メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

ブログ説明
■このブログでは、『品達』や『新横浜ラーメン博物館』などの集合施設を中心とした「ラーメン店の紹介」と、デパ地下や駅ナカ施設などで購入した「お持ち帰り商品」を記事にしております。

ブログ記事作成に関し、テレビや雑誌、あるいはインターネット情報を参考にすることなく“独自情報”を元に記述することが多いので、その点はご了承くださるようにお願い致します。

ブログ閲覧に当たっては、左右のサイドバーに設置された「検索」「カテゴリー」「タグクラウド」「全記事表示」の機能などを活用して、必要とする記事をお読みください。
当ブログにおける最も有効な検索方法は、右サイドバー上部に設置した検索ボックスより「ブログ内検索」を行うことです

なお、閲覧に際し「Internet Explorer、Firefox、Opera」のいずれかのブラウザをお使いの方は、ブログ上のリンクにマウスポインタを重ねることで、「リンク先の確認」が可能です(不要な方は、ウィンドウ下部の「×ボタン」で閉じてください)。

画像はクリックすることで拡大表示されます。
但し、当ブログ内の画像を許可なく他サイトへ転用するなどの「二次使用は厳禁」とさせていただきます。

■コメント、トラックバックはご自由に(コメント・トラバ承認制。でも「スパム行為」はやめて下さいね)。

 京急本線・北品川駅から徒歩で5分、JR品川駅からは徒歩で10分弱。
 外食産業プロデュースのセルフ形式の讃岐うどん店、丸亀製麺品川店(リンク先:公式サイト店舗検索)
『丸亀製麺』品川店、店舗概観画像(2013年2月)
 全国の『丸亀製麺』で2013年2月に開催中の「肉ごぼうフェア」(リンク先:PDFファイル
 既に、当ブログでは「肉ごぼう釜玉うどん」(リンク先:当ブログ内関連記事)を紹介いたしましたが、今回は「かけうどん」を。同時に、品川の店舗では2010年5月以来の紹介となる「天丼」も食べてきちゃいましたよ。

肉ごぼうかけうどん」&「天丼

『丸亀製麺』品川店、肉ごぼうかけうどん&天丼(2013年2月)
『丸亀製麺』品川店、肉ごぼうかけうどん(1)  『丸亀製麺』品川店、天丼(1)
肉ごぼうかけうどん(並)480円
天丼用白ごはん120円/野菜かき揚げ130円

 「肉ごぼうかけうどん」並盛の提供価格は480円となっておりまして、その内訳は「かけうどん」(280円)に「肉ごぼう」(200円)。また、「天丼」は120円で提供される「天丼用白ごはん」に、「天丼用のタレ」と「好みの天ぷら」をトッピングすることで完成。
 決して本格的ではない、“早い・安い”が自慢である『丸亀製麺』のような外食産業系店舗では、多くの人にとって「500円前後」というのが食事をする際の予算の目安でしょうか。それを考えますと、今回の注文内容は“やっちまった感”に満ち溢れるものでしたねぇ・・・・・・。

丸亀製麺品川店
住所:東京都港区港南2-17-1 京王品川ビル2F
電話:03-5463-6308『丸亀製麺』品川店、営業時間案内
営業時間:11:00~21:30(ラストオーダー21:00)
定休日:(原則)無休
駐車場:無し
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『丸亀製麺』品川店、肉ごぼうかけうどん&天丼]の続きを読む
 2013年の2月1日より、外食産業系セルフうどんの丸亀製麺』(リンク先:公式サイト)では、期間限定で“肉ごぼうフェア”を開催中。
『丸亀製麺』肉ごぼうフェア・販促ポスター(2013年2月)
 JR大崎駅の東口から徒歩で3分ほどの大崎センタービル店』(リンク先:公式サイト店舗案内)で食べましたのは、3種類のメニューのうちの一つ、「肉ごぼう釜玉うどん」。サイドメニューとして「天丼」も注文しちゃいましたよ。

肉ごぼう釜玉530円

『丸亀製麺』大崎センタービル店、肉ごぼう釜玉&天丼
『丸亀製麺』大崎センタービル店、肉ごぼう釜玉(1)  『丸亀製麺』大崎センタービル店、天丼(1)
天丼用白ごはん120円
ナス天&かしわ天(80円+120円)

