メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

ブログ説明
■このブログでは、『品達』や『新横浜ラーメン博物館』などの集合施設を中心とした「ラーメン店の紹介」と、デパ地下や駅ナカ施設などで購入した「お持ち帰り商品」を記事にしております。

ブログ記事作成に関し、テレビや雑誌、あるいはインターネット情報を参考にすることなく“独自情報”を元に記述することが多いので、その点はご了承くださるようにお願い致します。

ブログ閲覧に当たっては、左右のサイドバーに設置された「検索」「カテゴリー」「タグクラウド」「全記事表示」の機能などを活用して、必要とする記事をお読みください。
当ブログにおける最も有効な検索方法は、右サイドバー上部に設置した検索ボックスより「ブログ内検索」を行うことです

なお、閲覧に際し「Internet Explorer、Firefox、Opera」のいずれかのブラウザをお使いの方は、ブログ上のリンクにマウスポインタを重ねることで、「リンク先の確認」が可能です(不要な方は、ウィンドウ下部の「×ボタン」で閉じてください)。

画像はクリックすることで拡大表示されます。
但し、当ブログ内の画像を許可なく他サイトへ転用するなどの「二次使用は厳禁」とさせていただきます。

■コメント、トラックバックはご自由に(コメント・トラバ承認制。でも「スパム行為」はやめて下さいね)。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 東京メトロ日比谷線・東銀座駅から、徒歩で3~4分。
 “銀座”のランドマークの一つ『松坂屋』銀座店の裏手方向で営業している、油そば専門店”『東京油組総本店』(公式サイト)
『東京油組総本店』銀座組、店舗概観画像
 西東京地域の発祥とされる“スープのないラーメン”である油そばは、90年代の終わり頃より、都内のラーメン店を中心に“プチブーム化”。とりわけ2007年以降の“汁なし・まぜそば”メニューの啓蒙活動により、ラーメン専門店以外の飲食店でも、提供が始まったほど。
 そんな“汁なし・まぜそば・油そば人気”に乗るように、『東京油組総本店』は都内の一等地を中心に支店展開を開始。『銀座』の店舗は2010年より、営業を始めました。

 今回は『東京油組総本店』の基本メニュー「油そば」に、ネギ・ゴマ・温泉玉子がセットとなった「スペシャルトッピングA」を、紹介いたしますよ。

油そばとは・・・
 スープの代わりに、特製のタレと、特別に調合した油、お酢とラー油を熱々の麺に絡ませて食します。

『東京油組総本店』銀座組、油そば&トッピングA(1) 『東京油組総本店』銀座組、油そば&トッピングA(2)
 カロリーはラーメンのほぼ3分の2、塩分は約半分。そのネーミングからは考えられないヘルシーさです!しかも、特別に調合した油の主成分は脂肪燃焼効果が高く、さらにビタミンEやポリフェノール、アミノ酸も豊富に含んでいて美味しく体にも優しいのです。

東京油組総本店銀座組
住所:東京都中央区銀座6-12-16 片桐ビルⅡ1F
電話:03-3571-9311
『東京油組総本店』銀座組、営業時間案内営業時間:
 月~土 11:00~翌4:00
 日曜日 11:00~21:00
定休日:(年末年始を除き)原則無休
駐車場:無し(近隣のパーキングメーター利用)
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『東京油組総本店』銀座組、油そば&トッピングA]の続きを読む
スポンサーサイト
 JR品川駅から徒歩で3~4分、京急線の高架下ラーメンと丼専門店の集合施設『品達』(公式サイト)内で最も集客力の高い店、伝説のすた丼屋品川店
『伝説のすた丼屋』品川店、麺類メニュー表
 “丼ぶりもの専門店”とのイメージが強い『すた丼』ですが、そのルーツは“ラーメン屋”。それゆえに、現在でもほとんどの店で「ラーメン」や「油そば」といった麺類を提供中。
 そんな麺類のレギュラーメニューとして今年の春頃より販売されるようになったメニューが、「肉盛り塩油そば」。

肉盛り塩油そば650円

『伝説のすた丼屋』品川店、肉盛り塩油そば・650円(1)
『伝説のすた丼屋』品川店、肉盛り塩油そば・650円(3)  『伝説のすた丼屋』品川店、肉盛り塩油そば・650円(2)

