ地下や駅ナカ施設などで購入した「お持ち帰り商品」を記事にしております。

ブログ記事作成に関し、テレビや雑誌、あるいはインターネット情報を参考にすることなく“独自情報”を元に記述することが多いので、その点はご了承くださるようにお願い致します。

ブログ閲覧に当たっては、左右のサイドバーに設置された「検索」「カテゴリー」「タグクラウド」「全記事表示」の機能などを活用して、必要とする記事をお読みください。
当ブログにおける最も有効な検索方法は、右サイドバー上部に設置した検索ボックスより「ブログ内検索」を行うことです

なお、閲覧に際し「Internet Explorer、Firefox、Opera」のいずれかのブラウザをお使いの方は、ブログ上のリンクにマウスポインタを重ねることで、「リンク先の確認」が可能です(不要な方は、ウィンドウ下部の「×ボタン」で閉じてください)。

画像はクリックすることで拡大表示されます。
但し、当ブログ内の画像を許可なく他サイトへ転用するなどの「二次使用は厳禁」とさせていただきます。

■コメント、トラックバックはご自由に(コメント・トラバ承認制。でも「スパム行為」はやめて下さいね)。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 地下鉄・神保町駅のA3出口から、徒歩で1分ほど。
 “ご当地ラーメンブーム”を背景に、徳島県を含め、全国規模で“徳島ラーメン”を提供する店舗展開を行った『徳島中華そば 徳福』の新店舗、『徳福仁』(とくふくじん)。
『徳福仁』@神保町、肉玉そば・メニュー表画像
 2012年に営業を開始したこの店は、言うなれば“『徳福の集大成的な店舗”の一つ。『徳福』定番の“徳島ラーメン”を筆頭に、“札幌ラーメン”や神奈川県川崎市のプチご当地ラーメンとされる“ニュータンタンメン”を提供。
 こうした様々な“ご当地ラーメン”を取り扱うという事情で、店名から「徳島中華そば」の文字を外し、『徳福』という新たな屋号で営業を開始したのでしょう。

肉玉そば大盛ライス880円100円

『徳福仁』@神保町、肉玉そば&ライス
『徳福仁』@神保町、肉玉そば・880円(1)   『徳福仁』@神保町、ライス・100円(1)

 「肉玉そば」というメニューを分かりやすく説明しますと、基本の「徳島ラーメン」に豚バラスライス肉の増量玉子の追加トッピングを加えた、徳島県で通例使用されているメニュー名。他の『徳福』系列店と同様、玉子に関しては「生卵or温泉玉子or味付玉子」からの選択が可能。
 「ライス」に関しては、開店当初より50円値下げされ、しかも「お代わり自由」の大サービス。
 スープの「味付」は、醤油で辛さ香味油で甘さや香ばしさを加えた、徳島県の店舗では“新味”と称して販売されていたモノと同じのようです。

中華そば 徳福仁
住所:東京都千代田区神田神保町2-2-38
電話:03-5213-4549『徳福仁』@神保町、営業時間案内(2012年)
営業時間:11:30~23:00
定休日:日曜日
駐車場:ナシ
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『徳福仁』@神保町、肉玉そば]の続きを読む
スポンサーサイト
 JR東京駅・八重洲口の地下街にある東京駅一番街』(公式サイト)において、2011年の4月に営業を開始したジャンクガレッジ東京駅店(「東京ラーメンストリート」店舗案内ページ)
『ジャンクガレッジ』東京駅店、店舗概観画像
 この店は、首都圏を中心に根強い人気を誇る『ラーメン二郎』の提供メニューや営業手法、挙句の果てには食材の仕入れルートに至るまでの完全コピーを目論んだ、“パクリ二郎店舗”。
 その歴史を振り返りますと、東京は品川区大崎で営業していた『六厘舎』の一部を間借りし、2007年1月にオープン。
 通常、そんな他店舗のパクリメニューをはばからずに出す店など、黙殺されて当然なはずですが、意外にも、評論家を中心とするラーメン業界全体がスクラムを組み、大規模な“パクリ二郎の隠蔽工作”を企図。そして、強引この上ないメディア戦略を駆使しての“まぜそばブーム”を創出することに、僅かながら成功します。
 しかしながら夜営業時における行列対策への無策が仇となり、同じ場所で昼営業を行っていた“本体”『六厘舎』への影響を考慮してか、2008年6月には埼玉県へと移転。以降、噂によれば自店のスタッフを『二郎』店舗に送り込んでまでパクリを極めるという常軌を逸した“スパイ戦略”までも駆使しながら、最近では何と、そのパクリ・ブランドの“フランチャイズ化”にも着手。
 そんな空前絶後のパクリ手法の成果を手土産に、都内の『二郎』数店舗の商業圏とも十分に被る東京駅へと出店を果たした、『ジャンクガレッジ』。

 4年ぶりにこの店に関する記事を書いた理由は最後に記すとして、先ずは、その“パクリの殿堂入り”っぷりを賞賛するべく、“新感覚のラーメン”だと喧伝されて久しい「まぜそば」と、「特製まぜそば」を食べたレポートを。
『ジャンクガレッジ』東京駅店、まぜそば・750円(1)  『ジャンクガレッジ』東京駅店、特製まぜそば・950円(1)