 「肉ごぼう釜玉うどん」は、釜揚げした温かい状態の麺に生卵を絡めた「釜玉うどん」(通常価格330円)に、牛肉と牛蒡を甘辛く煮付けた「肉ごぼう」をトッピングしたもの(別皿提供可能)。サイドメニューとして注文した「天丼」は、「天丼用白ごはん」(120円)に好みの「天ぷら類」を選択、それらに「天ダレ」(店内常備の天丼用のタレ)をかけて食べる、いわば“セルフ天丼”といった趣のもの。

 味の評価は各人の“好み”に依りますが、これといって特徴のない品々を注文して“合計850円”にも及びますと、もっと、“お金の使い道”について熟考させられてしまうものです。

丸亀製麺大崎センタービル店
住所:東京都品川区大崎1-5-1 大崎センタービル 2F
電話:03-3779-8837『丸亀製麺』大崎センタービル店、店舗案内看板
営業時間:ラストオーダーは営業終了時刻の30分前
 平日11:00~21:00
 土日祝日11:00~20:00
定休日:不定休(原則無休)
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『丸亀製麺』大崎センタービル店、肉ごぼう釜玉&天丼]の続きを読む
 地下鉄・都営三田線の水道橋駅から徒歩で2分ほど、JR線の駅からも4分程度で到着可能なセルフ形式の“讃岐うどん専門店”、讃岐うどん大使 水道橋麺通団』(公式サイト)

 都内で営業する数ある“セルフうどん店”の中でも、讃岐うどんの本場である“香川県の雰囲気”をこよなく伝えるこの店で、食べて来ましたのは“肉玉うどん”。

肉うどん生卵600円50円

『水道橋麺通団』肉うどん&生卵&天ぷら

 通常の「かけうどん」(あつかけ)に牛肉、それとオプションで生卵をトッピングしたのが、“肉玉うどん”。
 うどん店においては、天ぷらうどんと並び“高級メニュー”の一つに数えられるモノですが、意外にも、安さや早さが自慢の香川県内のセルフ店では、提供している店が少ないものです。
『水道橋麺通団』肉玉うどん(1)
 誰もが一度は食べたことのあるメニューですが、チョッと面白いのが、一つ前のエントリで紹介した徳島県の地ラーメンの一つとされる徳島ラーメンとの共通性
『水道橋麺通団』肉玉うどん(2)
 「肉と生卵を絡めて食べる“すき焼き風ラーメン”」などと喧伝された徳島ラーメンですが、徳島県は言うに及ばず全国において、“肉玉うどん”という同じ麺類の食べ方が広まっていたことを考えれば、「徳島ラーメンの起源はすき焼きなどではなく肉うどんにアリ」と言う方が、適切なのではないか思われますね。

讃岐うどん大使 水道橋麺通団
住所:東京都文京区本郷1-13-2『水道橋麺通団』営業時間と定休日(2011年)
電話:03-3818-8774
営業時間:11:00~23:00(ラストオーダー)
定休日:不定休
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『水道橋麺通団』肉うどん]の続きを読む
 青物横丁駅と品川シーサイド駅のどちらからでも、徒歩5分弱で到着可能。
 2012年6月にオープンした、都内屈指の“讃岐うどん”を提供する店、『おにやんま東品川店
『おにやんま』東品川店、店舗概観画像(2012年・2)
 この店で販売されている「うどんの提供方法」は、温かい麺と温かいダシで食べる「かけ」と、冷たい麺を冷たいダシ醤油で食べる「ぶっかけ」の2種類。
 この日、あまりの暑さにダメ元で「『冷やかけ』出来ます?」と聞きました所、「お好きな『ぶっかけ』の食券を購入後、厨房に『冷やかけ』と声をかけて下さい」、とのこと。

冷やしきつねうどん460円

『おにやんま』冷やしきつねうどん・大・460円
『おにやんま』冷やしきつねうどん・麺   『おにやんま』冷やしきつねうどん・ダシ

 大盛用の器を覆わんばかりの巨大な油揚げがトッピングされた、「きつねうどん」。
 “冷やかけ”注文をしますと、「水で締めた冷たい麺(うどん)に冷たいかけダシ」、いわゆる“ひやひや”で提供されるようになります。
 麺もダシも冷たい「冷やかけ」ですが、さすがにダシの方は「冷やしうどん」並にキンキンに冷やされたモノではなく、どちらかと言えば“ぬるかけ”に区分されるスタイル。
 それでもなお、汗をかく暑い時期には欠かすことの出来ない、讃岐うどんの定番メニューであります。