 販売価格は、東京23区以外では「630円」、東京23区および品川の店舗では「650円」。
 セットメニュー販売はされておらず、麺の大盛は各店舗共にプラス100円。

伝説のすた丼屋品川店
住所:東京都港区高輪3-26-21 品達どんぶり内
電話:03-5793-8060『伝説のすた丼屋』品川店、営業時間案内(2012年)
営業時間:11:00~24:00
定休日:元日を除き(原則)無休
テイクアウト:可能(電話予約可)
駐車場:近隣のコインパーキング利用
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『伝説のすた丼屋』品川店、肉盛り塩油そば]の続きを読む
 「五反田TOCビル」地下1階の飲食店街で営業しております、『五反田 大勝軒』。
『五反田 大勝軒』油そばの美味しい召し上がり方(店内掲示)
 “東池袋大勝軒系列”を名乗るこの店ですが、提供しているメニューは、つけ麺にラーメン、中華定食と実に多彩。
 今回紹介するスープのないラーメン「油そば」の提供が開始されたのは、2010年の春。その当時より若干マイナーチェンジが加えられ、現在は以下のようなスペックで提供。

油そば麺大盛780円

『五反田 大勝軒』油そば・大盛(1)
『五反田 大勝軒』油そば・大盛(2)   『五反田 大勝軒』油そば・大盛(3)

 もりそば(つけ麺)と同じ太麺を使用している麺は、並盛で225グラム、無料で増量可能な大盛では300グラムに設定。
 トッピング類は、短冊状に刻んだチャーシュー・メンマ・焼き海苔・ネギ・卵黄・フライドオニオン、それに茹でたキャベツ・モヤシ・ニンジン。
 これら太麺と豊富なトッピング類を、魚介エキスを加えた醤油ダレと混ぜ合わせて食べる、“汁なし”“まぜそば”メニューとなります。

五反田 大勝軒
『五反田 大勝軒』メニュー表画像(2011年5月・2)住所:東京都品川区西五反田7-22-17 TOC地下一階
営業時間:11:30~19:30(ただし、スープ切れ終了)
定休日:不定休
電話:03-6303-9623
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『五反田 大勝軒』油そば(2012年)]の続きを読む
 地下鉄有楽町線・江戸川橋駅より、徒歩で7~8分。
 “油そば専門店”として15年以上の歴史を持つ、『東京麺珍亭本舗鶴巻町店
『東京麺珍亭本舗』鶴巻町店、店舗概観画像
 つけ麺でもラーメンでもない、「油そばとはスープのないラーメン」。
 麺とタレとを絡めながら食べる、元々は中華料理店やラーメン屋における“賄い”(まかない)、あるいは“酒のツマミ”として提供されていたもの。
 そんな特殊なメニューが脚光を浴びたのは、1990年代後半の“ラーメンブーム”だったでしょうか。
 全国各地の珍しいラーメンが雑誌やテレビといったメディアで次々と取り上げられるようになり、その過程で“新東京ラーメン”なる名称で、この油そばを紹介。それ以降、古くから油そばを提供している店が人気を呼ぶ一方、その店のスタイルを模した店舗が数多く出現。
 そういった“後発店”の中でも、この『東京麺珍亭本舗』は“勝ち組”の一つ。
 早稲田という街で学生の支持を受けた他、いち早く「ネット通販」事業へと参入し、他店を制する形での成功を収めた模様です。
 なお、東京で食べられる徳島ラーメンの店”『うだつ食堂』(公式サイト)も、この店の系列店として有名。

 そんな『東京麺珍亭本舗』で食べましたメニュー、「油そば」の麺大盛を紹介いたします。
『東京麺珍亭本舗』鶴巻町店、油そば・600円(1)