ジャンクガレッジ東京駅店
住所:東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅一番街 B1F 東京ラーメンストリート
電話:03-3286-0167『ジャンクガレッジ』東京駅店、営業時間案内
営業時間:11:00~22:30
定休日:(原則)無休
駐車場:無し(近隣の有料パーキング利用)
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『ジャンクガレッジ』東京駅店、まぜそば&特製まぜそば]の続きを読む
 ラーメンの上に「焼肉」をトッピングし、「日本一ごはんが進むラーメン」なる驚愕の売り文句で人気の店、肉玉そば おとど』(リンク先:公式サイト)
『肉玉そば おとど食堂』篠崎店、店舗概観画像(2012年・1)
 この『おとど』というお店は、首都圏を中心としたラーメン業界における勝ち組の一人「塚田兼司氏」によるプロデュース店舗の一つで、本店は北松戸』(食べログ)、都内には『篠崎』と亀有』(食べログ)の2店舗が営業中。
 氏の系列ラーメン店の特徴は“完全オリジナル”なモノを提供しているのではなく、既存の流行っているラーメンを部分的に“インスパイア”(パクリ)をするのが得意技でしょうか。『おとど』提供の「肉玉そば」に関しては、首都圏を中心にカルト的人気を誇る『ラーメン二郎』や、徳島県徳島市のご当地麺とされる“徳島ラーメン”が元ネタと考えられます。

 今回のエントリでは、東京の江戸川区篠崎町の店舗で食べました「肉玉そば」と、お代わり無料の「ライス」を紹介いたします。

肉玉そばごはん700円

『肉玉そば おとど食堂』篠崎店、肉玉そば&ライス
『肉玉そば おとど食堂』篠崎店、肉玉そば(1)   『肉玉そば おとど食堂』篠崎店、ライス(1)

肉玉そば おとど食堂篠崎店
住所:東京都江戸川区篠崎町1-404-1飯島ハイツ1F
電話:03-3676-5858
『肉玉そば おとど食堂』篠崎店、営業時間と定休日(2012年)営業時間:
 月~土11:30~15:00/17:30~25:00
 日・祝11:30~25:00(通し営業)
定休日:年中無休
駐車場:近隣のコインパーキング利用
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『肉玉そば おとど食堂』篠崎店、肉玉そば&ごはん]の続きを読む
 都営地下鉄や東京メトロが乗り入れる「神保町駅」から徒歩1分ほどの場所で、今年の2月頃より営業を開始したラーメン店、『徳福仁』(とくふくじん)。
『徳福仁』@神保町、店舗概観画像(2012年・1)
 「どこかで聞いたことのあるような『店名』だな・・・?」と首をひねっておりましたら、コレが、1999年の“徳島ラーメン・ブーム”を当て込んで横浜市内に初出店したのを皮切りに、2000年代の前半期からは全国に乱立したフードテーマパークで“徳島ラーメン”を始めとする様々な“ご当地ラーメン”を販売。
 そして、2010年には徳島県徳島市内へ“徳島ラーメン店”を出店させるという快挙(!?)を成し遂げた、あの徳福』(リンク先:オムニプランニング)だったという驚き。

 そんな“『徳福』好き”が高じて徳島県の本店にまで足を運んだという、当ブログ。
 徳島県の味を懐かしがりながら、基本メニューの「中華そば」(ラーメン)を食べてきましたよ。
『徳福仁』@神保町、中華そば画像(1)  『徳福仁』@神保町、中華そば画像(2)

中華そば 徳福仁
住所:東京都千代田区神田神保町2-2-38
電話:03-5213-4549『徳福仁』@神保町、営業時間案内(2012年)
営業時間:11:30~23:00
定休日:日曜日
駐車場:ナシ
アクセス:地下鉄・神保町駅A3出口より徒歩1分
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『徳福仁』@神保町、中華そば]の続きを読む
 2011年1月5日の渋谷店(リンク先『食べログ』店舗情報)のオープンに伴い、1ヶ月ほど休業状態にありました、大井町の人気ラーメン店『のスた』。
『のスた』大井町、店舗概観画像(2011年1月)
 お店の方には「営業再開」を告げる貼り紙が出され、そこには、太麺・細麺の「提供曜日変更」に「営業時間」の他、「細麺の値上げ」(100円アップ)に関する情報が記されておりましたよ。

のスた大井町

2011年2月2日(水)営業再開
『のスた』大井町、2011年2月の営業予定(1)
・2月の営業スケジュール
 月~木 11:30~14:30
  太麺
 金・土 11:30~14:00
  細麺
 休業日 日曜日・祝日
  2月12日(土)は休み

 2011年の営業開始日は「2月2日
 それらに加え、営業時間や定休日にも変動があるようですので、お店へ行かれる方はご注意ください。

のスた(リンク先『食べログ』店舗情報)
住所:東京都品川区大井1-21-6
電話:非公開『のスた』大井町、営業時間と定休日(2011年2月)
営業時間:
 月~木(太麺)11:30~14:30
 金・土(細麺)11:30~14:00
定休日:日曜・祝日

[『のスた』2011年2月2日・営業再開]の続きを読む
 JR蒲田駅の西口から5~6分、東急池上線・蓮沼駅から3~4分で到着可能なラーメン店、『蒲田店
『凛』蒲田店、店舗概観画像(2010年12月)
 お店の方に「正月休みの予定」が貼り出されておりましたので、当ブログでもお伝えしておきましょう。

蒲田

年末年始の営業情報2010~2011年

『凛』蒲田店、年末年始の営業情報・貼紙(2010年~2011年)
2010年度・最終営業日 12月29日(水)
冬季休業期間 12月30日(木)~1月3日(月)
2011年度・営業開始日 1月4日(火)

 2010年度の営業は既に終了してしまいましたが、新年度の営業開始日は「1月4日」からと、他店舗よりも早めに営業を再開するそうです。

凛 蒲田店(リンク先『30min』店舗情報)
住所:東京都大田区西蒲田7-59-2『凛 蒲田店』営業時間と定休日(2009年・店頭掲示)
営業時間:火曜~土曜日
 ・昼 11:00~15:00
 ・夜 18:00~21:00
定休日:日曜・月曜・祝日

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。