おにやんま東品川店
住所:東京都品川区東品川4-1-20
電話:非公開『おにやんま』東品川店、暖簾画像
営業時間:
 7:00~15:00/17:00~23:00
定休日:日曜・祝日
駐車場:近隣のコインパーキング利用
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『おにやんま』東品川店、冷やしきつねうどん]の続きを読む
 大井競馬場・北門の向かい側、ショッピングセンター『ウィラ大井』(公式サイト)で営業する“セルフ形式”のうどん店『瀬戸うどん』。

 “お馬さん”が走るのを見て落ち込んでいる時などには、非常に重宝(?)されるこのうどん店。
 今回は“お持ち帰り”も可能な2品。「かき揚げ天丼」と「ざるうどん」を食べてみましたよ。

かき揚げ天丼ざるうどん380円280円

『瀬戸うどん』ウィラ大井店、かき揚げ天丼&ざるうどん
『瀬戸うどん』ウィラ大井店、かき揚げ天丼・380円   『瀬戸うどん』ウィラ大井店、ざるうどん・並盛(1)

 このうどんと天丼は“セットメニュー”とはなっていないため、それぞれを単品で注文。
 「かき揚げうどん」は巨大な海鮮かき揚げがトッピングされた天丼。「ざるうどん」は水で締めた冷たい麺を冷たいダシ汁に浸して食べる、“ざるそば風”のメニュー。
 香川県の“讃岐うどん”とは程遠い出来ではありますが、量的にも値段的にも、それなりに満足感が得られます。
 以下、このうどんと天丼の“お持ち帰り画像”なども紹介しておきますよ。

瀬戸うどんウィラ大井店
住所:東京都品川区勝島1-6-16 ウィラ大井2F
電話:03-3768-1470『瀬戸うどん』ウィラ大井店、営業時間案内(2011年)
営業時間:9:00~22:00
 ラストオーダー21:30
定休日:不定休(施設の都合による)
駐車場:649台(30分無料)
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『瀬戸うどん』ウィラ大井店、かき揚げ天丼&ざるうどん]の続きを読む
 最寄り駅となるのは、地下鉄・九段下駅。
 祖国の建設・防衛のために尊い一命を捧げられた246万6千余柱の神霊を祀る、靖国神社』(公式サイト)
『靖国神社』茶寮・結、店舗概観画像(2012年)
 この『靖国神社』に関してよく質問されるのが、「食事の出来る場所」。
 『靖国神社』の敷地内で飲食の提供を行っているのが、2店舗。
 その内の一つ、遊蹴館」(ゆうしゅうかん:公式サイト)の1階で営業している茶寮 結」(さりょうゆい:リンク先『庄やグループ』)は、衛生的で提供メニューも豊富。
 特に今のような暑い時期ですと、冷房も効いていて快適です。

かき揚げうどん700円

『靖国神社』茶寮・結、かき揚げうどんセット・900円
『靖国神社』茶寮・結、かき揚げうどん・700円(1)   『靖国神社』茶寮・結、かき揚げうどん・かき揚げ画像(1)
古代米ちまきプラス200円

 今回食べましたのは、コシの強さとツルリとした喉越しが特徴的な「稲庭うどん」に「海鮮かき揚げ」をトッピングしたもの。それと、うどん類とのセットで割引販売となる「古代米ちまき」。
 なお、「みたままつり」開催中の現在、「茶寮 結」は午後9時までの延長営業を行っております。

茶寮
住所:東京都千代田区九段北3-1-1靖国神社・遊蹴館内
電話:03-3261-8521『靖国神社』茶寮・結、店舗看板画像
営業時間:
 4月~9月 9:30~17:30
 10月~3月 9:30~17:00
駐車場:参拝者専用駐車場を利用
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[かき揚げうどん@『靖国神社』遊就館・茶寮 結]の続きを読む