東京麺珍亭本舗鶴巻町店
住所:東京都新宿区鶴巻町565
電話:03-5292-9711『東京麺珍亭本舗』鶴巻町店、営業時間と定休日
営業時間:
 平日 11:30~翌3:00
 日祝 11:30~24:00
定休日:(原則)無休
駐車場:なし(近隣のコインパーキング利用)
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『東京麺珍亭本舗』鶴巻町店、油そば・大盛]の続きを読む
 JR東京駅・八重洲口の地下街にある東京駅一番街』(公式サイト)において、2011年の4月に営業を開始したジャンクガレッジ東京駅店(「東京ラーメンストリート」店舗案内ページ)
『ジャンクガレッジ』東京駅店、店舗概観画像
 この店は、首都圏を中心に根強い人気を誇る『ラーメン二郎』の提供メニューや営業手法、挙句の果てには食材の仕入れルートに至るまでの完全コピーを目論んだ、“パクリ二郎店舗”。
 その歴史を振り返りますと、東京は品川区大崎で営業していた『六厘舎』の一部を間借りし、2007年1月にオープン。
 通常、そんな他店舗のパクリメニューをはばからずに出す店など、黙殺されて当然なはずですが、意外にも、評論家を中心とするラーメン業界全体がスクラムを組み、大規模な“パクリ二郎の隠蔽工作”を企図。そして、強引この上ないメディア戦略を駆使しての“まぜそばブーム”を創出することに、僅かながら成功します。
 しかしながら夜営業時における行列対策への無策が仇となり、同じ場所で昼営業を行っていた“本体”『六厘舎』への影響を考慮してか、2008年6月には埼玉県へと移転。以降、噂によれば自店のスタッフを『二郎』店舗に送り込んでまでパクリを極めるという常軌を逸した“スパイ戦略”までも駆使しながら、最近では何と、そのパクリ・ブランドの“フランチャイズ化”にも着手。
 そんな空前絶後のパクリ手法の成果を手土産に、都内の『二郎』数店舗の商業圏とも十分に被る東京駅へと出店を果たした、『ジャンクガレッジ』。

 4年ぶりにこの店に関する記事を書いた理由は最後に記すとして、先ずは、その“パクリの殿堂入り”っぷりを賞賛するべく、“新感覚のラーメン”だと喧伝されて久しい「まぜそば」と、「特製まぜそば」を食べたレポートを。
『ジャンクガレッジ』東京駅店、まぜそば・750円(1)  『ジャンクガレッジ』東京駅店、特製まぜそば・950円(1)

ジャンクガレッジ東京駅店
住所:東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅一番街 B1F 東京ラーメンストリート
電話:03-3286-0167『ジャンクガレッジ』東京駅店、営業時間案内
営業時間:11:00~22:30
定休日:(原則)無休
駐車場:無し(近隣の有料パーキング利用)
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『ジャンクガレッジ』東京駅店、まぜそば&特製まぜそば]の続きを読む
 東急田園都市線・駒沢大学駅から、徒歩で約15分。
 せたが屋』(公式サイト)系列の人気店、中華そば ふくもり』(店舗案内ページ)

 今回食べましたメニューは、「辛つけぶと」。
 通常メニューのつけ麺「つけぶと」に、数種類の「辛味」成分をトッピングした商品。
 元々は今年冬の“限定メニュー”として販売されていたモノですが、好評を博し、今では、つけめん商品第2の“レギュラーメニュー”へと昇格。

辛つけぶとあつもり850円

『ふくもり』辛つけぶと・850円
『ふくもり』辛つけぶと・つけダレ(1)  『ふくもり』辛つけぶと・麺(1)
トッピング漬け玉子110円

 基本的には「つけぶと」(780円)と同じ、鶏や豚骨に大量の煮干を加えた濃厚な「スープ」(つけダレ)に、並盛でも300グラムに及ぶという国産小麦を使用した「極太麺」の組み合わせ。
 この“ノーマルスタイル”のつけ麺に、大量の刻みネギの他、辛味噌ラー油といった辛味成分をプラス。
 冬場の限定メニューとして販売が開始された当初では、麺は熱々の状態で提供される“あつもり”だけでしたが、レギュラーメニューへと昇格した現在、通常のつけ麺と同じく、水で麺を締めた状態の“冷やもり”での提供も可能となりました。

中華そば ふくもり
住所:東京都世田谷区野沢4-9-18
電話:03-3410-0081『中華そば ふくもり』営業時間案内(2012年)
営業時間
 昼11:30~15:00(土日祝日は16時まで延長)
 夜18:00~24:00
定休日:(原則)無休
駐車場:近隣のコインパーキング利用
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『中華そば ふくもり』辛つけぶと]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。